Umbrella that can be used safely even on a windy day

強い風の日でも安心して使える傘「耐風傘」

公開日:2017年4月21日 おすすめアイテム

雨が降るのは低気圧に向かって湿った空気が入り込んだとき。気圧の差があればそれだけ空気も速く流れるので風も強くなる。これが暴風雨の典型的なパターンです。

では強い風と雨のとき、傘はどうしてますか?お気に入りの傘は止めて折れても捨てれるようにビニール傘ですか??

今回紹介するのはいろいろな工夫がされている風が吹いても折れにくい傘。これなら気に入ったものを長くつかえますし、何よりエコロジーにつながりますね。

「耐風傘」の人気商品






最近風雨の強かった日のニュースではよく折れた傘が道端へ無造作に捨てられているという映像がよく出ます。まさかそんなことしてませんよね?では持ち帰って不燃物として出す・・・でも不燃物は基本袋に入る大きさが基準だから傘の場合折るのが正しい捨て方です。

折るのも面倒だからそのまま・・・の後はあなたではない誰かがそういう処置をしてくれてます。他人に迷惑をかけないためにも「捨てられる」ではなく「捨てなくてもいい」ものを使いましょう!!

耐風傘には大きく

  1. 折れにくい構造になっていたり折れにくい素材を使っているもの
  2. あえて反りやすくして折れないようにしているもの

の2種類がありますので、よく見て選ぶようにしましょう

Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】


閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします