管理画面へアクセスしなくても、プラグインの更新バージョンがあることをメールで知らせてくれる「Mail On Update」

管理画面へアクセスしなくても、プラグインの更新バージョンがあることをメールで知らせてくれる「Mail On Update」

自分で管理しているサイトで定期的に管理者としてログインするサイトなら、プラグインの更新があればログインした際に確認することができますが、公私問わず誰かに頼まれて作成したサイトでは、最初の数件はたまにチェックできるものの、増えてくるとなかなかそうもいきません。

かといって、普段管理している人に更新するようにお願いしてしまうと、更新によって大きく内容が変わってしまう場合もあり、レイアウトが崩れたり、機能しなくなったりしてしまうこともあり、「いつどのように更新したのか?」が不明なことも相まって対応が大変になることがあると思います。

今回紹介する「Mail On Update」を使うと、管理者権限のユーザーとして登録をし、簡単な設定をしておけば、サイトへログインすることなくプラグインの更新があることをメールで通知してくれるようになります。

定期巡回しなくても済むので、複数のサイトを管理している方や、業として(クライアントへ)WordPressを使ったサイト制作をされていて、公開後の保守も請け負っている方には重宝するプラグインだと思います。

【Mail On Update】プラグインの用途や機能

このプラグインは、管理者権限を持つ任意のユーザーに対して、インストール済プラグインに更新バージョンがあった際に、メールで通知してくれるだけの単機能プラグインです。

自動更新したりといった複雑な機能がなく、単純にお知らせしてくれるだけなので、逆に便利なプラグインなのではないかと思います。

このプラグインを使ってメール通知を受けるには、あらかじめ当該サイトへ管理者としてユーザー登録していることが必要です。

本ページを最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

この紹介記事作成にあたって、試用(テスト)を行った環境と当時のプラグインバージョンは以下の通りです

  • テストサーバー:カラフルボックス
  • WordPressのバージョン:5.8.3
  • PHPのバージョン:7.4.6
  • テーマ:HABONE(オリジナルテーマ)
  • プラグインのバージョン:本記事で紹介しているバージョン5.4.13/最新バージョン 5.4.13
  • 公式サイト(wordpress.org上):https://wordpress.org/plugins/mail-on-update/
  • 公式サイト(作者サイト):

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Mail On Update】プラグインの設定画面や表示画面の日本語化と翻訳

【Mail On Update】プラグインは設定項目が少ないため特に翻訳しなくても設定できると思います。

【Mail On Update】プラグインのインストールと設定方法

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

基本的な設定方法と使用方法

設定は、サイトの管理画面から「設定」→「Mail On Update」をクリックして行います。

管理画面へアクセスしなくても、プラグインの更新バージョンがあることをメールで知らせてくれる「Mail On Update」|Knowledge Base

上のような設定画面が表示されますので、下段の「Available recipients」欄に管理権限を持つユーザーが表示されるので、メール通知を受けるユーザーを選択して「Add」ボタンをクリック後、「Save」ボタンをクリックします。

複数ユーザーの登録が可能です

「Selected recipients」欄に表示されているユーザーで、通知を受け取る必要がない場合は、通知不要なユーザーを選択して「Remove」ボタンをクリックすることで、簡単にメール通知を解除できます。

上の「Selected recipients」に誰も指定されていない場合には、管理者メールアドレス(「設定」→「一般設定」で登録されているメールアドレス)へ通知が届くようになっている点に留意して設定しましょう

また、「Send only one notification per update」にチェックを入れることで、更新のメールを1回だけにすることができます。

チェックを外すと、このプラグインが確認するたびに同じプラグインの更新情報がメール通知されます

その他、通知から除外するフィルタ機能などもありますので、必要に応じて設定していけばよいでしょう。

以下は実際にこのプラグインを通じて届いたメールです。

管理画面へアクセスしなくても、プラグインの更新バージョンがあることをメールで知らせてくれる「Mail On Update」|Knowledge Base

英語表記ですが、どのサイトのどのプラグインにどんなバージョンへの更新があるかが分かって便利です。

このページの更新履歴

更新日更新内容
2021年 2月18日「【WordPress】プラグインの更新バージョンがあることをメールで知らせてくれる「Mail On Update」」の記事を公開しました
2022年 1月13日テストしたWordPressバージョン情報の更新、内容の補足をしました
  • 世界一やさしいプラス WordPress 5.x 対応 (インプレスムック)
  • 世界一やさしいプラス WordPress 5.x 対応 (インプレスムック)

    インプレス

    専門的な難しい知識が無くても、カッコイイWebサイトが作れる「WordPress」を、大きな文字と画面でわかりやすく解説する「世界一やさしい」シリーズから発売! レンタルサーバーや独自ドメインの取得、WordPressのインストールから、手順の通りに進めるだけで、映えるWebサイトが作れてしまう♪ お店や会社の宣伝や集客に当たり前になっていますが、まだ無い人は今こそチャレンジするのも良いのでは? 基本が学べる本誌は入門書として最適です!

作者:

☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、このサイトでも使用している【HABONE】テーマの制作と配布を行っています。
☆「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行なども行っています。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球