WordPressの任意のページを表示してから設定した時間経過後に別のページへ自動リダイレクトするプラグイン「Delay Redirect」

公開日:2017年5月28日 その他
Knowledge Base Wordpress プラグイン
【Delay Redirect】は表示してから一定時間経過した後自動で別のページへリダイレクトさせることができるプラグインです。

通常のリダイレクト系プラグインは、記事の一覧など別の設定画面でこのURLをこのURLへリダイレクトさせるということをしますが、【Delay Redirect】は個々の投稿編集画面に設定窓が追加され、そこに設定した時間が経過すると別のページへリダイレクトさせるという「遅延型」のリダイレクト設定ができるのが魅力です。

例えばトップページをサイトの案内ページなどにしておき、もう一つ別の固定ページで本来のトップページとなるコンテンツを用意しておき、サイトに訪れた人にサイトの案内や閲覧時の注意などを何秒か表示した後本来のトップページへ移動させるといった使い方をしたいときには便利だと思います。

こちらのページで実際の動作デモを見ることができます(サンプルサイトです)

デモページでは10秒後にトップページへリダイレクトするように設定しています

【Delay Redirect】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 一定時間経過後別のページへリダイレクトする
  2. リダイレクト先はサイト内でもサイト外でもOK
  3. 各投稿編集画面で設定できるので設定しなければリダイレクトされない

欲を言えば、リダイレクトされる前の秒数がカウントダウンする・・・なんて機能がついているとさらに便利なのでは?と思いました。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Delay Redirect】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Delay Redirect】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Delay Redirect】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Delay Redirect】プラグインの基本的な使い方

投稿や固定ページの編集画面右側に
WordPressの任意のページを表示してから設定した時間経過後に別のページへ自動リダイレクトするプラグイン「Delay Redirect」
上のような画面が追加されます。

  1. Redirect me to/時間経過後のリダイレクト先URL
  2. with delay of /リダイレクト前に表示する秒数

の2つを設定することで、表示してから設定した秒数後にリダイレクト先へ移動します。

空欄にしておけばリダイレクトされることはありません

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報