ココナラ サイトSSL

WordPressで写真だけでなくhtml文や広告をスライド表示できるプラグイン「Slide Anything」

画像や投稿をスライドさせるプラグインはありますが、なかなかないのが広告などのhtml文章やショートコードやphpで吐き出した内容をスライド表示させるもの。「Slide Anything」はこうしたあらゆるコンテンツをスライドできるおそらく現状では唯一のプラグインです。設置もショートコードで簡単にできます。

スポンサーリンク

【Slide Anything】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 画像をスライド表示できる
  2. テキストをスライド表示できる
  3. HTMLをスライド表示できる
  4. ショートコードをスライド表示できる
  5. スライドの幅を任意に設定できる
  6. 1画面に表示する数を設定できる
  7. 複数のスライダーを作成可能
  8. 作成したスライダーはショートコードで投稿や固定ページへ挿入可能

それぞれを混合してスライド表示させることもできます。レスポンシブ対応で内部のコンテンツは自動縮小されますから気にせずスライダーを導入できます。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Slide Anything】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Slide Anything】プラグインは日本語化が可能な言語ファイルが同梱されていますので、翻訳を行えば日本語での使用が可能ですが、設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Slide Anything】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

ダッシュボードサイドバーに「SA Sliders」という項目が追加されます。スライダー設置までの大まかな流れとしては

  1. 新しくスライダーを作成する
  2. スライダーに含むコンテンツを作成する
  3. 表示切替の速度やサイズなどを設定する
  4. ショートコードを任意の場所へ挿入する

となります。
※パソコン表示時/スマホ表示時/タブレット表示時などいろいろなシーンに合わせて1画面に表示できるコンテンツ数を変更できます
※横スライド表示以外にもフェードや縦スライドが使えますが、すべてのデバイスで1画面に表示する数を1にしないと通常の横スライド表示になります。

【Slide Anything】プラグインの基本的な使い方

スライダー設定画面右上に表示されるショートコードを投稿や固定ページなどの任意の場所へ挿入するだけです。ショートコードがうまく動作しない場合(ショートコードのまま表示される場合)は

あまり使う機会がないかもしれませんが、タイトルの通り、WordpressでショートコードをPHPプログラムとして動かす方法を紹介します。記事や固定ページなどでPHPのプログラムを使う場合には「EXEC PHP」などのプラグインが必要です。
を参考にしてショートコードをPHPプログラムとして動作させてみると不具合が解消されると思います。

【Slide Anything】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

これを使って広告をスライド表示させようと思いテストしたのですが、スライダーの上下に無意味と思われる大きな隙間ができてしまいました。インライン要素を使っているようなのでそのためのものだと思われますが、テーマによってはそのままだと不格好になってしまうのでCSSの調整で何とかするしかなさそうです。

CSSセレクタのコピーを取り、テーマの編集でCSSへ変更を記述します。スライダーのショートコードが[slide-anything id=’420′]の場合は

#slider_420 .owl-item
{
  margin-top: -40px;
  margin-bottom: -40px;
}
という風に上下の隙間(margin)を調整します。これで不格好な上下の隙間がなくなりました。

実際にスライダーを作り、わざと背景色を付けた状態で表示させながら上下のマージンを調節するといいです。上記の設定はページ送りなしの場合でだいたいいい感じの上下間隔を付けるための値ですから、この値を参考に(コピペして)調整を始めるといいと思います。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る