WordPressで日本語にも対応している自動キーワードリンクプラグイン「Internal Link Building」

閲覧いただきありがとうございます。当サイトのURLは変更となりました。

旧アドレス(http://happy2010.wpblog.jpで始まるアドレス)でブログなどからのリンク、お気に入り登録、RSS登録などを頂いている方は、恐れ入りますが登録の確認と変更をお願いいたします

記事の中に含まれる文字に対して自動でリンクを張ってくれるプラグインはたくさんありますが、日本語のようにマルチバイト文字に対応しているものはなかなかありません。今まで「WP Keyword Link」を使用していましたが、Wordpress公式サイトから外されてしまったようですので今後のバージョンアップは望めません。
そこでいろいろ検索してテストして見つけたのが、「Internal Link Building」。このプラグインはWordpressの公式サイトにアップされているものの中で、私の知る限り唯一の日本語対応自動キーワードリンクプラグインです。

スポンサーリンク

【Internal Link Building】プラグインの基本的な機能・できること

  1. キーワードに該当する文字や文章に自動で別記事へのリンクを張る
  2. 設定は「キーワード」とリンク先URLのみ
  3. リンク先は同一ページと別ページの選択ができる

基本的には「WP Keyword Link」と動作は同じですが、「WP Keyword Link」にある類似記事の表示機能はありません。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Internal Link Building】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Internal Link Building】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Internal Link Building】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Internal Link Building】プラグインの基本的な使い方

設定は管理画面から「設定」→「internal linking」をクリックして行います。

  1. 「keyword」と「URL」に入力することで、今までの記事すべてに自動リンクが張られる
  2. キーワードに曖昧検索を適用しない(完全一致のみ)場合は、「exact match」にチェックを入れる
  3. URLを「|(縦棒)」で区切ることで、1つのキーワードを異なるURLへランダムにリンクさせることができる
  4. キーワードを「|(縦棒)」で区切ることで、複数のキーワードを同一のURLへリンクさせることができる

ということです。結構便利ですね

※設定の中にWords 「Between/before/after」の欄がありますが、おそらく前後の文字も含めて曖昧検索するという機能のようです。テストでは上手く動作しませんでした。

※Use Nofollow?にチェックを入れるとリンク先をクローラーが巡回しないようになります。内部リンクスパムと判断されることを気にする場合にはチェックを入れたほうがいいかもしれません

※Open in New Window?にチェックを入れるとリンクをクリックしたとき新しいウインドウやタブでリンク先が表示されます

※Times は同じ記事内に複数の同一キーワードがある場合、先頭からいくつのキーワードに対して自動的にリンクさせるかを設定する数字を入れます。「General Option」にも同じ項目がありますが、ここに数字を入れるとすべてのリンクに適用されるようです。設定しないとリンクだらけになってしまうことも考えられるので、「General Option」に最大数で5程度を入れておき、個々のリンクは3にするなどしていざ設定し忘れたときのために備えておくといいかと思います。

プラグイン検索で探すときは、アイキャッチ画像付のプラグインの方を選択するか、一度プラグインページを開いてスラグが「internal-link-building-plugin」となっているものを選びましょう。

似たプラグインに「Internal Link Building」という同名のプラグインがありますが、全く別物です。

Internal Link Building is SEO plugin which increase hits on your website.

URLがseo-internal-link-buildingとなっています。

【Internal Link Building】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

同じように日本語での自動リンクが作れるプラグインに「WP Keyword Link」があります。

用語集へのリンクや関連記事へのリンク機能は、無料ブログにはなく、固定サイトでは実装しにくいもの。これを簡単に実装することができるプラグインが「WP Keyword Link」です。おそらく同様のプラグインで日本語対応しているのはこれしかないと思われます。

※このプラグインは2016年7月現在公式プラグインから削除されています。

※内緒話ですが、この類のプラグインは調べた限りでは「Internal Link Building」と「WP Keyword Link」だけです。「WP Keyword Link」は現在ダウンロードできなくなっていますが上記のページでファイルもアップしてあります

英語で書いてある説明書きの意味

The following is a list of all global keywords. These can be overwritten on individual posts.
下の一覧はすべてのキーワードリンク用リストです。これらのキーワードをリンクとして上書きします。
To remove a keyword, just delete the keyword. The entire entry will be removed.
このリストから削除した場合にはキーワードでのリンクが解除されます
By default the keyword “dog” will match “dog” and “Dog.” To disable this behavior, select “exact match.”
“dog”というキーワードは”dog”や”Dog.”なども同一に扱われます。完全一致させる場合には”exact match.”にチェックを入れます
If you only want to link a keyword a certain number of times in a post, you may set this using the “Times” option.
同じ記事内に複数の同一キーワードがある場合、先頭からいくつのキーワードに対して自動的にリンクさせるかを設定するには”Times”オプションを使います。
If you would like a keyword to randomly link to one of several URLs, separate each URL with a bar ‘|’.
1つのキーワードに対してランダムな記事へのリンクをする場合には、URL欄に複数のURLを入力し、間に’|(縦棒)’記号を入れてください
If you would like to link multiple keywords to a URL, separate each keyword with a bar ‘|’. (Times will refer to each keyword not all combined.)
複数のキーワードに対して同じ記事へリンクさせたい時は、キーワードの間に’|(縦棒)’記号を入れてください

このプラグインも更新されていないようです

個人的には内部リンクが自動で作れて日本語などのマルチバイト文字に対応しているこのプラグインは大変重宝するのですが、残念ながら「WP Keyword Link」と同様2016年7月現在でプラグインのアップデートは2年以上されていません。このままだとこのプラグインも公式から外される可能性があります。勝手に再配布していいものかどうか迷いましたが自分用という意味も込めてファイルをダウンロードできるようにしておきました。

こちらをクリックしてダウンロードしてください

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る