被害に遭う前に!「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)対策機能付電話&機器」

公開日:2016年4月27日 おすすめアイテム

まったく減る気配を見せない特殊犯罪の「振り込め詐欺」。一日に何と1億円以上が被害に遭われているという実態があります。中でも「私は大丈夫!」と確信を持っている方ほど被害に遭うことが多いのもこの犯罪の難しいところ。きっかけは「電話」ですから、最低でも電話には対策を施してひどい犯罪を撲滅しましょう!!

「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)対策機能付電話&機器」の人気商品





口臭が強くても誰も教えてくれないから・・・器具でセルフチェック「口臭チェッカー」

タブレット端末の弱点「文字入力しにくい」を改善できるキーボード&ケース

いつでもどこでも食べられて結構すぐに効果があった「乳酸菌の入った飴(キャンディ)」


振り込め詐欺に遭わないためには・・・

テレビなどでは

  1. 電話に出るときに自分から名乗らない
  2. あらかじめかけてくる相手と合言葉を決めておく
  3. あやしいと思ったらすぐに警察へ
  4. 息子を名乗ることが多いのですぐに息子の携帯や会社へ電話する

などが紹介されていますが、普段から行うことでできるのは1ぐらいなもので、特に緊急性を訴えてパニックにさせてから詐欺を働くという性質の振り込め詐欺に対して2以降の項目がとっさに気づき、また行動できるかといえばやはり???ということになります。

詐欺集団もこれらの対策に対する対策をしていて4をされることを避けるため、あらかじめ本当の息子の携帯に迷惑電話を何度もかけ、電源を切らせた上で親へ電話するというパターンもあるようです。

合言葉に関しては決めていても「まさか詐欺」とは思わないですからとっさにこれが出てくるようになるにはいつも行っている必要があり、なかなか浸透しないと思います。

3に関しては、実際に被害に遭った段階で初めて「詐欺だ」と気づくわけですから後の祭りということにもなりかねません。

最近では振り込みでは銀行で防がれることが多いため、別人が直接家に行って現金を受け取るという、いわゆる「受け子」と呼ばれるアルバイトのような人間を使うことが増え、受け子はただその家に行って荷物を受け取ってくるという仕事をする役割になっているため本丸の詐欺集団までたどり着けないのが現状です。

これらを未然に防ぐ対策として最も有効なのが、ファーストアタックである「電話」に対策をすることなのです。

ただし、携帯電話に関しては今のところ決定的なツールが発達していないため対策のしようがありませんので、知り合いや親族の電話番号は必ず登録するようにし、知らない番号は無視するというルールを徹底する必要があります。

「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)対策機能付電話&機器」の機能

共通しているのは通話録音。これはほとんどの機器に搭載されています

その他には

  • 呼び出し音を鳴らす前に相手に対して「録音している」ことを伝えて防止する
  • 呼び出し音を鳴らす前に相手に対して「名前を名乗る」ように伝える、名前が聞こえて確認してから電話に出ることができる
  • 迷惑電話そのものを撃退する
  • あやしいかもと思った時には1つボタンを押すだけであらかじめ登録した番号へ一斉に電話する

などさまざまな機能がありますので、よく検討して選ばれることをおすすめします。

Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報