WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

PHPのバージョンアップで現在WordPressで使用しているプラグインが使えるかを検査できるプラグイン「PHP Compatibility Checker」

公開日:2017年10月8日 その他 バックエンド(管理)


バージョンがアップするたびにプログラムの処理速度が向上するPHP。PHPはWordpressの中ではデータベースからデータを引っ張り出して加工してホームページの表示言語であるhtml形式として書き出すための必須のプログラムです。

ページの処理速度が上がるということは速くページが表示されるということで、これはGoogleなどの検索エンジンでもサイトやページの評価基準として採用されているので、気になる人は多いはず。

そこへレンタルサーバーから「PHPの〇〇バージョンが利用できるようになりました」といったメールが来て何の気なしにバージョンアップしたらサイト表示どころか管理画面すら開けなくなってしまうなんていうこともあります。

これはPHPのバージョンが上がることで今まで使えていた関数が使用できなくなることで、処理途中で止まってしまう現象。Wordpressの本体プログラムではこういうことはまず起こりませんが、古いプラグインや古いテーマなどでは起こることがよくあります。

今回紹介する【PHP Compatibility Checker】は今のままPHPのバージョンを変更した際に動作不良が起こる可能性があるプラグインやテーマをチェックしてくれるプラグインで、これを使うことで変更後の不具合予測をすることができます。

ただし、このプラグインが行うのはPHPコードのチェックだけなので、バージョンアップによって他の問題が発生して何かが表示されなくなったりすることはありますから、これで万全!!というプラグインでないことは承知の上で使用しましょう。

【PHP Compatibility Checker】プラグインの基本的な機能・できること

  1. PHPバージョンの違いによりプラグインなどのプログラムが動作するかをチェック

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【PHP Compatibility Checker】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【PHP Compatibility Checker】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【PHP Compatibility Checker】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【PHP Compatibility Checker】プラグインの基本的な使い方

設定項目はありません

ダッシュボードから「ツール」→「PHP Compatibility」を開いて起動します

Scan Options項目で
PHP Version・・・試験するPHPのバージョン
Plugin / Theme Status・・・Only scan active plugins and themes(有効化されているものだけチェック)またはScan all plugins and themes(インストールされているだけのものも含めてチェック)するかを選択します

を選択し「Scan Site」をクリックします。

チェックが完了すると下に結果が表示されます

上の画像はテストサイトにおいてPHP7の環境で使えるかというチェックをした結果です。

残念ながら?今インストールしているプラグインでは動作不良が懸念されるものはありませんでした。懸念されるプラグインやテーマは黄色などで表示され、簡単な理由も英語で表示されます。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【PHP Compatibility Checker】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.7.5
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:1.4.3
  5. このプラグインの最新バージョンは1.5.0です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

PHPに限らずメジャーアップデート(プログラムの先頭番号が変わる更新)では古い関数やセキュリティ上問題のある構文などについて使用できなくなることがあるのでそれをチェックするにはいいプラグインです。

ただ前述したようにプログラム内のチェックをしたから完全に動作するかというとそうでもないようですのであくまでも目安として使うといいと思います。

ちなみにテスト環境以外でやってみたところ「CS Shop」というプラグインで同じPHP7.0を使用している環境でもAというサイトでは完全動作し、Bというサイトでは動作はする(エラーは出ない)もののショートコードで商品の一覧が表示されない(完全に動作しない)現象が発生しました。このとき【PHP Compatibility Checker】では問題ありませんでしたからこのプラグインが完全ではないということの例として挙げておきます。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】