WordPressで客観的に投稿や固定ページの文章を分析するプラグイン「Word Stats」

公開日:2016年7月28日 アクセスアップ/PV数改善
Knowledge Base Wordpress プラグイン
この紹介文を書いたときに流行っていた「厳しい第三者の目」というのをタイトルには持ってきましたが、正確にはプラグイン独自のアルゴリズムによって投稿や固定ページに含まれる情報を分析して結果を表示してくれるのが「Word Stats」です。外部のツールを使う手もありますが、結局無料ツールでやれることには制限が多い、ならば内製化してしまおうというプラグインです。

【Word Stats】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 投稿や固定ページに含まれる全単語数が表示されます
  2. コンテンツの数と割合を表示します
  3. 出現率の高いキーワードトップ20が表示されます
  4. 独自のアルゴリズムにより「コンテンツの読みやすさ」を判定し数字化してくれます
  5. 投稿一覧に「コンテンツの読みやすさ」の数字、コンテンツの長さに対する色分け表示

これによってアクセスの稼げるコンテンツ作りができるか?と問われると何ともいえないところではありますが、コンテンツを作る際の目安には使えると思います。

一覧に表示される「読みやすさ」の数字と色分けはコンテンツを修正する際の目安として個人的には重宝しています
「Coleman-Liau Index」と「LIX」というアルゴリズムに基づいて表示されるようです

読みやすさのレベル

  • 25以下:子供の本レベル
  • 26~30:日記レベル
  • 31~40:標準的な文章
  • 41~50:ウィキペディアのような事実情報
  • 51~60:技術的なコンテンツ
  • 61以上:スペシャリストテキスト/研究/論文レベル

「Coleman-Liau Index」「LIX」アルゴリズム

プラグインのFAQにある情報では以下のような基準に基づいて判定しているようです。あてずっぽうでもなさそうな感じですね

  • ARIは、ワード長と文あたりの単語に基づいています
  • CLIは、100ワードあたりの非単語文字を除いた100単語あたりの文字数、および文に基づいています
  • LIXは、一時停止(ピリオド、コロン、セミコロン、等)、6文字以上の平均単語間の平均の言葉に基づいています
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressで404エラー発生時にトップページへリダイレクトするプラグイン「404 Redirection」

WordPressへ「メールでこのページを友達に教える」機能を追加するプラグイン「Send link to friend」

WordPressで投稿を作成するときのキーワードを手軽に検索できるプラグイン「WP Keyword Suggest」


【Word Stats】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Word Stats】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Word Stats】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Word Stats】プラグインの基本的な使い方

設定項目についてはデフォルトのままでいいと思います。

特定のキーワードを除外する設定もできるのですが、英語とスペイン語のみの対応であること、あまり設定項目を増やすとサーバー負荷が上がる可能性があるので使用しないほうが無難かもしれません。

投稿の編集画面でも使えるはずが・・・

プラグインの説明には投稿編集画面で

  • 関連性の高いキーワード
  • より正確な単語数
  • 色分けされた読みやすさのテスト
  • 総文字、英数字、単語や文章
  • 単語あたりの文字数、文あたりの文字数、文あたりの言葉

が表示されるとあるのですが、不具合なのか表示されません。これがあると便利なのに残念です。
<追記>
コンテンツの解析が完全に終了すると、きちんと表示されるようになります。ちなみに表示イメージはこんな感じです。
WordPressで客観的に投稿や固定ページの文章を分析するプラグイン「Word Stats」

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報