WordPressで外部のURLからアイキャッチ画像を抽出するプラグイン「Featured Image From URL」

公開日:2016年10月22日 画像・動画
Knowledge Base Wordpress プラグイン
Wordpressでは本文に使う画像をURLから挿入する機能があります。この機能の延長線上として思ったのが「アイキャッチ画像もURLから挿入できないか?」ということ。「Featured Image From URL」はプラグイン名の通り、外部のサイトにある画像をURLを元にアイキャッチ画像として使うことができるプラグインです。

・・・といいところだけを見ればすごく便利と思えるこのプラグイン。使い方によっては後述する法令関係の問題もありますし、何より挿入元の画像が削除されたり変更されたりした場合には同様に自サイトの画像も入れ替わる(URL基準なので仕方ないです)ため、使用に関しては著作権等の問題がなく、永続的に使用されている画像(例えば商品の画像ならメーカーサイトなど)のみに使用するのが無難でしょう。

【Featured Image From URL】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 外部の画像URLからアイキャッチ画像を表示する
  2. 複数のアイキャッチ画像をスライド(有料オプション)
  3. 動画のキャプチャを表示(有料オプション)
  4. カスタム投稿タイプでも使用可能(条件あり)

画像には著作権や肖像権などの法律に触れる可能性がある要素が含まれます。テスト導入してみましたが、これらの法に触れる外部の画像を自身のパソコンやサーバーへ保存して公開することには当たらない(どこにも保存されず、外部URLから毎回画像を引っ張ってくる)ので、グレーゾーンではあるものの法的には問題ないと思われます。

ただし、著作権侵害については親告罪なので万が一訴えられた場合には画像を削除する、自身のサーバー内にある画像ではないことを証明する必要があります。従って、使用に際しては自己責任で行う必要があります。※私は法律家ではありませんので一切責任を負いません。

また、アクセスがある度に外部の参照先へ接続して画像を表示するため、自身のページの表示速度が画像元のサイトの速度に影響される可能性があります。また逆に相手のサーバーに負荷をかける要因になる可能性があります。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressでグラバター(Gravatar)の代わりにアップロードした画像をユーザー画像にできるプラグイン「Simple Local Avatars」

WordPressで投稿公開時に決まったアイキャッチ画像を自動で挿入するプラグイン「WordPress Auto Featured Image」

WordPressでアップロードした画像の補正が管理画面からできるプラグイン「Edik Advanced Image Editor」


【Featured Image From URL】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Featured Image From URL】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Featured Image From URL】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

設定はダッシュボードの「Featured Image From URL」から設定画面を開いて行います。

  1. Custom Post Types
  2. カスタム投稿タイプのスラグを入力し「Submit」ボタンをクリックすることでカスタム投稿タイプでも使用可能になります

  3. CSS Style
  4. カスタムCSSの設定ができます

  5. Featured Image in Content
  6. 本文の先頭に画像を挿入することができます

【Featured Image From URL】プラグインの基本的な使い方


画像のように投稿編集画面のアイキャッチ画像の下へURLの挿入ができるような窓が追加されます。ここへ画像のURLを入力して画像下の「Preview」をクリックすると、URLが正しければ画像が表示されます
※通常のアイキャッチ画像も設定できますが、プラグインが動作している間は無視されます
※リンク先の画像が削除された場合には画像は表示されません
※リンク先の画像が削除された場合で、自身のサーバー内にある画像を「アイキャッチ画像」として登録してあっても、サイト閲覧画面には壊れたファイルを表す画像が表示されます(設定してあるアイキャッチ画像が代替表示されるわけではありません)
※URLを使ってアイキャッチ画像を設定していない場合には通常のアイキャッチ画像が使用されます
※プラグインを削除した場合でもきちんとアイキャッチ画像が表示されるように、通常の設定も同時に行ったほうがいいと思います

Wordpress関連本 人気ランキング

Amazonの人気ランキング

CS Shop

楽天市場の人気ランキング

小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 初めてでもホームページがすぐ作れる!/..

小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 初めてでもホームページがすぐ作れる!/..

2,178 円 (税込)
著者星野邦敏(著) 吉田裕介(著) 羽野めぐみ(著)出版社技術評論社発行年月2019年07月ISBN9784297105556ページ数239P9784297105556内容紹介初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう!誰でもかんたんに作れる!専門知識がなくてもきれいなホームページが作れる!最新..
【中古】カンタン!WordPressでつくるビジネスサイト スマホ・パソコン両対応のHPをつくろう! 増補改訂版/ソシム/遠藤裕司 (単行本)

【中古】カンタン!WordPressでつくるビジネスサイト スマホ・パソコン両対応のHPをつくろう! 増補改訂版/ソシム/遠藤裕司 (単行本)

1,130 円 (税込) 送料込
◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが綺麗な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:遠藤裕司、伊藤みゆき発行者:ソシム発売日2016年01月
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報