[Octolooks Scrapes Lite] Translation file download page for using the plug-in in Japanese

【Octolooks Scrapes Lite】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページ

公開日:2017年11月8日 翻訳ファイル
【Octolooks Scrapes Lite】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページ

このプラグインは、2021年6月24日現在、WordPress公式サイト上で配布されていません。

WordPressプラグイン【Octolooks Scrapes Lite】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

便利そうだと思ってインストールしたけど設定が英語で分からない・・・というようなプラグインを日本語で設定・使用できるように作成し提供させていただいております。

この翻訳ファイルはバージョンアップへの対応や新たなプラグインの翻訳ファイル作成コスト、提供するサイト(本サイト)の維持コストなどを踏まえ、少額にて販売させていただいております。ご協力よろしくお願い致します。

このプラグインの翻訳ファイルの価格は500(有料版用は1,000)です(万が一左記の価格と販売ページの価格が異なる場合は、販売ページでの価格が正式価格となります)。

※翻訳ファイルのご購入はクレジットカード決済、PayPal決済、銀行決済、コンビニ決済が利用いただけます

プラグインの機能・翻訳ファイルの概要について

プラグインの機能に関する詳細記事はありません。

ご購入いただくファイルの対応バージョンは1.0.0です。

プラグインの最新バージョンは現在Wordpress公式サイトに "wpig-simple-gallery-for-instagram" は存在しません(配布されていません)です。

バージョンが異なる場合には完全に翻訳されなかったり、翻訳ファイルを正しく適用しても動作しない可能性がありますのでご注意ください

翻訳ファイルの概要

項    目内   容
対応バージョン1.0.0(プラグインの現行バージョン:現在Wordpress公式サイトに "wpig-simple-gallery-for-instagram" は存在しません(配布されていません))
公式ページ
翻訳対象件数無料版210件 有料版341件
翻訳済み件数無料版210件 有料版341件
特記事項ご依頼いただき、高評価をいただいた翻訳ファイルです
販売価格500(有料版用は1,000)円

無料版「Octolooks Scrapes Lite」はこちら

有料版「Octolooks Scrapes」はこちら

日本語化ファイルの適用方法

このプラグインの日本語化ファイルを適用するには

  1. 購入いただいた圧縮ファイルを解凍します
  2. 「WordPressのインストールフォルダ」→「wp-content」→「languages」→「plugins」へFTPクライアントソフトなどを使って「○○-ja.po」と「○○-ja.mo」のファイルを転送します

これで完了です。転送後は管理画面やプラグインの設定画面などをリロード(再度読み込み)することで日本語表記になります。

※プラグイン名フォルダの中の「Languages」フォルダへ転送しても適用されますが、プラグインの更新によって翻訳ファイルが消失する可能性がありますので、なるべく上の場所へ転送してください

上記の方法でアップロードして適用した場合でも、WordPressの翻訳ファイルの更新によって、購入いただいた翻訳ファイルが上書きされてしまうことがありますので、翻訳ファイルを上書きされないように別の場所で管理し、優先適用させる「HA Force Translate Files」プラグインの使用をご検討ください。
※「HA Force Translate Files」は当サイトでのみ配布しているオリジナルプラグインです

指定場所へ転送したのに適用されないときは

指定の場所へ翻訳ファイルを転送しても適用されない場合には以下の事項を確認ください

  1. 圧縮ファイルや解凍したフォルダごとアップロードしていませんか?
    1)手順にも書かせていただいておりますが、翻訳ファイルダウンロード後、解凍した際にできるフォルダの中に「〇〇.po」と「〇〇.mo」の2つのファイルができます
    2)アップロードの際にはこの2つのファイルのみ(フォルダを含めない)を指定場所へアップロードしてください
  2. アップロード先は間違っていませんか?
    1つ上の階層へアップロードへアップロードされることで適用されないというお問い合わせをいただくことがありますので、今一度お間違いがないかご確認ください
  3. プラグインフォルダ内に別の翻訳ファイルが存在していませんか?
    プラグインの多くは、プラグイン名フォルダの中の「languages」や「lang」フォルダ内などに別の翻訳ファイルが存在する場合、そちらを優先して反映されるようになっていますので、そちらを削除するか、上書きしてみてください
  4. アップロードした翻訳ファイル名の末尾に(1)などが追加されていませんか?
    FTPなどのファイル転送ツールや転送プラグインなどによってはファイル名を上書きせず、バージョン管理用に(1)などを付加するようになっているものがあります。付加されてしまう場合には一旦元の翻訳ファイルを削除した後に転送することで正常に適用されます
  5. プラグインのバージョンにより、翻訳ファイル名が変更となっている場合があります
    1)プラグインの更新を行ったら翻訳されなくなったというケースです。プラグインの更新によってプログラムソース上の翻訳ファイル名が変更となり、現在のファイル名では適用されない状態になっていることが考えられます。そうした場合には管理画面から「プラグイン」→「プラグイン編集」をクリックし、該当のプラグインを選択後、「textdomain」と書かれている項目の右側にある文字列が翻訳ファイルの文字列と合致しているかを確認ください。
    2)例:「textdomain」の記述が【abcde】となっている場合、ファイル名は【abcde-ja】となっているかを確認してください
    3)ファイル名が異なる場合にはリネーム後に転送することで適用されるようになります(バージョンが異なるため100%翻訳されないことがあります)

図解でより詳細な転送手順を解説している【超図解】WordPress用プラグイン翻訳ファイルの適用方法も併せてご確認ください。

翻訳ファイルに関するお問い合わせ

ファイルの相違がある場合やダウンロードできない場合、適用方法のお問い合わせなどはファイルを購入、ダウンロードいただいたBoothのメッセージからお願いいたします。

Boothの販売ページはこちら

※Boothのサイトからメールアイコンをクリックするとメッセージが送信できます(要ログイン)

※迅速に対応させていただくため、メッセージの本文へ、お問い合わせいただくプラグイン(テーマ)の名前、ご購入時に届くメールに記載されている「注文番号」などを入力いただけますようお願い申し上げます

翻訳ファイルの取り扱いについて

今回提供させていただくファイルはGPLの元で配布されているWordPressのプラグインやテーマを日本語環境で設定・使用できるようにする翻訳ファイルですが、プログラムコードから翻訳要素を再構築(再収集)して作成したオリジナルの日本語翻訳ファイルとなります。

したがってご購入いただいたファイルについては当サイトの著作物となりますので、購入した方個人による使用を除き、公開している場所(インターネットサイト)などでの再配布、再販を禁止させていただいております

ただし、用途に応じてファイルの内容の修正・改変を行うことについては制限をするものではありませんので、次項の再翻訳の方法などを参考に自身のサイトの用途に合わせて自由に文字列の修正などを行っていただいて構いません

自分なりの翻訳ファイルを作るには(翻訳ファイルの再編集)

再翻訳は「○○-ja.po」ファイルをPOEDITという翻訳ツールを使って、パソコン上で編集することができます。サイトの性質によっては文言を変更することでより自身のサイトに合った表現をしたり、主旨と違った使い方をすることができる場合もありますので工夫してみてください。

特別な環境でなければ、インストール後「○○-ja.p」を開くとpoeditが起動し、翻訳の編集が可能になります。編集が終了したらファイルを保存し、FTPなどを使用してプラグイン等の翻訳ファイルを設置すべき場所へ転送して利用ください。

FTPの使い方が分からない、サーバーの制限などでFTP接続でのファイル転送ができないという方は管理画面からサーバー内のファイル操作ができるプラグイン「File Manager」を使用すると特別なソフトや設定なしでWordPressのインストールフォルダなどへファイルの転送を行うことができます。

また、「File Manager」プラグインを使ったファイル転送の方法はWordPressのプラグイン「File Manager」を使ってサーバー内へファイルを転送する方法を参照ください

日本語化したはずなのにいつの間にか英語表記に戻ってしまうときは

WordPressのバージョンによってはバックグラウンドで翻訳ファイルの自動更新が動作するようになっています。この動作によって翻訳ファイルが上書きされたり削除されたりして翻訳ファイル適用前に戻ってしまうことがあります。そんなときはWordPressでアップロードした翻訳ファイルがいつの間にか元の翻訳内容に書き換わってしまうときの対処を参考に更新をオフにするか、パソコン上に翻訳ファイルの入ったフォルダを用意して保存しておき、定期的に転送するなどの対策を行う必要があります(更新をオフにした場合にはそのプラグインだけでなく本体を含めすべての翻訳ファイルが更新されなくなります)。

また、WordPressの更新画面から手動で翻訳の更新を行った場合も同様のことが起こる可能性がありますので注意が必要です。

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。