Plugin "Flex Posts – Widget and Gutenberg Block" that allows you to easily create a clean post list with the block editor

ブロックエディタで簡単にきれいな投稿の一覧を作成できるプラグイン「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」

公開日:2020年5月3日 コンテンツ追加
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

固定ページや投稿内に最近の投稿の一覧を表示する際どうしてますか??もちろん知識があれば挿入するテンプレートを作ったりしてショートコードで挿入・・なんてこともできるでしょうけど、初心者の方には難しいですよね?

しかもWordpressをインストールしてびっくり!!「なんじゃこりゃ!!」と思わず叫びたくなる不思議な投稿編集画面(Gutenbergとかブロックエディタとか言います)。ただでさえ慣れるのが大変なのに加えてページの中に投稿の一覧を表示するなんて・・・と途方に暮れてしまうかもしれません(暮れない?)。

今回紹介する「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」は、恐らく私が知る同類プラグインの中で、最も簡単に投稿や固定ページへきれいな投稿一覧を表示できるおすすめプラグインです。プラグインのタイトルにもある通り、ブロックエディタ、またはウィジェットでのみ機能するプラグインですから、旧エディタでは利用できませんのでご注意を!

【Flex Posts – Widget and Gutenberg Block】プラグインの用途や機能

前述した通り、独自のウィジェット、またはGutenberg(ブロックエディタ)の独自ブロックで条件を設定して挿入・表示させます。主な機能としては

  • 「投稿」で公開している投稿の一覧を表示
  • 「固定ページ」で公開している固定ページの一覧を表示
  • 「カスタム投稿タイプ」で公開している投稿の一覧を表示
  • 「カテゴリー」「タグ」での絞り込みができる
  • 公開日・抜粋・アイキャッチ画像の各表示選択ができる
  • 「もっと見る」ボタンの設置ができる
  • あらかじめいくつかのレイアウトを選択してきれいに表示できる

といったところ。後に詳しく紹介しますが、本当に簡単に一覧作成ができて、個人的にはびっくりしました(笑)。また、その他の余分な機能が一切ないのも、「これがやりたい」派の方には魅力だと思います。

個人的にはこんな機能があったらいいなぁ・・と思うのは

  • 複数の投稿タイプから任意に選択してリスト化
  • カスタムタクソノミーへの対応

なのですが、カスタムタクソノミーについては今後対応されていくようですし、恐らく投稿タイプの任意選択もできてくるのではないかと思います(これについてはヘビーユースの場合であり、初心者の方には必要ない部分だと思いますので気にする必要はないかと思います)。

一覧の表示例

何よりどんな表示ができるのかを実際に見ていただいた方がいいと思いますので、公式ページに掲載されているスクリーンショットをいくつか載せておきます。

ブロックエディタで簡単にきれいな投稿の一覧を作成できるプラグイン「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」
ブロックエディタで簡単にきれいな投稿の一覧を作成できるプラグイン「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」
ブロックエディタで簡単にきれいな投稿の一覧を作成できるプラグイン「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」

有料テーマの機能にありそうな一覧表示が無料で、しかも簡単に表現できます

実際にこのプラグインで投稿一覧を設置してみた

ただ公式ページの例を紹介するだけでは芸がない・・ということで実際にこのプラグインを使って投稿一覧を表示させている自身管理のサイトを紹介します

※2020年5月21日現在での話ですので、閲覧いただいたときには使用していないかもしれませんので悪しからず

使用しているサイトは「保護猫モモとココ、ときどき地域猫ヤンヤンの日記」という、私がお世話のお手伝いをしている地域猫のサイトです。

※ひょっとすると直前にサイト名を変更しているので、ウェブキャッシュなどの関係で上のリンクが「がんばれ!わが町名古屋の地域猫&我が家の家ネコ日記」というタイトルになっているかもしれませんが同一サイトですのでご安心ください。

トップページ(上リンク)の中ほどにある「最近の日記」はこのプラグインを使った一覧にデザインを少々変更したものです。また、

を併用して遅延表示(フェードイン表示)をさせています。

また、このプラグインの一覧を1つだけ使って上記サイトのような表現をすることはできないので、Gutenbergエディタの「カラム」ブロックを使って3つの一覧をまとめて表示させるようにしています。今回紹介する【Flex Posts】プラグインは本当に簡単に一覧が作れるのと同時に、複数の一覧を表示させる際オフセット(何個目の新着投稿から表示するか?)も設定できるので、こういう使い方をすることができて本当に便利だと思います。

ページを開いていただいてお気づきかと思いますが、特に動作を重くするようなプラグインでもありませんので、興味のある方はチャレンジしてみてくださいね。

この紹介記事を最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

  • テストサーバー:カラフルボックスブロックエディタで簡単にきれいな投稿の一覧を作成できるプラグイン「Flex Posts – Widget and Gutenberg Block」
  • WordPressのバージョン:5.4.1
  • PHPのバージョン:7.3.11
  • テーマ:ha-Basic(オリジナルテーマ)
  • プラグインのバージョン:記事更新時のバージョン  1.6.0/最新バージョン 1.6.0

Wordpressサイトへこの情報を参考にプラグインの導入をする方へ

Wordpressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordpressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordpress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。
  • 前述したテスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Flex Posts – Widget and Gutenberg Block】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Flex Posts – Widget and Gutenberg Block】プラグインは日本語化が可能な言語ファイルが同梱されていますので、翻訳を行えば日本語での使用が可能ですが、設定項目が少ないので特に困ることはないと思います

【Flex Posts – Widget and Gutenberg Block】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

基本的な設定方法や使い方

プラグインを有効化後、投稿や固定ページの編集画面でブロックの追加ウィジェットを開くと、「Flex Posts」というブロックが出てきますのでクリックします。

すると右サイドバーに以下の項目が出てきますので、項目を設定すれば投稿一覧の作成は完了です(Gutenbergはデザインが即時反映されるので実際にいろいろ触ればお分かりになると思います)。

Generalタブ:一覧の上部に表示されるタイトルと、タイトルをクリックした時のリンク先が指定できます

Filterタブ:投稿タイプ、カテゴリー、タグでの絞り込み、並び順、表示数などが指定できます

Displayタブ:アイキャッチ画像、作者、日付、コメント数、抜粋の表示などが指定できます

並び替えの基準に更新日を使用したいときは

日記などあまり公開後にあまり更新を行わないサイトではなく、解説サイトのように頻繁に更新を行うタイプのサイトでは、更新日の新しい順で投稿の一覧を表示させたいことがあると思います。が、「Flex Posts」(バージョン1.6.0)では、並び替えの選択肢が「公開日の降(昇)順」「コメント数の多い順」「タイトル(A-Z)順」「ランダム」となっていて、「更新日の新しい(古い)順」での並び替えはできないようになっています。一応公式ページのサポートへ今後の要望としてメッセージを残させていただいていますので今後のバージョンで追加されるかもしれませんが、それほど大変なカスタマイズでもありませんので、現行バージョンで実現させたい方向けにカスタマイズ方法を紹介しておきます。

※私の提案を受け入れてくださったようで、この機能は次のバージョン以降で実装予定になりました。プラグイン作者に感謝します。

プラグインエディタから「Flex Posts」を選択し、includesfunctions.phpを開きます。

編集箇所は大きく以下の2か所です。

まずは50行目あたりにある

case 'random':
$args['orderby'] = 'rand';
break;

の下に以下のコードを挿入します。

case 'mod_oldest':
$args['orderby'] = 'modified';
$args['order'] = 'asc';
break;
case 'mod_newest':
$args['orderby'] = 'modified';
$args['order'] = 'desc';
break;
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

次に376行目付近にある

'random' => esc_html__( 'Random', 'flex-posts' ),

の下に以下のコードを挿入します

'mod_oldest' => esc_html__( 'Mod-oldest', 'flex-posts' ), 
'mod_newest' => esc_html__( 'Mod-Newest', 'flex-posts' ),

上で挿入したコードが実際に投稿の抽出に使われる条件。下で挿入したコードが選択肢をブロックエディタやウィジェットで目で見て選択できるようにするためのコードになります。

問題なくファイルの更新ができたら、投稿などでFlex Postsブロックを追加した際、「Filter」項目の並び替えの選択肢に「Mod-oldest(更新日の古い順)」と「Mod-newest(更新日の新しい順)」が追加され、これを選択した場合には、本文内のコンテンツが指示した順に入れ替わっているのが確認できればカスタマイズ完了です(ウィジェットの場合も同様に並び替え選択肢が追加されます)

※このカスタマイズで何かしらの不具合が出ても責任が持てませんので自己判断で行ってください

※プラグインで正式にこの選択肢が追加されない場合、次回以降のプラグイン更新でこの部分は毎回消えてしまいますので、更新の都度このカスタマイズが必要になります

すべてのカスタム投稿タイプを含めた一覧を出力するには

複数のカスタム投稿タイプでサイトを構築していて、トップページなどにすべての投稿タイプの新着一覧を表示したいときに使えるカスタマイズです。

こちらも前述したファイルと同じものに追記することで実現できます。

プラグインエディタから「Flex Posts」を選択し、includesfunctions.phpを開きます。

335行目付近にある

$post_types['page'] = __( 'Page', 'flex-posts' );

の下に以下のコードを追記します

$post_types['any'] = __( 'Any', 'flex-posts' );

この「any」という投稿タイプの設定は

  • アーカイブ(過去の一覧)が出力されるようになっている
  • サイト内検索結果に含めるようになっている

ものをすべて含めるというものになります(詳しくは公式コーデックスをご覧ください)。

このカスタマイズを行うと、投稿タイプの選択肢のところに「Any」というのが追加され、選択すれば上記条件を満たすすべての投稿タイプから投稿が抽出されます。

※このカスタマイズで何かしらの不具合が出ても責任が持てませんので自己判断で行ってください

※プラグインで正式にこの選択肢が追加されない場合、次回以降のプラグイン更新でこの部分は毎回消えてしまいますので、更新の都度このカスタマイズが必要になります

ここまでくるともはやこのプラグイン使う意味あるの?となってしまいそうですが、そもそもある条件の投稿を引っ張り出して表示するという機能をより簡単にできるのが「Flex Posts」というプラグインなのですから、同じ仕組みのプログラムが組める人なら自身で一から作成すればいいということでしょう。

Wordpress関連の本

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ
インプレス
WordPressは無料かつ高機能で、シェア率No.1のCMS(コンテンツ管理システム)です。その拡張性の高さから企業のホームページ制作にも利用されているほどで、ホームページで情報発信をするに当たって、個人でも本気度の高い方はWordPressを利用していることが多いです。本書はそんなWordPressの初期設定から制作、カスタマイズ、運用のノウハウまで幅広く学べる1冊です。
Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報