ココナラ 困りごと

【Simplicity】テーマの更新備忘録 バージョン2.5.0e→2.6.0.9

先日から行っている

ご訪問ありがとうございます。このサイトは名古屋のとある場所でたくさんの方々に見守られながら暮らす地域猫ちゃんの様子を綴った日記中心のサイトです。ここに定住する猫ちゃんたちは全員不妊処置済み。繁殖してしまう懸念がない一方で、この代限りの命にな

という私が管理する別サイトのカスタマイズ&シェイプアップ作戦。このサイトは私が近所で地域猫として可愛がられている猫ちゃんについての日記と我が家の猫ちゃんに関する日記サイトです。ここの猫ちゃんたちは全員TNRされており、1代限りの命であることが確定しています。つまり何も記録を残してあげなければ薄れていく記憶以外は本当に何も残らないという悲しい宿命を持つ猫ちゃんたちということにもなります。そんな猫ちゃんたちが生きた証を何か残せないかということで日記サイト作りを始めました。

そのサイトでも当サイトと同様【Simplicity】テーマを使っていて、ついでに最新版に更新しておこうということで公式サイトへ

無料WordpressテーマSimplicity2のダウンロードはこちらです。インストール方法はこちら。テーマのアップデート方法は、以下を参照してください。Simplicity2のダウンロードWordPress4.1以上、PHP5.4以上で

すると今まで使っていたバージョン2.5.0eのところに・・・

※このバージョンに不具合があったので最新版(開発版)を利用することをおすすめします。最新版では既に修正済みです。

という不穏な文章が・・・。ざっとサイト内を見てみましたが何について不具合があったのかというのは判然としませんでした。でもやっぱり不具合があると言われたら・・・ということで現状の安定版である2.6.0.9へアップデートしました。

上の猫ちゃんのサイトは親テーマ自体ヘッダーのスライダー画像以外はノーマル状態で使っているので問題なかったのですが、このサイトの場合は親テーマ内でいろいろと改変している部分があったのでちょっと大変でした。

というのはカスタマイズした記録がなかったため。ここをこうしたハズ・・・なんて記憶をたどりながら手作業でカスタマイズ・・・こんなことは2度としたくない!ということで今回から備忘録を残すことにしました。

そんなの親テーマでやらなくても子テーマにカスタマイズする部分のファイルをコピーしてやればいいじゃん!と思うかもしれませんが、

  1. 【Simplicity】は一部のファイルが階層化されており、そこのファイルは親テーマを変更する必要があるのでは?
  2. 次のバージョンアップのときに子テーマにコピーしたファイル自体が修正されたらややこしくなるのでは?

という懸念があるので今回も親テーマ内でのカスタマイズをしていきます。

このサイトのことなので関係ない?いやいや、同じテーマを使われている方がこの記事を読んでここをこうしたら・・・というヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク

【Simplicity】親テーマのカスタマイズ内容

「本文中広告」の表示を判断するhタグの変更

「lib」→「ad.php」でカスタマイズします(どこかの記事に書いたような覚えがありますが見つからなかったのでやり方を書いておきます)。

ファイルを開いたら

define('H2_REG', '/<h2.*?>/i');//H2見出しのパターン
の中のh2(小文字)部分を都合のよいタグに変更するだけ。当サイトでは最初に出てくるh3タグに対して広告を挿入したかったので
define('H2_REG', '/<h3.*?>/i');//H2見出しのパターン
としているだけの話です。でも以外にやりたいけどできない・・・という人がいるかもしれないカスタマイズです。

人気記事ウィジェットにカスタム投稿タイプを追加

「Wordpress Popular Posts」のデータとタグまたはカテゴリーの情報を元に、今見ている記事と同じカテゴリーやタグの人気記事を表示してくれるウィジェット。当サイトでは基本的にカスタム投稿タイプでも投稿と同一のカテゴリーを使って分けているので人気記事の中にカスタム投稿タイプも含まれるようにしています。

「Simplicity」テーマでカスタム投稿タイプを使ったサイトを運営中の方で、このカテゴリー別人気記事ウィジェットが使えない・・・とあきらめている方必見のカスタマイズ方法です。簡単にできますから是非実装してくださいね。

で詳しく説明しています。当サイトでは追従型ウィジェットエリアに人気記事ウィジェットを入れているのですが、タイトルは「関連記事」にしてます。見る人からしたら「人気記事」でも「関連記事」でも同じこと。これは持論なのですが「人気記事」とすることで人が一生懸命書いた記事を盗用する、いわゆるパクリ行為を助長することになるかも・・・と考えてサイトには一切人気記事という表示はしていません。

SEO関係のカスタムフィールドをカスタム投稿タイプにも適用

投稿に実装されている「キーワード」「SEOタイトル」「抜粋」「更新日の変更の有無」などをカスタム投稿タイプでも使えるようにしてます。

Simplicityで記事を書くときに設定できる便利な機能の【コメントの許可/凍結】【SEO設定】【広告設定】【更新タイプ】を自身で追加したカスタム投稿タイプでも使用できるようにする方法を紹介します。

で詳しく解説しています。せっかくある機能なのでカスタム投稿タイプを使っているならぜひ設定しておきたいですね。

投稿タイプごとに異なるスライダーをヘッダーへ追加

header.phpの本文を引き出す記述の手前にスライダーのPHPコードを挿入して実装してます。「WonderPlugin Slider Lite」というプラグインを使ってスライダーを表示しています。

いろいろなスライダー系プラグインを試してみた中で久しぶりに無料でも面白いのを発見しました。プラグインの名前は【WonderPlugin Slider Lite】です。有料版もありますが、複数スライダーの作成も、たくさんのエフェクトも無料版で作ることができるのでこれ1つで基本的なスライダーとしての機能は十分だと思います。

サイトをみてもらうと分かると思いますが、各画像が表示されてからグーーーっとズームイン/アウトする表現が気に入って使っています。でもせっかくカスタム投稿タイプで記事のジャンル分けしてるんだから・・・ということで投稿タイプに合わせてスライダーが変わるようにしてます。やり方は

「カスタム投稿タイプごとにスライダーを切り替えられないか?」ということにチャレンジします。カスタム投稿タイプを使うのは記事のジャンルが全然違う場合であることが多いわけですから、全部が同じトップスライダーでは雰囲気に合わない・・なんてこともこの方法で解消できます

に書いてありますので参考に(別のプラグインですけどやり方は一緒)。切り替える関数を変更すればカテゴリーやタグなどでも別々のスライダーを表示することができるので結構面白いと思います。


全部の表示を見直してないので他にもあるかも・・・とりあえず前バージョンのファイルはすべてバックアップを取ってあるのでまた見つけたら追記していこうと思ってます。

改めて見返してみると、子テーマに記述したもの以外はこれだけなんですね(大したカスタマイズではないかも・・・)。でもカスタム投稿タイプを使うにあたってテーマやプラグインのカスタマイズは必須、Simplicityの場合だけでなくソースを見てカスタム投稿タイプを適用する方法は覚えておいて損はないと思います。

トップへ戻る