ココナラ 困りごと

WordPressで煩わしい設定など何もなしでユーザーにメールを送れるプラグイン「Email sender」

閲覧いただきありがとうございます。当サイトのURLは変更となりました。

旧アドレス(http://happy2010.wpblog.jpで始まるアドレス)でブログなどからのリンク、お気に入り登録、RSS登録などを頂いている方は、恐れ入りますが登録の確認と変更をお願いいたします

久しぶりに「これはいいプラグインだ」というものに出会いました。

サイトへ登録しているユーザーへ簡単にメールを送信したいと思うことないですか?通常それを実現するためにはニュースレター系のプラグインを使うのが一般的ですが、設定や操作がとても面倒に感じませんか?本当に大丈夫だろうか・・・と設定とテストを繰り返し、やっとできたと送信してみたら文字化けの嵐・・・あきらめてしまったという方も多いと思います。

かくいう私もその一人です。

メールの一括送信をWordpressでやりたいけど前述したような問題があって・・・と煙が出ている方、なかなかいいプラグインありませんよね?考え方を変えてこの方法でやったらどうでしょうか??

で書いたようにパソコンのソフト使って別で作成するか、少ない宛先ならメーラーで作成した方が速いですよね?

特にコンピュータにとって扱いの難しい日本語などのマルチバイト文字はこうしたニュースレタープラグインでも同様。テストではきちんと送れたのに、実際に送信してみたら文字化けで何もわからないというプラグインもありました。

もっと単純に、もっと直観的に、ただ単にメール内容を作って宛先を指定して送信したい、他に何も機能はいらない、「Email sender」そんな方にぴったりのメール送信プラグインです。

スポンサーリンク

【Email sender】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 通常のメールソフトのように、宛先、件名、本文を入力して簡単にサイトからメールを送信できる
  2. 宛先の指定は「全員」「特定の権限」「特定のユーザー」から指定できる
  3. メールを作る/メールを送るという単機能なので煩わしい設定がない
  4. html形式ではなくプレーンテキストのメールなので文字化けの心配が少ない
  5. ファイルの添付ができる

※このプラグインには読者登録関係の機能も一切ないので、Wordpressサイトのユーザー登録をした人、または手入力した宛先のみを対象としてメールを送信することができます。

ただこのプラグインは履歴も一切残さないシンプルなものなので、履歴を残したい、送信結果を残したい方には不向きなプラグインかもしれません。前者については自身にもメールを送るようにすれば(履歴を残すためのメールアドレスを用意してユーザー登録しておくなど)いいことですし、SendGridなどの外部メールサービスを使えば送信やオープンの履歴などを見ることができますから問題ないと思います。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Email sender】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Email sender】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【Email sender】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Email sender】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Email sender】プラグインの基本的な使い方

設定項目はありません。日本語化した前提で紹介します。

メールを作成・送信するにはダッシュボードから「送信」をクリックします

1画面ですべてが完結します。

画面の通り、宛先の設定、件名の設定、本文の入力を行った後、右下の「送信」ボタンをクリックするだけです。

宛先の設定を「個別ユーザー」にすると右側に登録ユーザーの一覧がずらっと表示されるので送信したい相手をクリックしていくだけです。

メール設定時の注意点としては、複数のメールを指定した場合、その下の「受信者欄への挿入方法」の項目を必ず「個別送信」にすることです。そうしないと届いたメールのTo(宛先)欄にすべての送信先が表示されてしまいます(翻訳もそのように注意事項が追記してあります)。

一度にたくさんの宛先へメールを送信するときの注意

このプラグインは「メールを作る」→「送る」という単機能のプラグインです。宛先が少ない場合にはそのまま送信しても問題ありませんが、何百という宛先へ送信する場合にはサーバーへ相当な負荷がかかります。

また、

Wordpressで突然メールが送信されなくなったり、全くメールが送信されなかったりということありませんか?「WP Mail SMTP」はこの問題を解決し、本来使うべきメール送信サーバー(SMTPサーバー)を使ってメールを送信するプラグインです。

などサーバーのSMTP経由で送信する場合も同じように負荷がかかりますし、1時間や1日当たりのメール送信数が決まっているサーバーでは一括送信することで規約違反となり利用停止になってしまうこともあります。

これを回避するためには

【SMTP Mailing Queue】はそれに備え、設定した宛先の数を超えるメールだけを予約に、そうでないものはすぐに送信するという動作を設定できるところが秀逸だと思います(上の3の機能)。

を使ってメールの配信数をコントロールするか、

「SendGrid」の登録方法、WordpressでSendGridを使ってメールを送信する方法、メールマガジンなどを配信できるプラグインとの連携などについて紹介していきます。

で紹介しているように外部のメールサービスとの連携を検討してください。個人的にはサーバーに負荷がかからない後者をおすすめします。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Email sender】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:1.0
  5. このプラグインの最新バージョンは1.0です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

いらない機能や設定が一切ないのでWordpressサイトへの登録者へメールを送信するには本当に便利なプラグインだと思います。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る