WordPressでページを表示する前に警告画面を表示するプラグイン「Content Warning」 | Knowledge Base

WordPressでページを表示する前に警告画面を表示するプラグイン「Content Warning」

Wordpressでサイトやページを作成していて閲覧に対して警告画面を表示したい時に役立つのが「Content Warning」です。コンテンツ毎、トップページのみ、すべてのコンテンツを選択して閲覧前に警告を表示することができます。

【Content Warning】プラグインの基本的な機能・できること

  1. サイト全体(どのページから閲覧しても)で警告画面を表示
  2. コンテンツの編集画面上で選択して警告画面を表示
  3. トップページのみ警告画面を表示
  4. 一度閲覧するかどうかを判断した訪問者の情報を一定期間保持し、閲覧しないを選択した訪問者からのアクセスを拒否
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Content Warning】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Content Warning】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【Content Warning v2】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Content Warning】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Content Warning】プラグインの基本的な使い方

設定はダッシュボードから「設定」→「CWV2設定」で行います
主な設定項目は

  1. すべてのコンテンツで警告画面を表示するか
  2. トップページで警告画面を表示するか
  3. サイト内検索結果やアーカイブで警告画面を表示するか
  4. 警告画面のタイトル
  5. 警告画面のメッセージ
  6. 閲覧を拒否した人に対して一定期間アクセス拒否をするかどうか
  7. 初めに警告画面が表示されるコンテンツへアクセスしてからアクセス履歴が消えるまでの期間

です。その他細かい項目がありますが、日本語化すれば問題なく設定できます。

1を選択した場合にはすべてのコンテンツのどこへ最初にアクセスしても警告画面が表示されるようになります

投稿や固定ページの編集画面に「CWV3設定」という枠が表示され、1を選択しない場合にはチェックを入れると警告が表示されるようになります

ユーザーとしてサイトを閲覧した際には警告は表示されません

【Content Warning】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

Cookie情報に基づいて選択の保存期間が設定され、0(Cookieを使用しない)ようにできなかったため十分にテストできませんでした。おそらく実装する際にテストされると思うのですが、動作しているかを管理者権限だけテストモードみたいにできると使いやすいように思いました。

このプラグインを使って警告を表示することがSEO的にマイナスになるかどうかは不明です。

警告画面の下に実際のページが表示されてしまうため、あまり警告として役に立たないかもしれません。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書(2) スマートフォン対応サイト編 /プライム・ストラテジー【著】 【中..

498 円 (税込)
プライム・ストラテジー【著】販売会社/発売会社:ソフトバンククリエイティブ発売年月日:2013/08/29JAN:9784797370966
世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

世界一わかりやすい WordPress 導入とサイト制作の教科書【電子書籍】[ 安藤篤史 ]

2,570 円 (税込) 送料込
【ご注意:本書は固定レイアウト型の電子書籍です。ビューア機能が制限されたり、環境により表示が異なる場合があります。】WordPressは世界の主要なウェブサイトの28%(CMSサイトの59%)で利用されているCMSのデファクトスタンダード(2017年4月現在W3Techs調べ)。これか..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る