WordPressで外部リンクの画像などをインポートして使用するプラグイン「Import external attachments」 | Knowledge Base

WordPressで外部リンクの画像などをインポートして使用するプラグイン「Import external attachments」

Wordpressでコンテンツを作る際、自身ですべての画像や添付ファイルを用意することができないなどの理由でネット上の他のサイトにある画像やPDFなどを引用する機会があると思います。そんな時は通常「メディアの追加」で「URLから挿入」を選択して添付するのですが、添付元のサイトが閉鎖されたり、画像URLが変わったりすると表示されなくなってしまうデメリットもあります。「Import external attachments」は外部リンクになっている添付ファイルを検出し、可能な限り自サイトのメディアファイルとしてインポートするためのプラグインです。
※使用に際しては文末に書いた「個人的な感想と意見」を必ず一読ください

【Import external attachments】プラグインの基本的な機能・できること

  1. リンク挿入している外部サイトの添付ファイルをメディアへインポートできる
  2. 外部リンクになっている投稿などへ挿入されたタグを自身のメディアへのリンクへ置き換える

外部サイトの添付ファイルをリンク表示する場合、添付ファイルの表示速度は外部サイトの応答速度に依存します。リンク元のサイトの状況によっては外部リンクを開くのに時間がかかることでページの表示速度の低下を招くこともあり、また、引用元のサイトにも負荷をかける可能性があります。このプラグインはそうした不具合を解消する必要がある場合にのみ使用するようにしましょう。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Import external attachments】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Import external attachments】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Import external attachments】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Import external attachments】プラグインの基本的な使い方

ダッシュボードの「メディア」→「Import attachments」から使用します

  1. 画面を開くと、右側に外部から引用していてこのプラグインで自サイトへインポート可能と思われる添付ファイルが挿入されたコンテンツの一覧が表示されます
  2. 「Import attachments Now」というボタンをクリックするとインポートの処理が始まります

英語の説明に書かれていますが

  1. 候補の一覧に表示されるのは50コンテンツまでなので、たくさん候補がある場合にはインポート完了後「refresh the page」をクリックしてリロードしてください
  2. 20以上のコンテンツを一気に処理する場合にはサーバーに過負荷がかかったりサイトがハングアップする可能性があります

ので注意して使用してください。

【Import external attachments】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

冒頭で書いたように、「添付元のサイトが閉鎖されたり変更されたりすることによる表示の不具合対策」と言えば聞こえはいいですが、はっきり言うと、このプラグインを使って自身のサーバー内へ添付ファイルをインポートすることは、その添付ファイルを作成した人のメディアを泥棒する行為になります。使用する前にモラルとしてどうなのかを考えること、法律に違反していないかどうかをチェックするようにしましょう。

  1. 画像やPDFなどのファイルは撮影者や作成者のものです。無断で自分のパソコンやサーバーなどへ保存したり公開したりする行為は著作権法違反となることがあります
  2. 画像などに写っている被写体には肖像権があります。使用した画像などが添付された情報や画像そのものが被写体にとって不利益となる場合には肖像権の侵害や名誉毀損に当たる可能性があります

外部メディアの使用に関しては

で触れていますから読んでみてください。

中には「こんなにネットでいろいろな情報が溢れているのだからバレないだろう・・・」と安易に添付ファイル泥棒をするケースがあるかもしれませんが、デジタルだからこそ確実に証拠が残るので何らかのトラブルになった場合に言い逃れはできません。そうしたことを熟慮した上でこのプラグインは使用すべきだと思います。

外部の画像や添付ファイルを利用する際には

ホームページやブログなどへ外部の画像などをリンクとして挿入する場合は

  1. どのサイトからの引用なのかを明確に記述すること
  2. 引用元のサイト(ページ)をリンクを使って閲覧できるようにすること

が最低限のルールですし、ファイルを保存して使用する場合には引用元へ必ずコンタクトを取り使用の許可を得ることが必要です。

プラグインを作った人は違法ではないのか?

以前違法性が問われたP2P(ファイル共有)ソフトと同様、このプラグインを作った人も違法と考えられるのでは?と思う方がいるかもしれませんが、こうしたツールなりプラグインなりを制作すること自体が違法となるケースは少ないです。実際にこのプラグインのテストは私自身が所有しているサイト同士で(著作権が私にあるもの同士)行いましたから、このプラグインをそうした状況下で使用すれば何の問題もありません。要は使用する人の問題なのです。そうしたことも踏まえてこのプラグインを使用するようにしてください。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さなお店&会社のWordPress超入門〜初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 改訂2版 [ 星野 邦敏、吉田 裕介 ]

小さなお店&会社のWordPress超入門〜初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 改訂2版 [ 星野 邦敏、吉田 裕介 ]

2,138 円 (税込) 送料込
星野 邦敏、吉田 裕介 羽野 めぐみ、大胡 由紀、清水 由規 技術評論社チイサナオミセアンドカイシャノワードプレスチョウニュウモンハジメテデモアンシンオモイドオリノホームページヲツクロウカイテイニハン ホシノクニトシヨシダユウスケ ハノメグミオオゴユキシミズユキ ..
サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

3,456 円 (税込) 送料込
<p>プラグインの開発から運用までを網羅</p> <p>※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</p> <p>CMSのデファクト・スタン..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る