WordPressでカスタム投稿タイプやカスタムタクソノミー(分類)を簡単に作るプラグイン「Custom Post Type UI」

Wordpressでは通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作るカスタム投稿タイプという機能があります。

また、通常のカテゴリーとは別に「カテゴリーの集まり」を作るカスタムタクソノミーという機能があります。

「Custom Post Type UI」は「カスタム投稿タイプ」や「カスタムタクソノミー」を簡単にいくつでも作成することができるプラグインがです。

他にも似たようなプラグインがたくさんありますが、「Custom Post Type UI」はカスタム投稿タイプを作成、運用する上でやりたいことが全部詰まった一番使いやすいプラグインだと思います。

スポンサーリンク

【Custom Post Type UI】プラグインの基本的な機能・できること

  1. カスタム投稿タイプの作成と埋め込みコード取得
  2. 複数のカスタム投稿タイプ作成
  3. カスタムカテゴリー(分類)の作成とコード取得
  4. 複数のカスタムカテゴリー作成
  5. 管理画面上で表示する文言の変更
  6. 作成したカスタム投稿タイプ(カテゴリー)の個別インポート/エクスポート

「カスタム投稿タイプ」なんていう言葉から敷居が高そうに見えますが、実は簡単なのが「カスタム投稿タイプ」です。サイトのコンテンツ管理がぐっと楽になりますから是非使いましょう。

それから忘れてはならないのが「UI(ユーザーインターフェース)」機能。「Custom Post Type UI」以外のプラグインでも複数のカスタム投稿タイプやカスタム分類を作成できるものはありますが、例えば投稿編集画面などに表示する固い文言(「新規投稿の追加」など)をよりサイトの性質に合った言葉に替えられるのがこのプラグインのすごいところです。

また、「Custom Post Type UI」を使ったサイト同士であれば簡単にカスタム投稿タイプの設定をエクスポートしたりインポートしたりできるのも魅力です。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Custom Post Type UI】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Custom Post Type UI】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【Custom Post Type UI】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Custom Post Type UI】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Custom Post Type UI】プラグインの基本的な使い方

有効化したら日本語化を行うと内容がすぐに理解できると思います。カスタム投稿とカスタムカテゴリーの作成手順は言葉が違うだけで特に手順に違いはありませんので、今回はカスタム投稿タイプの作り方のみ紹介します。
※翻訳された日本語と完全に一致しない言葉があるかもしれませんがご了承ください

有効化すると、管理画面の下のほうに「CPT UI」というメニューができます。
ひとまずカスタム投稿タイプを作ってみるには

  1. 「CPT UI」→「カスタム投稿タイプの追加と編集」をクリックします
  2. 「新規設定」タブで左側の項目をすべて入力します(日本語化してあれば入力方法は書くまでもないと思います)
  3. 右側の項目はひとまず無視して「カスタム投稿の追加」をクリックします

これでカスタム投稿タイプができました。このままではWordpressの中で動作しませんので、次の設定をします

  1. 「CPT UI」→「インポート/エクスポート」をクリックします
  2. 「コード取得」をクリックします
  3. 窓の中に表示されているコードをすべて選択してコピーします
  4. 管理画面から「外観」→「テーマの編集」をクリックします
  5. 表示されている一覧の中から「テーマのための関数(functions.php)」を開きます
  6. 開いたファイルの一番下(?>という閉じタグの手前)にコードを貼りつけて「更新」をクリックします

これで使用準備は完了です。
管理画面の中に設定したカスタム投稿名のリンクが出ていませんか?これが新しい「記事の集まり」です。使い方は通常の「投稿」と変わりませんので通常通り投稿を作っていきます。

カスタム投稿タイプで作った投稿は
http://サイトURL/投稿タイプ名(半角英数字)/
で投稿一覧が表示されます。
※カスタム投稿タイプを作成した際、「過去記事一覧(アーカイブ)を作る」という項目を無効にしていると投稿一覧が作成されませんので注意してください

また、カスタム分類(カテゴリー)を作ったときは、新しい投稿の集まりの中にカテゴリーというのが出てきますので、そこから設定するのですが、カテゴリーを追加するとカテゴリー内投稿一覧を表示するURLが表示されるのでそれを固定ページなどに埋め込んで使用します。

以上で基本的なカスタム投稿タイプの設定と表示が完了しました。使い勝手自体は通常の「投稿」と変わりないですが、上記手順で作ったものには投稿の作成に使う部品が足りないので、

  1. 「カスタム投稿タイプの追加と編集」から先ほど設定を飛ばした部分を設定しなおす
  2. 管理画面上に表示される項目を変更する
  3. コードを取得しなおして、先ほど貼りつけたコードに上書きする

ことでカスタマイズできます。

同じ手順を繰り返せばいくつでもカスタム投稿タイプを作成することができます。

また、カスタム分類(カテゴリー)は、使っている「投稿」や作成済みのカスタム投稿タイプにも紐づけることができますので設定画面を触ってみてください

【Custom Post Type UI】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

functions.phpの変更に失敗して不具合が発生しないようにするために

通常は新しくカスタム投稿タイプ(カスタムカテゴリー)を作ったり変更したりしたときにはテーマのfunctions.phpへ追記したり置き換えたりするのですが、特に上書きする際など以前のコードが中途半端に残っているなどの原因でサイトが表示されなくなる(管理画面も表示されなくなる)ことがあります。

カスタム投稿タイプ(カスタムカテゴリー)のコードに間違いが出ることはなく、人為的にエラーを発生させてしまうのです。

これを回避するために以下のプラグインを使うとfunctions.phpへ挿入しているコードが管理でき、貼りつけの失敗や上書きの失敗を防ぐことができます。

「Code Snippets」は、本来直接functions.phpに記述すべきコードを投稿のように個別に管理して、有効/無効の切り替えができるようにするプラグインです。

おまけ情報

カスタム投稿タイプへ今までの記事を移動させる場合には以下2つのプラグインが役立ちます

「Convert Post Types」はカスタム投稿タイプに今まで作った記事を移動させたいときに役立つプラグインです。
「Post Type Switcher」はカスタム投稿タイプに今まで作った記事を移動させたいときに役立つプラグインです。

個人的には1つ1つの投稿タイプを変更できる「post type switcher」がお勧めです。通常の投稿編集画面ではなくクイック編集でも投稿タイプの変更ができます。

別のサイトからカスタム投稿タイプの投稿を含むコンテンツを移動するときは

カスタム投稿タイプを使っているサイトから違うサイトに投稿を移動する際、インポート先とエクスポート元で環境が一致していない投稿はインポートされないという現象が発生します。そんなときは

今回初めて構造の違うサイト同士の投稿の移行をしましたが、まさかこんなところで躓くとは思いませんでした。数が少なければコピーすれば済む話かもしれませんが、htaccessを使って301リダイレクトしたいような場合にはスラグ構造が変わってしまうのは具合が悪いので、この際きっちり手順を踏んでやってみよう!!ということでさっそくトライしました。

を参考に投稿の移行を行うとスムーズです。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る