WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
"Clean Unused Medias", a plug-in that searches for and deletes unnecessary images that are not being used

使われていない不要な画像を検索して削除するプラグイン「Clean Unused Medias」

公開日:2017年5月30日 バックエンド(管理) 画像・動画

WordPressではアップロード時に自動で4種類の大きさの画像が作成され、プラグインやテーマの仕様によってさらにいろいろなサイズの画像が作られ、1つの画像に対して複数のファイルが存在するようになっています。アクセスされたとき高速に表示するための措置ではあるのですが、これがサーバースペースを圧迫する原因にもなっています。

【Clean Unused Medias】プラグインの基本的な機能・できること

  1. いろいろな条件で使用していないと思われる画像を検索
  2. 結果から不要な画像を選択して完全に削除

ができるプラグインです。検索条件は下の使用方法で確認くださいね。

ちなみにこうした複数のサイズの画像がきちんと削除されるかを試したところ、テストサイトではきっちり行われていましたので安心して使えるプラグインだと思います。

また、検索も定期的にデータがセットされる他、手動で検索することもできるので、可能な限り間違いがないようになっています。

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Clean Unused Medias】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Clean Unused Medias】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Clean Unused Medias】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordPressのプラグイン公式配布ページがダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

【Clean Unused Medias】プラグインの基本的な使い方

ダッシュボードから「メディア」→「未使用の画像を削除」を選択して作業します。

使われていない不要な画像を検索して削除するプラグイン「Clean Unused Medias」の画像|Knowledge Base

サーバースペース節約のため、公式ページからURLで画像を挿入しているので英語表記で申し訳ないですが、開くとこんな画面が出てきます。

検索条件を指定して、画面真ん中あたりにある「検索し直す」をクリックします。

※画像が多いと結構時間がかかりますので時間に余裕があるときに作業しましょう(中断したり中止したりもできます)
※同じ場所に最終検索日時が表示されますので、その情報で大丈夫ならそのまま作業してもいいでしょう

検索できる条件は

  • サイトのファビコン(ブラウザのタブやサイトのタイトル前に表示されるアイコンなど)で使われていない画像
  • アイキャッチ画像(サムネイル画像)として使われていない画像
  • 投稿の関連記事の表示でで使われていない画像
  • Advanced Custom Fieldsプラグインで作成したカスタムフィールドの中にない画像
  • 投稿/固定ページ/カスタム投稿タイプの本文で使われていない画像
  • 投稿/固定ページ/カスタム投稿タイプのメタデータ(カスタムフィールドなど)で使用されていない画像
  • ユーザーメタ(ユーザーの情報データ)で使用されていない画像
  • サイトの管理画面などで使用されていない画像

と、条件を限定することもできるのですが、目的がはっきりしていない限りすべてのオプションにチェックを入れて確実に使用していない画像のみを削除することをおすすめします。

検索が終わると下にずらっと使われていない画像が表示されます

削除したい画像にチェックを入れて、下の「選択した画像を削除」をクリックすれば完了です

使われていない不要な画像を検索して削除するプラグイン「Clean Unused Medias」の画像|Knowledge Base

※画像一覧では見にくいという方のために、画像をクリックすると拡大画像とともにより詳細な内容が表示されます

前述したように、WordPressで自動作成される複数のサイズの画像がきちんと削除されるかを試したところ、テストサイトではきっちり行われていましたので安心して使えるプラグインだと思います。

何よりメディアの中から削除するよりも安全というのが最大の特徴ですね。

画像を整理したいけどどうしたら・・・と思っている方はぜひ試してみてください。

※すべての画像に対して指定した条件の下で使われていないかを検索するため、投稿や固定ページなどのコンテンツが多いサイトや画像が多いサイトでは検索に時間がかかります。その間動作し続けるためサーバーに負荷をかけてしまうことがありますので注意が必要です。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。