自転車運転中、危険な熱中症から身を守る「自転車用ドリンクホルダー」

自転車運転中、危険な熱中症から身を守る「自転車用ドリンクホルダー」

暑い暑い日本の夏。特に最近は猛暑日&突然の豪雨と全く天気が読めない日が続きますね。

自転車を運転しているときの熱中症対策どうしていますか?熱中症の対策と言えば水分と塩分の補給が一番の対策ですね。

歩きなら水分を手に持って行くことができますし、自動車なら車内のドリンクホルダーを使えばすぐに水分を補給できますが、自転車となると・・・最近はカゴに荷物を入れておくと盗難に遭ったり、盗難に遭わないようにネットをかけたりハンドルに紐をかけたりしておくと無理やり引き倒して物を奪うという強引なひったくりもいます。

そうなると防衛手段は背負うのが一番!!ということでバックパックで自転車に乗る方が大変増えています。盗難防止はOK、でも水分はというと・・・当然ながら同じようにバックパックに入っていたらすぐに飲むことが出来ません。

そんな悩みを解決できるのが、自転車に付けられるドリンクホルダーです。信号待ちなどの短時間でもさっと取り出して水分補給ができるので片手運転なんて危ないことをしなくても、いちいち自転車を停めて背負った荷物から取り出さなくてもこまめに水分を摂ることができます。

「自転車用ドリンクホルダー」はボトルの太さへの対応や保冷ケースに入れたペットボトルでも使えるもの、取りつけ位置などいろいろなタイプがありますので自身の自転車に付けられるかどうか、何処に付いていたら使いやすいかをよく検討して選ぶことをおすすめします。

自転車用ドリンクホルダーの人気商品

自転車用ドリンクホルダーは、バイク・ベビーカーに対応したものもありますからそれらへの取り付けもぜひ検討ください。

サイトへの支援をお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。本記事の内容がお役に立てましたら幸いです。
今後もよりよい情報を提供し続けることができるよう、投げ銭によるサイトへの支援、およびSNSによる拡散をお願いします

作者:

☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球