WordPressで外部からRSSフィードを受信した履歴の追跡ができるプラグイン「Simple Feed Stats」

Wordpressはブログ+αの機能を実装できるホームページ作成ツール。当然ブログにある更新通知(ping送信)機能や記事の更新を読んでもらえるようにするRSSフィード機能も搭載されています。

ping送信は記事公開時と更新時に検索エンジンなどへ通知する機能、ではRSSフィードは??ご存じですか?

RSSフィードは設定した件数の記事情報を別のファイル(フィードファイル)として保存しておき、それをブラウザのRSSリーダーなどで読んでもらうための機能。Wordpressでは設定画面で件数と出力する内容(全文か抜粋かの別)が設定できますね。

そしてRSSフィードは閲覧者だけでなく、Googleをはじめとする検索エンジンからも読み取られ、サイトの状況の参考に使われていますから、Wordpressではいろいろな形式のファイルを作成してできるだけ読み取りがスムーズにいくように設計されています。

今回紹介する【Simple Feed Stats】はいつ、どこからRSSファイルの読み取り(アクセス)があったのかを簡単に把握することができるプラグイン。何気なく設置しているRSSフィードのアドレス表示ボタンも直接RSSリーダー経由でのアクセスがなかったら設置の必要はないかもしれませんよ。

スポンサーリンク

【Simple Feed Stats】プラグインの基本的な機能・できること

  1. RSSフィードへ接続した履歴を追跡してレポート表示する

例えば追跡レポートでは

  • ユーザー環境: WWW::LayeredExtractor::Handler::Feed/0.01・・・これは「はてなブックマーク」からのアクセス
  • ユーザー環境: Becky! BlogReader/1.2・・・これはRSSリーダーからのアクセス
  • ユーザー環境: WordPress/4.9.1; http://onetest.info・・・これは私の知っているサイトからのアクセス
  • アクセス元(リファラ): https://www.google.com/・・・Googleのクローラーからのアクセス

といった感じでどこからアクセス(フィードの受信)されたのかが分かるようになります

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Simple Feed Stats】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Simple Feed Stats】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【Simple Feed Stats】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Simple Feed Stats】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Simple Feed Stats】プラグインの基本的な使い方

日本語化した前提での解説になります

有効化するとダッシュボードに「Simple Feed Stats」というウィジェットが追加されます(ここで件数を見ることができます)。ウィジェットの下に設定や詳細情報へのリンクがありますのでそこから設定を行います(画像は公式サイトより-英語表記ですが翻訳ファイル適用で日本語になります)

出てきた画面に「プラグイン設定」があるので開きます。ここですべての設定ができるようになっていますが、基本的にはデフォルトで問題ないでしょう。

同じ画面に1件以上RSSフィードへのアクセスがあった場合には「詳細情報」というタブが現れます。

5w1h(いつ、どこで、誰が、何を・・・)的なものがずらーっと並んで表示されます。検索エンジンからのアクセスを除外したい場合には設定で簡単に除外できます。

表示されるのは「フィードの種類」「追跡の種類」「要求されたURL」「アクセスした環境」「IPアドレス」「リファラー(参照元)」「アクセス日」などです。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Simple Feed Stats】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:20171103
  5. このプラグインの最新バージョンは20180508です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

簡単設定ですぐに使えます。この記事を書いた段階でおそらくこの類のプラグインは配布されていないようなので、唯一のプラグインだと思います。


ここだけの話、RSS情報は何もいいことに利用されるわけではありません。WordpressでもこのRSS情報を取得して、自身のサイトで「投稿」として公開するようなプラグインが多数存在します。いわゆるパクリサイトを作るためのプラグインです。私もパクられた経験があり大変憤っていますので、どのプラグインということは決して書きませんし、当サイトで紹介もしません。

WordPressの公式サイトでこうしたプラグインのリリースを停止してくれれば・・・と思うのですが、作ることと使うことは違いますから難しいでしょう。でもそうしたプラグインを使って他人の記事を自動で盗用すれば・・・親告罪ではあるものの罪に問われることもありますし、そんなサイトでアフィリエイトしようなんて考えれば通報されてアカウント停止なんてことにもなりますからそうしたプラグインの使用はしないようにしましょうね。

この記事を公開した段階ではプラグインを有効化して間もないため実態は紹介できませんが、今回紹介する【Simple Feed Stats】を使えば追跡できるかもしれません(また痕跡があったら更新します)。もしも見つけたら.htaccessファイルでこのサイトのIPアドレスからのアクセスを拒否してしまえば接続できなくなるので記事を泥棒される心配もなくなります。

とはいえRSSはブログランキングにも使われますし、きちんとRSSリーダーなどを使って読者となってくれている方もいます。また、冒頭に書いたように検索エンジンも参考資料にしているようですから無碍に停止することはおすすめしません。

WordPressでは件数と抜粋/全文の設定ができるようになっていますので、件数の制限と抜粋のみにする措置を最低限行って万が一記事泥棒をされても被害が最低限になるようにしましょう!! 

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る