カスタムフィールド名(post meta key)の変更ができるプラグイン「Simple Post Meta Manager」

公開日: バックエンド(管理)
Knowledge Base メンテナンス
Wordpressのカスタムフィールドを扱うに当たっては、ACF(Advanced Custom Fields)やその他のカスタムフィールド管理用プラグインを使われる方が多いので、あまり需要はないかも知れません。
※その証拠に?すごく前から更新されていないプラグインです。

この【Simple Post Meta Manager】はそうした管理下にないカスタムフィールドに設定されている値やカスタムフィールド名を変更できるプラグイン。例えばテーマ変更などで出力されるカスタムフィールドが異なる場合の一括変更などに重宝するプラグインだと思います。

【Simple Post Meta Manager】プラグインの基本的な機能、テスト環境

  1. カスタムフィールドの値を変更
  2. カスタムフィールドのフィールド名を変更

※英語のまま使用することになりますので一応各画面にある英語での注釈を日本語にすると、

  1. Always create database backup before you rename or replace meta keys and values
  2. メタキーやメタデータを変更する前に必ずバックアップを取ってください

  3. The actions are not reversible
  4. ここで行った操作を元に戻すことはできません

  5. The author of this plugin is not responsible for data loss.
  6. 万が一データが失われても一切の責任は負いません

と書かれていますから、このプラグインを使った変更は自己責任でお願いします。

またテストはしていませんが、ACF(Advanced Custom Fields)プラグインのように独自のデータ保存方法を使うプラグインでの使用は恐らくできないと思います。あくまでも通常の1キー、1データで格納されているカスタムフィールドのみで動作すると思った方がよいでしょう。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

メディアライブラリ一覧上でALT(代替)テキストの編集ができるプラグイン「Quick Alt Editor」

WordPressでいろいろな一覧の並び順をドラッグ&ドロップで変更できるプラグイン「Simple Custom Post Order」

WordPressで投稿編集画面や一覧へ非公開のメモが残せるプラグイン「Simple Post Notes」


【Simple Post Meta Manager】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Simple Post Meta Manager】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになりますが、設定項目が少ないため特に翻訳しなくても設定できると思います。

【Simple Post Meta Manager】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Simple Post Meta Manager】プラグインの基本的な設定方法と使い方

2つの機能があり、いずれも「投稿」→「Meta Manager」から行います

カスタムフィールド値の変更

既にあるカスタムフィールドの値を変更します。

  1. 上のプルダウンからカスタムフィールド名を選択すると、入力されている値がずらっと表示されます
  2. 変更する値をクリックし、すぐ下の窓に変更後の値を入力します
  3. 「Replace(置換)」というボタンをクリックすれば完了です

カスタムフィールドのキー(名前)変更

カスタムフィールドの名前(key)を変更します

  1. 「Select meta key」からフィールド名を変更するメタキーを選択します
  2. 「New name」に変更後のメタキーを入力します
  3. 「Rename」というボタンをクリックすれば完了です

テスト環境・感想など

  1. WordPressのバージョン:5.0.3
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity2 バージョン2.6.0.9
  4. プラグインのバージョン:1.0.9
  5. ※このプラグインの最新バージョンは1.0.9です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

冒頭でも書きましたが、プラグインなどでカスタムフィールドの管理を行っていない場合、カスタムフィールドのフィールド名は基本的に変更できません。古いプラグインではありますが、これを使うことでフィールド名(meta key)を変更できる数少ないプラグインだと思います。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報