WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

アップロードした画像から位置情報などのデータを削除するプラグイン「Exif-Remove-ImageMagick」

公開日: 画像・動画


画像ファイルにいろいろな情報が含まれているというのは、最近では誰もが知ってることです。Exifと呼ばれるこの情報には・・・

画像サイズ、どんな機種で撮られた画像か、日時などのほか
どこで撮られたか
までも画像情報の中に含まれてしまっています。

アップロードする画像の中には、そういった「個人」にかかわる情報を知られることで何等かの被害を被ったり犯罪に巻き込まれたりすることも少なくありませんから必ず削除してからアップロードするべきなのですが、デスクトップツールなどを使っていちいち削除してから・・・というのは面倒ですし、なにより人間ですからうっかり忘れてしまうことがあるかもしれません。

また、旅行記録のように、スマホで撮った画像をそのまますぐに投稿するということができなくなりますから旬の情報を即座に配信する場合にはかなり不都合となります。

【Exif-Remove-ImageMagick】プラグインの基本的な機能・できること

「Exif-Remove-ImageMagick」は、アップロードした画像から使用前にすべての画像情報を自動削除してくれる優れものプラグインです。これで安心してどんどん画像が含まれた投稿ができます。

アップロードした画像から位置情報などのデータを削除するwordpressプラグイン「Exif-Remove-ImageMagick」のインストール方法は他のプラグインと同様です。一度ダウンロードしてからでもいいですし、新規プラグインの検索でもできます。

本記事を参考にWordpressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

Wordpressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordpressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordpress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。
  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
  • ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Exif-Remove-ImageMagick】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Exif-Remove-ImageMagick】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Exif-Remove-ImageMagick】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Exif-Remove-ImageMagick】プラグインの基本的な使い方

このプラグインを使用するためは「ImageMagickモジュール」が必要です。有効化後必ず一度設定画面を見て、適切にインストールされているか(項目に×が表示されていないか)を確認してください。「ImageMagickモジュール」の場所はプラグインインストール時に自動で探すようになっています。サーバーが対応していない場合には見つからずに「×」マークが表示されます。

アップロードされた画像をリサイズするようなプラグインの中にはこの機能を備えたものもあります。また、最近ではカメラやスマートフォン側で削除してからアップロードされるような機能が備わっているものもありますので使用する必要があるかどうかを確認してから使うようにしましょう。

お使いのブラウザがGoogle Chromeの場合には「EXIF Viewer」という拡張機能をインストールすることで閲覧画面上の画像にマウスポインタを重ねたときEXIF情報がある場合にはデータを、ない場合には「なし」と表示することができるので、簡単にサイトの画像に関する状況を確認できるようになります。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】