WordPressで投稿更新時の無駄なping送信を停止するプラグイン「WordPress Ping Optimizer」



WordpressのいいところはHTMLで作ったサイトのように自由なサイトを作成しながら、ブログにあるようなコミュニケーション機能も備えていること。特に記事を作成したり編集したりするときに送られる「ping」送信はブログでアクセスアップを図るために作られた機能で、「記事が更新(作成)されました」という情報を検索エンジンなどに伝える便利な機能です。

ただ、Wordpressのping送信機能には少し難点があって、記事の作成や編集を行う度に設定された場所へping送信を行ってしまうこと。通常記事を作成する際には公開後に何度も修正を行うことがあるものです。そのたびにping送信されてしまうと重複した記事の更新情報が送信され続けることになり、いわゆる「ping更新スパマー」として扱われ、アクセスアップに貢献するはずの機能が仇となる可能性があります。

「WordPress Ping Optimizer」はこの重複ping送信を制限することのできるプラグインです。たくさんありそうなプラグインですが、Wordpressの公式サイトで検索しても同様の機能のものがない、唯一のプラグインではないかと思われます。

もう一つの機能として予約投稿の際、予約設定時ではなく予約記事の公開時にpingをきちんと送信する機能があります。

また、pingの送信そのものを停止する機能があり、大量の記事メンテナンスをする際などには便利です。標準のままpingを止めるには設定画面の「投稿設定」にある送信先を全てメモ帳などに退避させる必要がありますが、そのわずらわしさがありません。



【WordPress Ping Optimizer】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 記事作成時にのみping送信を行う
  2. 記事の編集時にはping送信しない
  3. 記事公開の間隔が短い場合にはping送信しない
  4. ping送信そのものを停止する
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【WordPress Ping Optimizer】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WordPress Ping Optimizer】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【WordPress Ping Optimizer】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【WordPress Ping Optimizer】プラグインの基本的な使い方

インストールしたら「設定」→「WordPress Ping Optimizer」へ行き設定を行います

設定箇所は

  1. Enable pinging/ping機能を使うかどうか
  2. Limit excessive pinging in short time/チェックすると短い間隔でのpingを制限することができます。「Ping at most □ time(s) within △ minute(s)」の部分に△分の間に□回の更新pingを送信できるようにするという感じで設定します

Pingの送信先はWordpressの投稿設定から引用してきますので、プラグインの設定画面で行っても、Wordpressの投稿設定から行っても反映されます。「WordPress Ping Optimizer」の入力窓は小さいので、Wordpress標準の設定画面で行った方が見やすいと思います。

【WordPress Ping Optimizer】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

不具合かもしれない情報

現在確認中ですが、ログが1000を超えるとping送信が行われていないのでは?ということです。
ログを見る限りではping送信が行われていたことにはなっているのですが、「にほんブログ村」というブログランキングサイトで確認してみると、ping送信済みとなっている記事がブログ村の「新着記事」として反映されていないときが発生しました。

ブログ村がどんな仕組みで動作しているかが不明なので何とも言えないですが、pingとRSSフィードを使って記事を読み込んでいるには違いがないですし、RSSフィード自体は更新されているので、怪しいのはpingかな?という程度です。

確認した際にログの件数がジャスト1000だったので気になっています。一度ログをクリアして現象が出るかを確認中です。

ログの肥大化に注意

このプラグインはpingを送信するたび(編集時に送信しない場合も含む)にデータベース上にログを残していきます。期間によってこのログを自動削除するなどの機能がないため、使い続けていると際限なくログが増えていきます。気が付いたらログだけですごい容量になってしまうので定期的にログを削除するようにしましょう。

ログの削除はWordPress Ping Optimizerの設定画面上からボタン1クリックでできます。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る