「Simplicity」で削減できたプラグイン、追加したプラグイン

公開日:2015年11月17日 サイト作成日記

今まで使っていた「Atahualpa」から「Simplicity」へテーマ変更したときのメモです。「Atahualpa」の直観的なカスタマイズ機能も捨てがたいのですが、ヘッダー部分に凄い量の記述がついてしまうのでSEO的には不利かなと勝手に思って変更を決めました。

「Simplicity」で削減できたプラグイン

Wp Touch

言わずと知れたスマホなどのサイト表示を最適化してくれるプラグイン。Atahualpaはレスポンシブ対応ではないのでどうしてもこのプラグインを使う必要があり、カスタマイズ範囲の広いバージョン1.9を更新せずに使っていましたが、「Simplicity」はレスポンシブ対応のため永らく使ったWp Touchともお別れです。

Wp to top

サイトをスクロールしたときに登場する「ページ先頭へ戻る」ボタンを作るプラグイン。これも実装されているので外しました

Yet Another Related Posts Plugin

タイトルや記事の内容、カテゴリー、タグなど総合的に分析して「関連記事」を表示してくれるプラグインですが、カテゴリー内またはタグ内での関連記事に限定されてしまうものの「Simplicity」に実装されているので外しました。関連性ということに関してはYet Another Related Posts Pluginのほうが優れていると思いますのでどちらを使ってもいいかと思います。

Add Post URL

記事の先頭や末尾に定型文や広告などを挿入できるプラグイン。「Simplicity」にはたくさんのウィジェットエリアがありAdd Post URLよりも思った位置にコード挿入ができるので外しました。ただ、環境によってはテキストウィジェットでショートコードのプログラムが表示されない(処理されずにコードがそのまま出てしまう)ことがあったので、functions.phpに以下を追加して対処しました。

//テキストウィジェットでショートコードを使用する
add_filter('widget_text', 'do_shortcode');
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

Advanced Excerpt

記事の要約表示をするプラグインですが実装されているので外しました

Auto Post Thumbnail

サムネイル画像を記事投稿時に自動生成するプラグインですが実装されているため外しました。カスタマイザーの「画像」のところで自動生成にチェックを入れると動作します。

WordPress4.9「ティプトン(Tipton)」にアップデートしました

プラグインの翻訳ファイルに対するダウンロード方法を変更したら見えてきた「ギブ&テイクは難しい・・・」

ブログサークルに新機能「コメントプラグイン(ブログパーツ)」が追加、再登録してみようかな・・・


「Simplicity」で追加したプラグイン

Header and Footer Scripts

「Simplicity」にはGoogle AnalyticsとGoogle Adsense用にコードを埋め込む機能があるのですが、その他のコードをヘッダーに埋め込む時には・・・となってしまうので、このプラグインを使いました。テーマのheader.phpに直接記述してもいいのですが、作っているうちに何が何だか分からなくなることを避けるため、単純にヘッダーとフッターにコード追加できるこのプラグインを使いました。

現状では6個削減で1個追加なので5個削減できたことになります。

追記

子テーマをインストールして、ヘッダーに直接コードは書いたので、Header and Footer Scriptsは外しました

これで6個削減で0個追加となり結果的に6個削減できました。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報