WordPressの投稿作成で今の投稿だけping送信などをしないようにできるプラグイン「Silent Publish」 | Knowledge Base

WordPressの投稿作成で今の投稿だけping送信などをしないようにできるプラグイン「Silent Publish」

Wordpressはブログと静的サイトの中間的存在で、投稿機能はブログとしての機能がそのまま搭載されているのはご存じですよね?

その際便利なのが新しい投稿が追加されたことを検索エンジンなどに通知するping送信機能やトラックバック、ピンバックなどの機能。特にping機能はいち早く検索エンジンクローラーに巡回してもらい、検索対象としてインデックスされるための機能として知られています。

ただ、この機能も通常の投稿であれば問題ないのですが、テスト的に投稿する場合などでは不用意に情報が送信されてしまって不都合が生じることもありますね。

例えば、ブログランキングなどに登録している場合、投稿が公開されると

  1. ランキングサイトにping送信される
  2. ping情報に基づいてランキングサイトが訪問し情報を収集
  3. ランキングサイトの新着記事として表示

という段取りで記事が他のサイト上に公開されていきます。何もしないとテスト投稿でも同じ動作を自動でしてしまいますから本来世に出てほしくない情報が流れることになったり、それを閲覧しようとしたら404(ページが見つからない)状況になって悪い印象を与えたりとあまりいいことではありません。

停止する方法としては、ping送信の設定窓から一時的にすべての情報をメモ帳などに移してしまう(空欄にする)ことですが、元に戻し忘れると今度は逆に本来世に出てほしい情報がping送信されないということも発生します。

【Silent Publish】は新規投稿画面上へping送信などの更新通知を停止するかどうかを判断するチェック項目を設けることで、こうした「うっかり」を予防できるちょっと便利なプラグインです。

このプラグインが行うのは下のような管理側(バックグラウンド)での動作だけで、ブログページ(カテゴリーやタグの記事一覧など)では通常通り表示されるので心配ありません。

【Silent Publish】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 今の新規投稿のみ公開時にping送信しないようにする
  2. 今の新規投稿のみ公開時にピンバックしないようにする
  3. 今の新規投稿のみ公開時にトラックバックしないようにする
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Silent Publish】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Silent Publish】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Silent Publish】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Silent Publish】プラグインの基本的な使い方


有効化した後で投稿を新規作成すると、左の画面(画面は英語表記)のように「公開」などのボタンが表示されるウィジェットの中へ「Silent publish?」というチェックボックスが表示されるようになります。

ここにチェックを入れて公開した記事は前述した投稿公開時の機能が一時的に停止されます。


※テスト環境ではこのプラグインによる機能が働くのは新規公開時のみで、更新時には停止されません。更新時のping送信を停止したい場合は

「WordPress Ping Optimizer」はこの重複ping送信を制限することのできるプラグインです。たくさんありそうなプラグインですが、Wordpressの公式サイトで検索しても同様の機能のものがない、唯一のプラグインではないかと思われます。

を使って制御するようにするといいと思います。

※環境によって動作しない可能性もありますから、「WordPress Ping Optimizer」などのプラグインを使って実際にping送信されないかどうかなど確認してから使ってください

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
できる100ワザ WordPress 必ず集客できる実践・サイト運営術 WordPress 4.x対応【電子書籍】[ ホシナ カズキ ]

できる100ワザ WordPress 必ず集客できる実践・サイト運営術 WordPress 4.x対応【電子書籍】[ ホシナ カズキ ]

1,836 円 (税込) 送料込
[この電子書籍は固定型レイアウトです。リフロー型と異なりビューア機能が制限されます(※)]<br /><br />サイト制作に必須の定番CMS「WordPress」の解説書。WordPressの基本的な使い方はもちろん、豊富な機能と高い自由度を生かし、サイトの成長と集客アップにつなが..
はじめの一歩! サクサクわかるWordPress 4.x対応 [ 茂木 葉子 ]

はじめの一歩! サクサクわかるWordPress 4.x対応 [ 茂木 葉子 ]

1,814 円 (税込) 送料込
茂木 葉子 天野 裕子 マイナビ出版ハジメノイッポ サクサクワカルワードプレス ヨンテンエックスタイオウ モテギ ヨウコ アマノ ユウコ 発行年月:2016年11月25日 予約締切日:2016年11月22日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784839959876 Introduction WordPress..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る