Twitterでもアクセス解析できる ~Analytics~

役に立つ情報でしたら是非拡散(シェア)をお願いします

 ホームページやブログではよくある機能のアクセス解析。

いつ、誰がどのページを、どうやって・・・などいろいろなことが分かるほか、何より自分が作ったものを見てもらえた証としてホームページやブログを書いていく励みになりますよね。

いろいろ調べていたらTwitterにも同様の機能が標準で搭載されているようです。

早速調べてみたら・・・

ありました、ありました!

このページを開くといきなり分析結果が!!

Twitterを管理しているサイトが提供している安全な機能なんですね。

このアクセス解析(Analytics)機能で分析できる内容は・・・

スポンサーリンク



過去28日間のパフォーマンスの変動

・何件のツイートをしたか?

・何人が自分のプロフィール画面を見たか?

・リプライ(返信)は何件あるか?

・フォロワーは何アカウントあるか?

※それぞれが前の過去28日と比べてどの位増えた(減った)か?も表示されます

月別のデータ

・一番閲覧数のあったツイートは何か?

・一番フォロワーの多いフォロワーさんは誰か?

・一番リプライのあった(反響のあった)ツイートは何か?

・画像付きツイートで一番閲覧されなのはどれか?

・1か月のツイート数

・プロフィールの閲覧数

・リプライの数

・新しいフォロワーの数

その他のデータ

・フォロワー数の変遷グラフ

・ツイート1つ1つに対する反応

などなといろいろな情報が得られます。

また、自分のツイート欄の下にリプライやリツイート、お気に入りボタンの他に「|||」マークが追加され、それをクリックするとそのツイートに対する反応を見ることができるようになります。

仲間内でツイートしていても十分楽しめるツイッターですが、長く続けていくためにも「反応」には耳を傾けたほうがいいのでは??

この記事を書いたとき、私のTwitterをフォローしてくれているフォロワーさんの数は500アカウント位、内容によりばらつきはありますし、フォロワーさんの興味などにも左右されますが、だいたい1つツイートすると100人位が見てくれているようです。フォロワー総数の20%が見てくれてるんですね。あなたのツイッターアカウントはどうでしょうか・・・。

トップへ戻る