WordPressでアーカイブのスラグをユーザー名と異なるものにしてセキュリティーをアップするプラグイン「Edit Author Slug」

Wordpressには投稿などのコンテンツを作成すると、作成したユーザーが記録されるようになっています。そしてテーマを通じてユーザーごとのコンテンツ一覧が表示できるようになっています。

この作者アーカイブを実際にご覧になったことはありますか?

コンテンツの作成と同時に自動で作ってくれるので便利なのですが、実際に表示して確認した人は少ないのでは??

で、表示してみるとセキュリティに関係する重大な問題が・・・この一覧を表示したときに何とユーザー名が表示されてしまうのです。

試しに以下の方法でユーザーのコンテンツ一覧を表示してみてください。

  1. サイト表示画面(フロントエンド)上に作成者のリンクがあればクリック
  2. 「http://サイトのURL/?author=1」
  3. ※author=1の「1」はユーザーIDですので、ページが見つからないときには「2」「3」などにしてみてください

ユーザーの投稿一覧が表示されたら、上のアドレスバー(URL)の表示を見てみてください。どうなっていますか?

何も対策していなければ
「http://サイトのURL/ユーザー名
が表示されていませんか?

WordPressは汎用のサイト作成ツールですから、ログイン用のURLが「http://サイトのURL/wp-admin」が管理画面、そこにアクセスしてみてログイン画面にリダイレクトされればWordpressで作ったサイトであることが簡単に分かってしまいます。

そしてWordpressは標準の状態だと「ユーザー名」と「パスワード」の2つの要素でログインできるようになっていますから・・・

  1. ログイン画面が分かっている
  2. ユーザー名が分かっている

という状態になり、残る砦はパスワードだけという状態になってしまいます。非常に危険な状態です。

これを回避するために統合的なセキュリティプラグインが配布されていますが、それらは管理画面などバックエンドのURLを書き換えたりするものが多く、セキュリティ上は安全になったとしても、何かの不具合でこのプラグインが壊れたり、設定を誤ったりすると全くログインできなくなったり、元に戻せなくなったりすることがあります(私自身も経験があります)。

こうしたトラブルを防ぐためにはより簡単かつ安全な対策を行う必要があります。「Edit Author Slug」は単純にフロントエンドでのユーザー投稿一覧で表示されるURLを任意のものに変更し、ユーザー名の類推を防ぐことができるプラグインです。

スポンサーリンク

【Edit Author Slug】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザーの投稿一覧で使われる「ユーザー名」を別名に変更する
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Edit Author Slug】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Edit Author Slug】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Edit Author Slug】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Edit Author Slug】プラグインの基本的な使い方

権限に応じて階層を作る機能がありますが、他のスラグ(URL)との競合が発生する可能性がありますからそのままにしておいた方がいいと思います。

プラグインの使用方法

  1. ダッシュボードから「ユーザー」をクリック
  2. ユーザー名の「編集」をクリック
  3. ユーザーのプロフィールを編集

という作業を行います。

2まで進むと、ユーザーのプロフィール画面に以下のような項目が追加されます。

選択肢がありますが、「カスタム」にして空欄にフロントエンドで表示したいスラグ(ユーザー名の代わり)を入力します

変更後はテストをしましょう

変更を行った後、きちんと別名になっているかをテストしましょう。
「http://サイトのURL/?author=1」
※author=1の「1」はユーザーIDですので、ページが見つからないときには「2」「3」などにしてみてください

と入力してみて、自身のユーザー名が別名になっていれば設定完了です。

WordPressの最新バージョンはスラグ変更の問題を解決するために一度アクセスされたものをIDに変換したのちIDに紐づくスラグを抽出して表示する仕様になっています。Wordpressのバージョンやテーマによっては「投稿者」をクリックしたときエラーが出てしまうことがあります。

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る