サイトをSSL化しないとChromeのアドレスバーに「安全でない」と文字で表示されるようになる?Google Chromeのブログ予告

今日の気になるニュース
テレビやインターネットなどのニュースで管理人が気になったものを、より深く、経験や考え方などを交えて紹介しているページです

SSLって言葉は聞いたことあっても内容はよく知らない私が語れることでもないとは思いますが、一応私なりには「SSLは通信中第三者から傍受されても何のデータが通信されているかがわからないように暗号化する」ということだと認識しています。
さしづめ会社などインターネットを使って支店と本社をつなぐときに使う「VPN」のウェブサイト版というところでしょうか?

まあSSLについて詳しくは自身で調べていただくとして、どうやらGoogle Chromeブラウザでインターネット上のページへ表示したときの表示がより露骨になるようです。

現行のバージョン64.0.3282.140(2月9日現在最新)では、SSLで暗号化されている安全なサイト(https:から始まるサイト)については「安全な通信」と表示され、そうでないサイト(http:で始まるサイト)はアドレスバーの左にインフォメーションマークが出ていて、それをクリックすると「安全なサイトではない」旨の表示がされたり、入力フォームの欄に同じようなマークが表示されることがある程度なのですが、これが2018年7月にリリースされる予定のChrome 68からはばっちりアドレスバーに「安全でない」と表示されるようにするというものです。

公式には2018年2月8日公開のGoogleセキュリティブログ内の

Posted by Emily Schechter, Chrome Security Product Manager For the past several years, we’ve moved toward a more secure web by strongly adv...

に記載されていました。

内容は

過去数年間、GoogleではサイトがHTTPS暗号化を採用することを強く主張してより安全なウェブに移行しました。昨年、私たちは、HTTPページのより大きなサブセットを徐々に 「安全でない」とマークすることで、HTTPサイトが安全でないことをユーザーが理解するのを助けました。Chrome 68のリリースで2018年7月から、ChromeはすべてのHTTPサイトを「安全でない」とマークします。

(上記ページより引用)

アドレスバーのイメージ画像も掲載されていました(ブログ記事からの引用画像)

画像は英語ですが、確かに下ではマークではなく文字列で「安全でない」と出るようになるようです。日本語版は当然日本語になるわけですから「保護されていません」と露骨に表示されるようになってしまうということです。

今までは「何かの情報をフォームから入力させる(特に個人情報とかカード情報とか)サイトなら必須だろう」だったものが、そうでなくても「保護されていません」と閲覧者に警告されますよってことなんですね。

SSLというのがあることが分かっていてインターネットを利用している人がアクセスしたらこのサイトには特に何かを入力するわけでもないから保護されていないと表示されても気にしないと思いますが、ほとんどの方は知りませんから、ページを開いたら突然アドレスバーに「このサイトは保護されていません」と表示されたら・・・・敬遠する方も見えると思います。

今朝のネットニュースにも掲載されていましたので噂ではないようです

WebのHTTPS化を推進している米Googleは、2018年7月にリリース予定のWebブラウザ安定版「Chrom

サイトをSSL化するにはサーバーによっては無料でできるところもあるようですが、私の使っている100円サーバーでは高額な取得と維持費がかかるようですからどうしよう・・・という状態です。

無料でSSL証明書を取得する方法もあるみたいですけど、無料のものを排除する動きがGoogleにある・・・なんて噂もありますから考え物ですね。素直にサーバー移転するか、有料で証明書を取得するしかないのか・・という感じです。

現状ではGoogle Chromeが公式に発表している段階ですが、遅かれ早かれ他のブラウザでも採用されると思いますから、SSL化するかサイトのタイトル下などに「安全でないと書かれていますが特に何かの情報を入力しただくサイトではありませんから安心して閲覧ください」なんてコメントを出して対応する必要があるのではないかと思います。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ