誤った操作で壊れてしまったWordPressサイトの復元を承りました【対応記録】

公開日:2020年5月9日 ココナラ対応記録
パソコン

今回は結構ヘビーな案件でした。

最初にメッセージいただいた内容としてはとあるプラグインの作業でうまくいかず、複数回再試行したところ500エラーが発生、その後インターネット上にある情報でいろいろ行ったがサイトが表示されないというものでした。

一部のファイルが破損したことで、必要なプログラムが参照できないという画面上のエラーの内容から、原因はWordPress本体であろうと推察され、この段階では多分更新中に何かトラブったのか?という判断でした。

ところが・・・サーバー情報等をお伺いしてひとまずファイル・フォルダの確認をしたところ、ファイル・フォルダが足りないばかりか構造もおかしいことになっていました。ファイルが足りないどころか、「wp-config.php」もない状況でした(泣)。つまり動くはずがない状態になっていたということです。

「WordPressが動作する基本構造になっていないのですが何かされましたか??」

と質問したところ、お客様は

「インターネットでいろいろ試してもダメで、同じくインターネット情報から再インストールをしてみてもダメ、さらにいろいろ触っているうちに何がなんだか・・・」

との返答。もともと軽微だったかもしれないトラブルに対して、悪い言い方をすれば自身で壊してしまったということなのでしょう。こういう場合「何もしてない」というような返答をされる方が多い中、素直に返答してくださったので一安心(この段階で嘘?をつかれると後の対応に影響することがあるので、「私にスキルがない」ということにしてお断りするケースもあります、ハイ)。

バックアップ用のプラグインを使われていたようなのでそちらと、現状のサーバーに残っているファイル・フォルダと、データベースまで影響がなかったようなのでデータベースのテーブルを使って中古車風に言えば「何個一」?での復元作業を行いました。

まあ部品は結構バラバラでしたが、WordPressの本体ファイルを入手し、必要なファイル・フォルダを移植し・・などを行い、無事復旧させることができました。

今まで大切に温めてこられたサイトが突然不具合で表示されなくなり、途方に暮れる・・・長年WordPressでのサイト作りを私もしていますから気持ちは痛いほど分かりますから、無事に復旧できてよかった。お客様にも大変喜んでいただけました。

Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】


閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします