軽量な【slick.js】を用いたスライダーを設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」

公開日:2018年11月19日 コンテンツ追加 デザイン
Knowledge Base Wordpress プラグイン
何だか流行ってるようですね【slick.js】。公式ページは

にあり、自動翻訳に頼って内容を見る限りではいろいろなことが簡単にできそうなスライダーだとは分かります。

でもこれはhtmlで作られたサイトベースで設定方法が紹介されていて、Wordpress用は有料ですよ!ってなってるんです。

うーーん有料かぁ・・・で何とかしてWordpressに導入できないかと調べたところ

というページで本当に簡単に設置できる方法が紹介されていました。

なーーんだ、すっごい簡単、骨格ができればあとは公式ページにある条件設定でいろいろな表現ができるスライダーのようです。

早速テストページへ導入してみたところ・・・きちんと動作しました!!解説ページ提供していただいた方に感謝!です。

いい気になってこのサイトにも導入をば!ということで同じようにやってみたら・・・動かない、いろいろ調べて何をどうしても・・・動かないんです。

しばらく格闘した挙句私の能力の限界という結論にしてダメ元でプラグインを漁ってみたら・・・あったんです!!

今回はこんないきさつでたどり着いた【slick.js】を用いて画像などのスライダーを簡単に設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」を紹介します

【slick.js】を用いたスライダーを自前で設置してみたけど動かない・・という方はぜひ試してみてください。

【Responsive Slick Slider WordPress】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 【slick.js】を用いた軽量スライダーを設置できる
  2. 設定をしたらショートコードでどこへでも設置できる
  3. 設定画面で【slick.js】の動作条件(表現)をある程度網羅している

設定してみたところ、【slick.js】スライダーの特徴であるスライダー下のサムネイル表示はできませんでしたが、疑似3D表示(表画像の左右に前後画像が表示される)は可能ですし、サイト幅いっぱい(全幅)表示も問題なくできました。

手動設置との違い

手動でSlider.jsのスライダーを設置するのと、このプラグインを使うのとの違いをまとめました

  1. テーマ内にコードを挿入する必要がない
  2. あまりテーマの編集になれていない方にとって、テーマの〇〇に××を挿入して・・・というのは敷居が高いと思います。プラグインを使うことでこの不安は解消されます

  3. 画像は自動で拡縮してくれる
  4. 手動でもできないことはないのですが、このプラグインでは画像の幅・高さが指定できるので多少画像に大小があってもきれいに表示してくれます

  5. すべて専用のGUIで管理できる
  6. スライダー設置後に画像を入れ替えたい、動作速度の調整をしたいなどいろいろな設定変更をWordpressの管理画面上で行うことができます

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressの記事本文末尾にニュースサイトからの関連記事を表示するプラグイン「Reconews」

WordPressのサイトへ簡単な設定でアンケート機能を追加できるプラグイン「YOP Poll」

WordPressでサイトの背景に写真素材をランダム表示できるプラグイン「Nice Backgrounds」


【Responsive Slick Slider WordPress】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Responsive Slick Slider WordPress】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

フロントエンド部分で表示される文字列はありませんので慣れてしまえば日本語化は不要かもしれませんが、英語が苦手・・・という方は翻訳してからの作業をおすすめします。。

【Responsive Slick Slider WordPress】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Responsive Slick Slider WordPress】プラグインの基本的な使い方

インストールして有効化したら管理画面の「Responsive Slick Slider」でスライダーを作成していきます(以下は公式ページの設定サンプル画像です)。
軽量な【slick.js】を用いたスライダーを設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」
軽量な【slick.js】を用いたスライダーを設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」
軽量な【slick.js】を用いたスライダーを設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」

作成が完了したら一覧にあるショートコードを挿入したい場所へ設置すれば完了です。
軽量な【slick.js】を用いたスライダーを設置できるプラグイン「Responsive Slick Slider WordPress」

おまけ ヘッダーなど本文以外へスライダーを設置するには

大抵スライダーを挿入したい場所はヘッダーのタイトル下などだと思います。挿入場所はテーマのコードによりますが、一般的にはテーマ編集からheader.phpを開き、ソースを見ながらいい場所へ以下のコードを設置することでスライダー設置が可能です

<?php echo do_shortcode("ここにショートコード");?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

※「ここにショートコード」という場所には実際のショートコードをコピペしてください

トップページだけスライダー表示するには

もう1つ進んで最近の企業サイトなどでは「トップページだけイメージとしてスライダーが表示する」というのがいろいろなサイトを見ていて主流だと思われます。

それを参考に当サイトでは2018年11月19日現在トップページにのみスライダーを表示するようにしています(当サイトでは手動でslick.jsスライダーを設置してますのでプラグイン用に置き換えて紹介します)。

上のコードではすべてのコンテンツでスライダーが表示されてしまいますので、以下のコードで「トップページ(ホームページ)だけ」という条件を追加します

<?php
if ( is_home() ) {
		echo do_shortcode("ここにショートコード");
} else {
}
?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

※「ここにショートコード」という場所には実際のショートコードをコピペしてください

このis_〇〇という条件式はトップページ/カテゴリー/カスタム投稿タイプなどいろいろな条件を設定してシーンに合わせて動作させたりさせなかったり、表示したりしなかったりという制御ができる便利な関数と条件式で、いろいろなケースで役立つものですからこの際メモなどして覚えておくといいと思います(これを条件式といいます)。

最初に画像が縦並びになってしまうのを軽減する方法

スライダーが表示される前にすべての画像が一瞬(環境によっては長い間)表示されてしまうことがあります。これはおそらくSlickの泣き所なのかもしれません。

簡単なCSSでスライドできるまでの間は非表示に・・・という設定ができますので、お使いのテーマに追記してみてください

【完成まで非表示にする】

.rss-innerpage-slider-wapp{
  display: none;
}
.rss-innerpage-slider-wapp.slick-initialized{
  display: block; /*slick-initializedが付与されたら表示*/
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

【完成まで透明にする】

.rss-innerpage-slider-wapp{
  opacity: 0;
  transition: opacity .3s linear;
}
.rss-innerpage-slider-wapp.slick-initialized{
  opacity: 1;
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Responsive Slick Slider WordPress】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:5.0.3
  2. PHPのバージョン:7.1
  3. テーマ:Simplicity2 バージョン2.6.0.9
  4. プラグインのバージョン:1.2.3
  5. このプラグインの最新バージョンは1.2.4です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

前述したように【slick.js】を用いたスライダーで設定できる項目のほとんどはこのプラグインの設定でできますし、何かの競合などで手動での設置ができない場合には最適のプラグインだと思います。また、複数のスライダーを作成・管理できるのもいいところだと思います。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報