メディアのアップロード日時や投稿の公開日時を一括変更できるプラグイン「Post Date Time Change」

役に立つ情報でしたら是非拡散(シェア)をお願いします

日本の方が作成しているプラグインなので、公式配布ページの説明も日本語ですから紹介記事にすることもないとも思いましたが、便利なプラグインなので紹介させていただきます。

写真中心のサイトを作っていて、撮りためた画像をメディアアップローダーでアップロードした際の日付は当然ながらアップロードした日時になりますよね?でも撮りためた画像なので日付はバラバラなはず・・・でも日付と時刻は変えられないでしょ!と思ってる方、このプラグインを使えば簡単に日付と時刻の変更ができるんです。

また、私個人としてはあまり機会がないことですが、投稿の公開日についても変更したいときは「クイック編集」で変更するか、投稿編集画面で変更するのが一般的。でもこれが一括で変更できたら・・・そんなこともこのプラグインでできるようになります。フロントエンドで表示されるアーカイブはこの「公開日」を基準として並び替えられるものが多いですから、過去記事だけど新しい記事として表示したい・・・などという場合に重宝すると思います。

スポンサーリンク



【Post Date Time Change】プラグインの基本的な機能・できること

  1. メディアにアップロードした画像の日時を変更できる
  2. 投稿の公開日時を一括変更できる
  3. 固定ページの公開日時を一括変更できる
  4. EXIF情報の撮影日を元にアップロード日(公開日)の変更ができる

※バージョン4.15で一番下の機能が追加されました。これにより、より正確な日付での写真管理ができるようになります

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Post Date Time Change】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Post Date Time Change】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【Post Date Time Change】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Post Date Time Change】プラグインの基本的な使い方

一度使ってみれば「こんなに簡単に??」とびっくりするプラグインの1つです。私の場合は過去に撮った画像をアップロードした際に使用しましたのでその方法を紹介しようと思います。


画像のように管理画面から「メディア」をクリックすると一覧の中に「日付と時刻 投稿日時 あるいは、撮影日時」という入力窓を伴った列が追加されます。

日時の変更手順は次の通りです

  1. ①の枠の中に変更したい日付と時刻を入力してどこか余白部分をクリックすると、今表示されている一覧の枠内がすべてその日付と時刻に変化します
  2. ②で日付と時刻を変更する画像にチェックを入れます
  3. ③のプルダウンから「日付と時刻を変更します」を選択します
  4. ④「適用」をクリックします

これで簡単に画像などのアップロード(投稿)日時が変更できます。

バージョン4.15で機能がアップしました。それまでは上の画像⑤の部分には現在の日付が入るようになっていましたが、EXIF情報の中の撮影日があれば撮影日が表示されるようになりました。本来の撮影日にしたい場合はそのまま上の手順の2以降を行えば、過去に撮影した画像も撮影日=アップロード日(公開日)として一括変更できます。

※変更する日付の候補をEXIF情報の撮影日とするには、「設定」→「Post Date Time Change」で「表示」欄に追加された「Exif 撮影日時」のチェックを入れる必要があります

※過去の日時へ変更する(これが基本かと思いますが)と一瞬一覧から画像が消えてしまった??と思われるかも知れませんが、これは日付で自動ソート(並び替え)がかかるからで、変更月に絞り込んで検索するときちんとその日に変更した画像があるのを確認できます

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Post Date Time Change】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.6
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:4.15
  5. このプラグインの最新バージョンは5.04です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

1点だけ、これは仕方ないことだと思いますが、Wordpressのメディアの設定が「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」になっていると最初にアップロードした月のフォルダに入り、このプラグインを使って日付と時刻を変更してもその月への移動はしませんでした。FTPなどを使ってメディアのファイルをダウンロードしたり探したりするときには注意が必要です(このプラグインを使用するなら「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」をオフにしておくと戸惑うことがないと思います)。

過去の写真をWordpressサイトへアップロードしてプライベートな画像サーバーサイトを作った時に使用しましたが、本当に便利でした。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]

1,706 円 (税込) 送料込
評価 4
石川栄和 大串肇 インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーthr】 イチバン ヤサシイ ワードプレス ノ キョウホン イシカワ,ヒデカズ オオグシ,ハジメ 発行年月:2017年02月 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784295000792 石川栄和(イシカワヒデカズ) 株式会社ベクトルの..
できるWordPress WordPress Ver.4.x対応 [ 星野邦敏 ]

できるWordPress WordPress Ver.4.x対応 [ 星野邦敏 ]

1,512 円 (税込) 送料込
WordPress Ver.4.x対応 星野邦敏 相澤奏恵 インプレスデキル ワード プレス ホシノ,クニトシ アイザワ,カナエ 発行年月:2017年08月 ページ数:254p サイズ:単行本 ISBN:9784295002017 星野邦敏(ホシノクニトシ) WordPressのテーマやプラグインを開発している株式会..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る