ついに来た!Google Chromeで非SSLサイトを見た時の「保護されていません」表示



何気にニュースを見てたら・・・いよいよGoogle Chromeのアドレスバーに「保護されていません」という表示がされる日が来てしまったようです。

これはデータ送受信について暗号化されていない、いわゆる非SSLサイトで表示されるもので、「http://」で始まるアドレスのページが対象となります。

以前からクレジットカード情報などの情報を送信するときにデータを読み取られるという被害があったことに対する対処としてSSLという暗号化技術を使って防御しようという流れがあり、Googleでは暗号化していないサイトには単純なiマークではなく文字で「保護されていません」と表示するようにしますよ!と予告していました。

それがついに今日リリースのバージョン68で実装されました。早速Chromeのアップデートしてみたら・・・

Google Chrome 保護されていません

見事に表示されていますねぇ。ちなみにこれは私が作っている

地域猫ちゃん(最近では飼い猫の話ばかりです)たちの日常を紹介しているサイトで実際に表示されたもの。このサイトは旧ネットオウルの無料Wordpressサイト作成サービスを使っているため、サブドメインなのでどうしようもない(ドメイン割り当てればいいだけですけどそれなら・・・ねえ??)

このことは恐らくサイトを作る側の人なら知ってることだし、個人情報やカード情報などを送信するようなサイトでなければ特に大丈夫だと思うんですけど、何も知らない人が見たら、「何このサイト、ヤバくない??」ってなりかねませんね。

サイトのSSL化を行うには独自ドメインで運営する、またはSSLで提供しているブログサービスなどを使う必要がありますから、前者の場合には少なからず維持費用が発生するということになります(私的にはこれを狙っているとしか思えません)。

とはいえ【保護されていません】と出るよりは出ない方がいい!!ということで、独自ドメインでサイト運営されている方はさっさと常時SSL化してしまいましょうね。

WordPressのサイトをSSL化する方法については

Xserver(エックスサーバー)でWordpressのサイトを運営している方向けに、サイトをSSL対応させる方法をできるだけ実際の画像を入れて分かりやすく紹介していきます
ブラウザで「このサイトは安全ではありません」と表示されたら・・・に対応するため、【さくらインターネットサーバー】でWordpressのサイトをSSL対応させる方法を紹介します。
サイトのSSL化がいよいよ必須に!?無料SSL証明書の取得とドメインキングレンタルサーバーへの適用、サイトの設定変更など移行の流れを一気に紹介します。

など当サイト内でも紹介してますのでご自身でやられてもいいですが、

ココナラ サイト SSL

で設定代行してますのでよかったらどうぞ。

トップへ戻る