WordPressでプラグインの詳細情報をショートコードで投稿や固定ページなどへ表示することができる「Plugin All Info」

公開日: 更新日: コンテンツ追加
Wordpressプラグインのアイキャッチ




あまり利用シーンはないと思いますが、プラグインの紹介ページを作ったり、Wordpressを使ったサイトのつくり方などを紹介する際などに「現在のプラグインの情報」がリアルタイムで表示できないか?を可能にするプラグインが「Plugin All Info」です。

【Plugin All Info】プラグインの基本的な機能・できること

WordPress.org(WordPress公式サイト)上で発表されている以下の詳細情報をショートコードで投稿や固定ページなどへ表示することができます。

  1. プラグインのバージョン
  2. プラグインの作者と作者サイトへのリンク
  3. インストール数
  4. ダウンロード数
  5. 評価
  6. アドオン
  7. 変更履歴
  8. ダウンロードリンク
  9. 寄付のリンク
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Plugin All Info】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Plugin All Info】プラグインは設定項目がないので特に必要ないと思います

【Plugin All Info】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Plugin All Info】プラグインの基本的な使い方

ショートコードを使って以下の中から欲しい情報を引き出します。基本コードは
[plugin-all-info plugin='プラグイン名' para='パラメーター']

  1. プラグインのバージョン/パラメーター:version
  2. プラグインの作者と作者サイトへのリンク/パラメーター:author  /パラメーター:author-profile
  3. インストール数/パラメーター:active-installs
  4. ダウンロード数/パラメーター:downloaded
  5. 評価/パラメーター:rating  /パラメーター:number-ratings   /パラメーター:star-ratings
  6. 統計/パラメーター:added
  7. 変更履歴/パラメーター:changelog
  8. ダウンロードリンク/パラメーター:download-link
  9. 寄付のリンク/パラメーター:donate_link

※プラグイン名の部分は、Wordpress.org(WordPress公式サイト)上のプラグイン名に表示されているもの、プラグインインストール後に一覧で表示されているものなどから設定してきちんと表示されるか確認する必要があります。

※カスタムフィールドなどを使ってプラグイン名などを入力し、ショートコードで呼び出せば記述ミスが防げるようになります

エラーメッセージを表示しないようにする方法

当サイトで紹介しているプラグインの紹介記事にもこのプラグインで引いた値を使っています(次の「プラグインの最新情報と公式ページ」の情報など)。できるだけ詳細な情報をお伝えしたく使っているのですが、プラグイン名を間違うと表示画面先頭にエラー文が表示されるようになっています。エラーメッセージはコンテンツを作成したり編集したりして確認する際には便利なのですが、ちょっとした不安が・・・

  1. WordPress APIが利用できない場合にはどうなるのか?
  2. パラメーターの内容(プラグイン名)が間違っている場合にはどうなるのか?
  3. プラグインの紹介ページ自体が削除されている場合にはどうなるのか?

2は作成時に確認すれば済むとして、1と3、特に3に関して使っていたプラグインが公式ページから削除されることがまあまああるのでそのプラグインの紹介ページがエラーメッセージだらけになったら・・・。ということで、情報が引けないのでその欄は非表示になってしまいますが、エラーメッセージは絶対表示したくないので一応対処を。

このプラグインはWordpress APIからの情報を正常に引けないとき、表示画面のタイトル直下に
Sorry, unable to connect WordPress API.
という文字が表示されるようになっています。以下の部分をプチ改造すれば非表示にすることができます

  1. 「プラグイン」→「プラグイン編集」から「Plugin All Info」を選択します。
  2. だいたい200行目位に以下のようなコードがあります(正常にデータが引けない場合の設定です)
  3. else {
     	echo "<p> Sorry, unable to connect WordPress API.</p>";
     }
    【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

    この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

    使用については自己責任でお願いします

    コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

    万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

    コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

    コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

    その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

    1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
    2. 半角にすることで解消できます
    3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
    4. 半角にすることで解決できます
    5. 上のようなことがないのに更新できない
    6. 特に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。

    コードを転載する場合には

    ご自身のサイトで当ページのコードを転載される場合には必ず当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

  4. この中のecho “

    Sorry, unable to connect WordPress API.

    “;という記述を単純に削除します

簡単に言えば、エラー時にSorry, unable to connect WordPress API.というメッセージを表示しなさいというところを削除するわけです。これでエラー時にはメッセージが非表示になり、無意味な空白もできません。

もちろん別のメッセージを出したい場合などはここを書き換えればOKですが、エラーが出た分だけ表示されるので注意が必要です。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
たった1日で基本が身に付く! WordPress 超入門【電子書籍】[ 佐々木恵 ]

たった1日で基本が身に付く! WordPress 超入門【電子書籍】[ 佐々木恵 ]

1,944 円 (税込) 送料込
<p>WordPressによるWebサイト作成の基本を一から学べる書籍です。1日8時間の勤務時間内に読むことができる程度に解説内容を絞り込み,初心者・新人が最初の1冊目として読むのにふさわしい内容となっています。本書ではローカル環境にWordPressをインストールしてWebサイト..
サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル【電子書籍】[ 宮内 隆行 ]

3,456 円 (税込) 送料込
<p>プラグインの開発から運用までを網羅</p> <p>※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</p> <p>CMSのデファクト・スタン..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】