FTPを使わずに、メディアへアップロードしたすべてのファイルを一括ダウンロードできるプラグイン「Export Media Library」

FTPを使わずに、メディアへアップロードしたすべてのファイルを一括ダウンロードできるプラグイン「Export Media Library」

WordPressサイトへ画像をアップロードすると、WordPress標準の「大(large)」「中(medium)」「小(thumbnail)」サイズの他、テーマやプラグインが便宜上設定するサイズを含め、オリジナル画像以外に複数の画像が自動で生成されます。

通常バックアップや再加工、再最適化の目的で、サイトからパソコンへダウンロードする場合には、FilezillaなどのFTPクライアントツールを使って「wp-content」→「uploads」フォルダをダウンロードするのですが、生成された画像も含まれていて、オリジナルの画像を探すのに一苦労します。

【Export Media Library】は、この不都合を解消し、WordPressの管理画面から簡単な操作をするだけで、サイトへアップロードされているオリジナルサイズの画像とファイルを一括でダウンロードできる便利なプラグインです。

【Export Media Library】プラグインの用途や機能

  • メディアにアップロードしたファイルを一括でダウンロードする
  • メディアにアップロードしたオリジナル画像のみを一括でダウンロードする
  • ダウンロード時には「年月階層」のままダウンロード、または1つのファイルにまとめてダウンロードのいずれかを選択できる

プログラムソースを確認したわけではありませんが、サードパーティプラグインが生成したフォルダ内の.zipファイルや画像以外のファイルについてはダウンロードされないようになっているようです。

この紹介記事を最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Export Media Library】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Export Media Library】は操作項目が少ないので、本記事の情報を見ていただければ、日本語化しなくても問題なく使用できます。

【Export Media Library】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

基本的な設定方法や使い方

設定項目はありません。メディアの一括ダウンロードは以下の手順で行います。

1.管理画面(ダッシュボード)から「メディア」→「Export」をクリックします

Export Media Library

2.以下の選択をして「Download Zip」ボタンをクリックします。

  1. Folder Structureで「Single Folder With all Files(すべてのファイルを1つのフォルダ内に入れる)」か「Nested Folders(アップロードされたフォルダ構造を維持する)」の選択をします
  2. Compress(圧縮するか?)の選択をします

Compress項目をYesにした場合にはサーバー側で圧縮を行うことで高負荷がかかる可能性がありますので、失敗した場合にはNoで試してみてください

ブラウザの下部にエラーメッセージが出るときは

スムーズにダウンロードが完了する寸前、ブラウザの下部画面(ダウンロード中画面)に以下のようなメッセージが表示される時があります。

…(ファイル名)は一般的にダウンロードされているファイルではなく、危害を及ぼす可能性があります。

FTPを使わずに、メディアへアップロードしたすべてのファイルを一括ダウンロードできるプラグイン「Export Media Library」|Knowledge Base

これは、プラグインのエラーではなく、ブラウザが悪意のあるファイルと誤検知していることが原因ですので、プルアップボタンをクリックして「継続」を選択すれば、問題なくダウンロードできます。

【Export Media Library】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

バージョンにより対応するPHPバージョンが異なるようです。

  • バージョン3.0.1ではPHP5.2~PHP8.0まで対応
  • バージョン3.0.0ではPHP7.2以上のみ対応
  • バージョン2.0.0以降では、PHP7.0~のみ対応

旧バージョンを使って、PHP変更を行ったテストはしていないので、本当にそのようになるのかは不明ですが、バージョン3.0.1(2021年6月12日現在での最新バージョン)をインストールすればほとんどの環境で動作すると思われます。

動作しないPHPバージョンのサイトへインストールしようとしても、WordPressの保護機能が働いてインストールできなくなっているようですので、トラブルになる可能性は低いでしょう。

最新バージョン以外をインストールをしたい場合には以下のようにします。

【Export Media Library】の過去バージョンは公式ページを開き、画面右にある「Advanced View」をクリックします

FTPを使わずに、メディアへアップロードしたすべてのファイルを一括ダウンロードできるプラグイン「Export Media Library」|Knowledge Base

遷移した画面の一番下にある「PREVIOUS VERSIONS」の下の窓に旧バージョン(PHPバージョン7.0未満の場合は1.1)を選択してダウンロードします

FTPを使わずに、メディアへアップロードしたすべてのファイルを一括ダウンロードできるプラグイン「Export Media Library」|Knowledge Base

あとはダウンロードしたプラグインを管理画面からアップロードインストールすればOKです。

サイトへの支援をお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。本記事の内容がお役に立てましたら幸いです。
今後もよりよい情報を提供し続けることができるよう、投げ銭によるサイトへの支援、およびSNSによる拡散をお願いします

作者:

☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球