カスタムフィールドの追加と管理・グループの管理ができるプラグイン「Custom Field Suite」

公開日:2018年5月18日 バックエンド(管理)
Knowledge Base メンテナンス
Wordpressのカスタム〇〇と呼ばれる拡張機能の1つであるカスタムフィールド。知ってはいるけどどうやって使ったらいいの?という方も多いハズ。

通常のカスタムフィールドは投稿ごとにキーを設定して入力していくという方式なので個人的にはとても使いにくいのですが、これをフォームのようにして使えるようになるのがこのプラグインのいいところだと思います。

【Custom Field Suite】はWordpress標準のカスタムフィールド機能を拡張するプラグインです。似たもので有名なプラグインに「Advanced Custom Fields(ACF)」がありどちらを使うか迷うところですが、ACFのように独自のフィールド構造を持たないため、カスタムフィールドに入力した値を検索等に使用したい場合にはこちらの方がおすすめです。

【Custom Field Suite】プラグインの基本的な機能・できること

  1. カスタムフィールドの追加・削除などができる
  2. カスタムフィールドが格段に入力しやすくなる
  3. グループ化することで設定したカスタムフィールドを表示する環境を指定できる
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Custom Field Suite】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Custom Field Suite】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【Custom Field Suite】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Custom Field Suite】プラグインの基本的な使い方

カスタムフィールド作成の流れとしては

  1. グループ(どの種類の投稿編集画面で表示・使用するか)の設定
  2. グループ内で管理するカスタムフィールドの設定

の大きく2つになります。設定した投稿タイプ(投稿やカスタム投稿タイプ)すべての投稿編集画面で表示されるようになるので決まった内容を入力できる、いわゆる投稿フォームのような使い方ができます

公式サイトのスクリーンショットをいくつか紹介しておきます

【Custom Field Suite】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

カスタムフィールドに入力した値を投稿本文へ呼び出すためには

入力できるのはいいけどどうやって投稿本文に表示するの??という質問を受けそうですね。ちゃんと表示する方法はあります。

ネット検索するといろいろなコードやショートコード化して表示する方法が紹介されているのでここでは割愛します。

コード?PHP?、そもそもたくさんのカスタムフィールドを挿入するためのショートコード設定が面倒!という方は

を使うと簡単にショートコードで本文内へカスタムフィールドの値を挿入して表示できます

投稿や固定ページの公開・更新をすると「Your session has expired.」という表示が出るだけで更新できないときは

自身のサイトで出た現象について備忘録として紹介しておきます。結局不具合の原因は以前に使っていたサイトでこのプラグインを再使用する場合に発生するようです。デバックモードを有効にすると

WordPress データベースエラー: [Table ‘テーブル名_cfs_sessions’ doesn’t exist] SELECT data FROM データベース名_cfs_sessions WHERE id = ‘カスタムフィールドのID’ AND expires > ‘期限’

というエラーメッセージが表示されます。平たく言うと、このプラグインで設定されていたカスタムフィールドの有効期限が切れてますよ!ということなんです。

私の場合は恐らく以前このプラグインを停止・削除した際完全にこのプラグインで追加したカスタムフィールドを削除していなかったか、手動でカスタムフィールドを削除したかのいずれかだと思われます。

このプラグインにはオプション項目があり、Wordpressの管理画面からフィールドグループツールを開き、リセットタブから設定の削除をしたら解決できました。
※この方法でクリアすると以前のカスタムフィールドデータはすべて削除されますので注意してください(私の環境では・・という注釈付きですが、この作業で、CFSプラグインを使って追加していないカスタムフィールドには影響はありませんでしたが、作業時にはデータベースのバックアップを取ることをお勧めします)。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Custom Field Suite】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.5
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:2.5.12
  5. このプラグインの最新バージョンは2.5.16です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
たった1日で基本が身に付く! WordPress 超入門【電子書籍】[ 佐々木恵 ]

たった1日で基本が身に付く! WordPress 超入門【電子書籍】[ 佐々木恵 ]

1,944 円 (税込) 送料込
<p>WordPressによるWebサイト作成の基本を一から学べる書籍です。1日8時間の勤務時間内に読むことができる程度に解説内容を絞り込み,初心者・新人が最初の1冊目として読むのにふさわしい内容となっています。本書ではローカル環境にWordPressをインストールしてWebサイト..
サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

3,456 円 (税込) 送料込
<p>プラグインの開発から運用までを網羅</p> <p>※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</p> <p>CMSのデファクト・スタン..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報