WordPressでプラグインの詳細情報をショートコードで投稿や固定ページなどへ表示することができる「Plugin All Info」

あまり利用シーンはないと思いますが、プラグインの紹介ページを作ったり、Wordpressを使ったサイトのつくり方などを紹介する際などに「現在のプラグインの情報」がリアルタイムで表示できないか?を可能にするプラグインが「Plugin All Info」です。

スポンサーリンク

【Plugin All Info】プラグインの基本的な機能・できること

WordPress.org(WordPress公式サイト)上で発表されている以下の詳細情報をショートコードで投稿や固定ページなどへ表示することができます。

  1. プラグインのバージョン
  2. プラグインの作者と作者サイトへのリンク
  3. インストール数
  4. ダウンロード数
  5. 評価
  6. アドオン
  7. 変更履歴
  8. ダウンロードリンク
  9. 寄付のリンク
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Plugin All Info】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Plugin All Info】プラグインは設定項目がないので特に必要ないと思います

【Plugin All Info】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Plugin All Info】プラグインの基本的な使い方

ショートコードを使って以下の中から欲しい情報を引き出します。基本コードは
[plugin-all-info plugin=’プラグイン名’ para=’パラメーター’]

  1. プラグインのバージョン/パラメーター:version
  2. プラグインの作者と作者サイトへのリンク/パラメーター:author  /パラメーター:author-profile
  3. インストール数/パラメーター:active-installs
  4. ダウンロード数/パラメーター:downloaded
  5. 評価/パラメーター:rating  /パラメーター:number-ratings   /パラメーター:star-ratings
  6. 統計/パラメーター:added
  7. 変更履歴/パラメーター:changelog
  8. ダウンロードリンク/パラメーター:download-link
  9. 寄付のリンク/パラメーター:donate_link

※プラグイン名の部分は、Wordpress.org(WordPress公式サイト)上のプラグイン名に表示されているもの、プラグインインストール後に一覧で表示されているものなどから設定してきちんと表示されるか確認する必要があります。

※カスタムフィールドなどを使ってプラグイン名などを入力し、ショートコードで呼び出せば記述ミスが防げるようになります

エラーメッセージを表示しないようにする方法

当サイトで紹介しているプラグインの紹介記事にもこのプラグインで引いた値を使っています(次の「プラグインの最新情報と公式ページ」の情報など)。できるだけ詳細な情報をお伝えしたく使っているのですが、プラグイン名を間違うと表示画面先頭にエラー文が表示されるようになっています。エラーメッセージはコンテンツを作成したり編集したりして確認する際には便利なのですが、ちょっとした不安が・・・

  1. WordPress APIが利用できない場合にはどうなるのか?
  2. パラメーターの内容(プラグイン名)が間違っている場合にはどうなるのか?
  3. プラグインの紹介ページ自体が削除されている場合にはどうなるのか?

2は作成時に確認すれば済むとして、1と3、特に3に関して使っていたプラグインが公式ページから削除されることがまあまああるのでそのプラグインの紹介ページがエラーメッセージだらけになったら・・・。ということで、情報が引けないのでその欄は非表示になってしまいますが、エラーメッセージは絶対表示したくないので一応対処を。

このプラグインはWordpress APIからの情報を正常に引けないとき、表示画面のタイトル直下に
Sorry, unable to connect WordPress API.
という文字が表示されるようになっています。以下の部分をプチ改造すれば非表示にすることができます

  1. 「プラグイン」→「プラグイン編集」から「Plugin All Info」を選択します。
  2. だいたい200行目位に以下のようなコードがあります(正常にデータが引けない場合の設定です)
  3. else {
     	echo "<p> Sorry, unable to connect WordPress API.</p>";
     }
  4. この中のecho “

    Sorry, unable to connect WordPress API.

    “;という記述を単純に削除します

簡単に言えば、エラー時にSorry, unable to connect WordPress API.というメッセージを表示しなさいというところを削除するわけです。これでエラー時にはメッセージが非表示になり、無意味な空白もできません。

もちろん別のメッセージを出したい場合などはここを書き換えればOKですが、エラーが出た分だけ表示されるので注意が必要です。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスタ-できる /ソシム/エ・ビスコム・テック・ラボ (単行本)

【中古】WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスタ-できる /ソシム/エ・ビスコム・テック・ラボ (単行本)

351 円 (税込) 送料込
◆◆◆ディスク有。中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:エ・ビスコム・テック・ラボ発行者:ソシム発売日2010年09月
WordPressによるウェブアプリケーション開発 [ Rakhitha Nimesh Ratnayake ]

WordPressによるウェブアプリケーション開発 [ Rakhitha Nimesh Ratnayake ]

4,104 円 (税込) 送料込
Rakhitha Nimesh Ratnayake プライム・ストラテジー オライリー・ジャパンワードプレスニヨルウェブアプリケーションカイハツ ラーキサ ニーメシュ ラーネヤク プライム ストラテジー 発行年月:2014年11月26日 予約締切日:2014年11月25日 ページ数:364p サイズ:単行本 I..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る