WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

過去に公開した投稿をランダムにツイートできるプラグイン「Tweet Old Custom Post」

公開日: SNS


古い記事をTwitterにツイートするプラグインで有名なものに

や、「Revive Old Post (Former Tweet Old Post)」がありますが、「Buffer My Post」は外部のツールと連携するもの、「Revive Old Post (Former Tweet Old Post)」はカスタム投稿タイプのツイートが無料版では使えないという難点があります。
「Tweet Old Custom Post」は「Revive Old Post (Former Tweet Old Post)」ではできないカスタム投稿タイプの記事も含めて過去記事をツイートしてくれるプラグインです。過去のコンテンツをツイートすることで新たなユーザーが獲得できるきっかけが作れるようになります。

【Tweet Old Custom Post】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 過去の投稿を定期的にツイートする
  2. 過去の固定ページを定期的にツイートする
  3. 過去のカスタム投稿タイプの記事を定期的にツイートする
  4. カテゴリーでのツイート除外、コンテンツ単位でのツイート除外が設定できる

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【Tweet Old Custom Post】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Tweet Old Custom Post】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Tweet Old Custom Post】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Tweet Old Custom Post】プラグインの基本的な使い方

英語表記なので、設定項目を簡単に説明していきます。
設定は管理画面の「Tweet Old Custom Post」から行います。
まずは、青色の「Sign in Twitter」ボタンをクリックしてツイッターとの連携設定をします。ツイッター側の設定で携帯電話の番号認証がされていないと外部からのツイートができませんので詳しくはTwitterの解説をご覧ください。次のページでTwitter連携が問題なく設定できた前提で解説していきます。

Tweet Content:

ツイートする内容を選択します。「title」(タイトルのみ)「body」(本文のみ)「title&body」(タイトルと本文の先頭)から選択します。「title&body」(タイトルと本文の先頭)を選択するとタイトルの後にツイート可能な文字数分だけがツイートされます。

Text added to your auto posts.:

ツイートの前や後ろに定型文を挿入する場合は入力します。「Additional Text At:」はツイート文の前に定型文を入れるか後に定型文を入れるかの設定です。

Include Link:

ツイートした記事や固定ページへのリンクを挿入するかを選択します。「Fetch URL from custom field:」を選択すると特定のカスタムフィールドに入力されたURLがツイートされます。「Shorten the link to your post.:」はリンクURLを短縮URLに変換してツイートする場合に使用します。

Include #hashtags in your auto posts.:

ツイートにハッシュタグを付けるかどうかを選択します。すべて同じハッシュタグにしたり、カテゴリーやタグを使ったり、カスタムフィールドの値を使ったりすることができますが、マルチバイト(日本語)には対応していないようなのでシングルバイト(半角英数字)のフィールドがない場合は設定しない方が無難です(英数字のハッシュタグをツイートに含めても意味がないと思います)。

Minimum interval between tweets:

ツイートする間隔を時間単位で入力します。空欄は4時間に設定されます。

Minimum age of post to be eligible for tweet:

直近で公開されたコンテンツの日数を設定します。今日公開されたコンテンツも含める場合には「0」を入力します。

Maximum age of post to be eligible for tweet:

どこまで古いコンテンツをツイート対象にするかを設定します。「0」を入力すると過去のコンテンツすべてがツイート候補になります。

Number of tweets to share each time.:

一度にいくつのコンテンツをツイートするかを設定します。通常は「1」でいいと思います。

Post Type:

ツイートするコンテンツタイプを選択します。投稿(カスタム投稿タイプを含む)のみ、固定ページのみ、投稿と固定ページすべてから選択します。コンテンツの抽出がカテゴリーベースのようなので、通常の投稿カテゴリーと共用する設定がされていないカスタム投稿タイプはツイート対象外になります。

Categories to Omit from tweets:

ツイートから除外するコンテンツをカテゴリー単位で設定します。通常の記事カテゴリーと連携しているカスタム投稿タイプがある場合には右側に表示されますが、左のカテゴリーを選択すると両方適用されます。

ここまでが設定になります。「Update…」をクリックして保存します。テストツイートする場合は「Tweet Now」をクリックしますが、保存前にテストツイートすると設定がデフォルトに戻ってしまうようです。

【Tweet Old Custom Post】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

個別コンテンツの除外

設定は管理画面の「Exclude Posts」から行います。一覧が表示されたら、ツイートから除外するコンテンツにチェックを入れて、「Exclude Selected」をクリックすれば適用されます。

個別コンテンツの除外設定一覧が表示されないときは

1つバグだと思うのですが、メニューの「Exclude Posts」からツイートするコンテンツの個別除外ができるのですが、基本設定で何等かのカテゴリーを除外しないと一覧が表示されませんでした。環境にもよるとは思いますが、一覧が表示されない場合には捨てカテゴリーを1つ作って除外設定すれば問題なく個別コンテンツの除外ができるようになりました。

本文が「...」しかツイートされないときは

 いろいろとテストしてみたところ、当サイトで使っている「Simplicity」のようにツイートをカード形式で行うようになっている(設定している)場合には、文字数の問題から「...」+リンクURL+ツイッターカードしかツイートできない場合があるようです。これを解消するにはツイッターカードを無効にするか、短縮URLを使うようにするとある程度の文字数が表示できるようになります。いろいろとテストツイートして試してみてください。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】