Automatic keyword link plug-in "Internal Link Building" that supports Japanese in Wordpress

WordPressで日本語にも対応している自動キーワードリンクプラグイン「Internal Link Building」

公開日:2015年12月15日 アクセスアップ/PV数改善
Knowledge Base リンク
記事の中に含まれる文字に対して自動でリンクを張ってくれるプラグインはたくさんありますが、日本語のようにマルチバイト文字に対応しているものはなかなかありません。今まで「WP Keyword Link」を使用していましたが、Wordpress公式サイトから外されてしまったようですので今後のバージョンアップは望めません。
そこでいろいろ検索してテストして見つけたのが、「Internal Link Building」。このプラグインはWordpressの公式サイトにアップされているものの中で、私の知る限り唯一の日本語対応自動キーワードリンクプラグインです。

※2019年8月13日追記
最近更新が再開されたようでバージョン1.2.1をインストールしてみましたが、マルチバイト文字(日本語)のキーワードに対してリンクが張られなくなってしまったようです。内緒ですが日本語に使えるバージョン1.1をこのページの最後の方でダウンロードできるようにしてありますので、日本語のキーワードに自動リンクを張りたいという方はそちらを使ってみてください。

【Internal Link Building】プラグインの用途や機能

  1. キーワードに該当する文字や文章に自動で別記事へのリンクを張る
  2. 設定は「キーワード」とリンク先URLのみ
  3. リンク先は同一ページと別ページの選択ができる

基本的には「WP Keyword Link」と動作は同じですが、「WP Keyword Link」にある類似記事の表示機能はありません。

WordPressで訪問者が任意の言語へ変更できるようにする翻訳プラグイン「GTranslate」 

WordPressでサイドバーに閲覧しているページのQRコードを表示するプラグイン「WP QR Code Generator」

WordPressで404エラー発生時にトップページへリダイレクトするプラグイン「404 Redirection」


この紹介記事を最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

  • テストサーバー:カラフルボックスWordPressで日本語にも対応している自動キーワードリンクプラグイン「Internal Link Building」
  • WordPressのバージョン:5.2.2
  • PHPのバージョン:7.3.6
  • テーマ:ha-Basic(オリジナルテーマ)
  • プラグインのバージョン:記事更新時のバージョン  1.2.1/最新バージョン 1.2.1

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
  • 無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)
  • この記事を参考にしてプラグインの導入を行われた方はページ末尾のコメント(使用した感想)への協力をお願いします

【Internal Link Building】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Internal Link Building】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Internal Link Building】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

基本的な設定方法や使い方

設定は管理画面から「設定」→「internal linking」をクリックして行います。

  1. 「keyword」と「URL」に入力することで、今までの記事すべてに自動リンクが張られる
  2. キーワードに曖昧検索を適用しない(完全一致のみ)場合は、「exact match」にチェックを入れる
  3. URLを「|(縦棒)」で区切ることで、1つのキーワードを異なるURLへランダムにリンクさせることができる
  4. キーワードを「|(縦棒)」で区切ることで、複数のキーワードを同一のURLへリンクさせることができる

ということです。結構便利ですね

※設定の中にWords 「Between/before/after」の欄がありますが、おそらく前後の文字も含めて曖昧検索するという機能のようです。テストでは上手く動作しませんでした。

※Use Nofollow?にチェックを入れるとリンク先をクローラーが巡回しないようになります。内部リンクスパムと判断されることを気にする場合にはチェックを入れたほうがいいかもしれません

※Open in New Window?にチェックを入れるとリンクをクリックしたとき新しいウインドウやタブでリンク先が表示されます

※Times は同じ記事内に複数の同一キーワードがある場合、先頭からいくつのキーワードに対して自動的にリンクさせるかを設定する数字を入れます。「General Option」にも同じ項目がありますが、ここに数字を入れるとすべてのリンクに適用されるようです。設定しないとリンクだらけになってしまうことも考えられるので、「General Option」に最大数で5程度を入れておき、個々のリンクは3にするなどしていざ設定し忘れたときのために備えておくといいかと思います。

プラグイン検索で探すときは、アイキャッチ画像付のプラグインの方を選択するか、一度プラグインページを開いてスラグが「internal-link-building-plugin」となっているものを選びましょう。

似たプラグインに「Internal Link Building」という同名のプラグインがありますが、全く別物です。

URLがseo-internal-link-buildingとなっています。

【Internal Link Building】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

同じように日本語での自動リンクが作れるプラグインに「WP Keyword Link」があります。

※このプラグインは2016年7月現在公式プラグインから削除されています。

※内緒話ですが、この類のプラグインは調べた限りでは「Internal Link Building」と「WP Keyword Link」だけです。「WP Keyword Link」は現在ダウンロードできなくなっていますが上記のページでファイルもアップしてあります

英語で書いてある説明書きの意味

The following is a list of all global keywords. These can be overwritten on individual posts.
下の一覧はすべてのキーワードリンク用リストです。これらのキーワードをリンクとして上書きします。
To remove a keyword, just delete the keyword. The entire entry will be removed.
このリストから削除した場合にはキーワードでのリンクが解除されます
By default the keyword “dog” will match “dog” and “Dog.” To disable this behavior, select “exact match.”
“dog”というキーワードは”dog”や”Dog.”なども同一に扱われます。完全一致させる場合には”exact match.”にチェックを入れます
If you only want to link a keyword a certain number of times in a post, you may set this using the “Times” option.
同じ記事内に複数の同一キーワードがある場合、先頭からいくつのキーワードに対して自動的にリンクさせるかを設定するには”Times”オプションを使います。
If you would like a keyword to randomly link to one of several URLs, separate each URL with a bar ‘|’.
1つのキーワードに対してランダムな記事へのリンクをする場合には、URL欄に複数のURLを入力し、間に’|(縦棒)’記号を入れてください
If you would like to link multiple keywords to a URL, separate each keyword with a bar ‘|’. (Times will refer to each keyword not all combined.)
複数のキーワードに対して同じ記事へリンクさせたい時は、キーワードの間に’|(縦棒)’記号を入れてください

このプラグインも更新されていないようですプラグインの更新は再開されたようですが・・・

個人的には内部リンクが自動で作れて日本語などのマルチバイト文字に対応しているこのプラグインは大変重宝するのですが、残念ながら「WP Keyword Link」と同様2016年7月現在でプラグインのアップデートは2年以上されていません。このままだとこのプラグインも公式から外される可能性があります。勝手に再配布していいものかどうか迷いましたが自分用という意味も込めてファイルをダウンロードできるようにしておきました。

いつ頃からかは不明ですが、少し前にこのプラグインの更新が再開されたようです。ヤッターーということで早速テストしてみたものの、日本語(マルチバイト)のキーワードに反応してくれなくなってしまったようです。

更新後のテストで日本語に反応しなかったのはバージョンは1.2.1です。

日本語にも反応する旧バージョン(1.1)を使いたい方はこちらからダウンロードできますので利用してみてください。

ちなみにバージョン1.1を以下の環境で有効化したところきちんと動きましたので、恐らく使用に際してしばらくは問題ないかと思いますが、環境によるところはあると思いますのでエラーが発生したときには各自で対処してください

  • WordPressのバージョン:5.2.2
  • PHPバージョン:7.3
  • 使用サーバー:カラフルボックス

※データベースの種別やバージョンは動作要件とは関係ないと思いますので割愛します

このページを紹介いただいているサイト

 インターネットの世界はネットワークが命。私の拙いページをご紹介いただいているありがたいサイト様へ少しでも恩返しを・・ということでサイトへのリンクを張らせていただきます。ぜひご覧ください。

※Google Analyticsでのリファラアクセスデータを元にリンクさせていただいております(リンクを張っていただいている方でも本ページへアクセスのないサイト様は残念ながら掲載できておりません)

※リンクを張っていただいているサイト様でも長期間本ページへのアクセスがない場合にはリンクを解除させていただく場合があります

このプラグインの脆弱性に関する情報

プラグインはWordpressで作ったサイトを簡単に充実させることができる魔法の追加機能ですが、それを狙って悪意のあるコードを挿入したり、情報を盗み取ったり、最悪の場合はサイトを壊す、乗っ取るといった行為を行う入り口になってしまう可能性があります(これを脆弱性といいます)。

ここではこのプラグインに関して【WPScan脆弱性データベース】で脆弱性が確認されている情報を紹介します。お使いのプラグインのバージョンに該当する情報がある場合には、対策済みのバージョンへ更新する対策が取られていないようであれば別のプラグインの利用を検討するなどの対応をおすすめします。

脆弱性情報一覧

英語サイトからの取得データのため、一覧は英語表示、リンク先も英語ページとなりますので、英語が苦手という方は、同時翻訳が可能なブラウザを使用して閲覧してください
よく出てくる脆弱性警告と簡単な解説・参考サイト
※個人的な理解や解釈ですので、より詳しい内容についてはご自身でお調べください

Cross-Site Scripting (XSS)

フロントエンドから入力などを行うことができるサイトで、フォームに悪質なコードを仕込み、さまざまな方法でログイン情報などを盗み取る行為。より詳しい情報は以下のサイトを見てください(英語サイトです)

SQL Injection

何かを入力して条件などを設定する機能に対して悪意を持って条件を入力することで改ざんを行ったり、情報を盗み取ったりされる可能性を示す警告のことです。

WPScan脆弱性データベースの概要

以下WPScanに掲載されている概要の引用文です。WPScanの詳細はこちらを参照ください。

WPScanは、非営利目的の無料のブラックボックスWordPress脆弱性スキャナーであり、セキュリティの専門家やブログの管理者がサイトのセキュリティをテストするために作成されています。

WPScan脆弱性データベースを使ったセキュリティスキャンプラグイン

WPScanへの登録(無料)が必要ですが、現在サイトにインストールされているプラグインやテーマに関して他者から攻撃を受ける可能性があるか(安全なものかどうか)を管理画面からチェックできます。

プラグインの使用感や使用している環境など情報をお待ちしております

最後までご覧いただきありがとうございました。いかがでしたか?この記事は役に立ちましたか??

ページの末尾にはコメント欄を用意しております。貴サイトで使用したときの感想や環境などの情報をお寄せいただけると、このプラグインに興味を持った方への有用な情報となりますので、ぜひ情報提供をお願いします。

  • 基本的にいただいた情報への返信は行いませんのでご了承ください
  • プラグインの不具合・使用に関する質問、このページで紹介している内容に関する問い合わせにはお答えしていません
  • 誹謗中傷などこのページに不相応と思われるコメントについては公開を控えさせていただく場合があります

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消、プラグインの使用方法などのご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。

※お問い合わせ内容により有料での対応となる場合がありますのでご了承の上ご相談ください

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報


プラグインを使用した感想

他の方の参考になるよう記事の感想やプラグインの使用感などをお寄せください(プラグインの使い方やカスタマイズ方法についてのコメントは受け付けていませんので送信いただいても返信は致しません)

名前・メールアドレスは必須入力項目ですが、メールアドレスは公開されません。また、メールアドレスはコメントに対する通知等に使用する以外の用途には使用しませんので安心して入力ください。※記事に相応しくないと思われるものは公開しない場合がありますのでご了承の上投稿ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)