一定の速度以上になるとポケモンGoが動作しないように運営会社が対応しました

 すごい!!まさに神対応だと思います。ポケモンGoをしながら運転していた車にはねられて小学生が命を落とすという事故を受けて愛知県一宮市がメーカーへ運転中の操作ができないようにする旨の要請をした件で劇的な展開がありました。

個人的には「こんな要請しても結局使うのは自由だしマネタイズできる機会が減るわけだから、なんだかんだ言ってメーカーは対応しないだろう」と思っていました。

ところが・・・

運営会社の「ナイアンティック」が11月7日、一定の速さ以上で移動するとゲームのアイテムを入手する操作ができないよう変更したと発表しました。

先日発生した運転中に「ポケモンGO」をしていて小学4年男児がはねられて死亡した事故に対して、ゲーム運営会社に規制を要請した愛知県一宮市宛に、脅迫メールが9通送りつけられるという事案が発生しました。

少しでもこんな悲しい事故が減ることを願いつつ、他のゲームアプリ運営会社もこうした対応をしていってもらえるとうれしいですね。

スマホを使うことに対して「モラル」で片づけられていたものが「制御」として実現した大きな一歩だと思います。

トップへ戻る