WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

衝撃を吸収しておしりが痛くならないようにする「自転車用サドルカバー」

公開日:2016(平成28)年9月19日/最終更新日:

衝撃を吸収しておしりが痛くならないようにする「自転車用サドルカバー」



動力を使わない移動手段の中で一番効率がいいと言われている自転車。

今ではちょっと近くへ買い物へ行ったり最寄り駅まで行ったり、通学に使ったりという用途だけでなく普通なら自動車で通うような遠い会社や学校まで自転車を利用している人までいる人気移動ツール。

特に最近ではいわゆるママチャリではなくスポーツタイプの自転車やアウトドアで使うような自転車が流行っています。ただこの自転車には1つだけ弱点が・・・それは、「長時間の運転でおしりが痛くなる」こと。

特にスポーツタイプの自転車は座席となる「サドル」部分が細いため、体の一部だけに負担がかかってしまうことが多いので深刻な事態になることもあります。

この「おしりの痛み」を軽減するために、また、お尻が痛くなる前に使える自転車用サドルカバーを集めてみました。

「自転車用サドルカバー」の人気商品

サドルカバー選びのコツ

ほとんどの商品が「ジェル」を使用して衝撃を吸収するようになっています。設計上はできるだけ長時間使えるように座面が丈夫に設計されていたりはするのですが、直射日光がよく当たってしまうような場所では日焼けによって布地が痛み、中のジェルが出てきてしまうこともありますので注意しましょう。

また、衝撃を吸収するために厚手のカバーにも関わらず、商品によっては防滴構造になっていないことから乾きにくいものもありますのでいろいろな商品を比較して検討されるといいと思います。