WordPressのユーザー一覧に最終ログイン日の表示を追加するプラグイン「When Last Login」 | Knowledge Base

WordPressのユーザー一覧に最終ログイン日の表示を追加するプラグイン「When Last Login」

Wordpressでたくさんのユーザーで運用するサイトや購読者を募るサイトを作ったとき、ユーザーの管理どうしてますか??

中には登録だけしてずっとログインしていない人もいるのでは??セキュリティ上こうした幽霊部員はできるだけ削除しておきたいところ。でもそれを判断する方法が残念ながら標準のユーザー一覧にはありません。

今回紹介する【When Last Login】は、ユーザー一覧に「最終ログイン日」と「最終ログインしたIPアドレス」を表示できるプラグイン。この情報が分かるだけでずいぶんユーザー管理が楽になると思います。

【When Last Login】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザー一覧に「最終ログイン日」の情報を表示
  2. ユーザー一覧に「最終ログインしたIPアドレス」の情報を表示
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【When Last Login】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【When Last Login】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【When Last Login】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【When Last Login】プラグインの基本的な使い方

設定はダッシュボードから「When Last Login」をクリックして行います。

といっても設定項目は1点のみ、「Record user’s IP address when logging in(最終ログインしたときのIPアドレスを記録しますか?)という項目にチェックを入れるだけです。ここにチェックが入っていないとIPアドレスの情報は収集されないので必ず行うようにしましょう。

設定が終わったらユーザー一覧を表示してみてください。一覧に「Last Login(最終ログイン日)」と「Last Logged In IP Address(最後にログインしたときのIPアドレス)」が表示されるようになりますよね?

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【When Last Login】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:0.9
  5. このプラグインの最新バージョンは1.1です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

こういうかゆいところに手が届く系のプラグインは本当に便利だと思います。このプラグインで長い間ログインしていないユーザーを削除したりすることもできますし、メールプラグインなどを使って確認をとることもできますね。

また以下のプラグインと併用して

【Lock User Account】はユーザー登録はあるけどログインはできないようにするプラグイン。個人的にログインを禁止したい相手に対して使えるほか、企業サイトなどで登録は残しつつログインできない環境を作るには重宝するプラグインです。

で登録したままログインできないようにしたり

「BAN Users」はユーザー情報の「ある」「ない」に対して「凍結」という処理を追加して不具合を解消するためのプラグインです。凍結処理時にはユーザーに何故凍結したのかの理由を付けてメール通知できますし、凍結の解除も可能、そして凍結したユーザーが作成したコンテンツをそのまま公開状態にしたり下書きとして扱ったり非表示にしたりできるのでマルチユーザー環境の決定版的なプラグインだと思います。

で登録したままログインできないようにしつつ、メールでその旨を通知して確認をする

といった使い方をすればユーザーの管理がより完璧にできると思います。

ログインされるたびにping送信されるようです

しばらく使っていて分かったことですが、ログインされるたびにカスタム投稿タイプから公開された記事としてログを蓄積していくため、サイトのping送信機能が有効だとジャンジャン送信されてしまうようです。pingスパム扱いされてしまうことを気にされるようならこのプラグインは使用しない方がいいと思います。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
できる100ワザ WordPress 必ず集客できる実践・サイト運営術 WordPress 4.x対応【電子書籍】[ ホシナ カズキ ]

できる100ワザ WordPress 必ず集客できる実践・サイト運営術 WordPress 4.x対応【電子書籍】[ ホシナ カズキ ]

1,836 円 (税込) 送料込
[この電子書籍は固定型レイアウトです。リフロー型と異なりビューア機能が制限されます(※)]<br /><br />サイト制作に必須の定番CMS「WordPress」の解説書。WordPressの基本的な使い方はもちろん、豊富な機能と高い自由度を生かし、サイトの成長と集客アップにつなが..
はじめの一歩! サクサクわかるWordPress 4.x対応 [ 茂木 葉子 ]

はじめの一歩! サクサクわかるWordPress 4.x対応 [ 茂木 葉子 ]

1,814 円 (税込) 送料込
茂木 葉子 天野 裕子 マイナビ出版ハジメノイッポ サクサクワカルワードプレス ヨンテンエックスタイオウ モテギ ヨウコ アマノ ユウコ 発行年月:2016年11月25日 予約締切日:2016年11月22日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784839959876 Introduction WordPress..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る