WordPressでアクセス制限や拒否を設定できるセキュリティプラグイン「Wp-Ban」



いつもの通り、サイトのメンテナンス&投稿の追加などなどしようと思ったら・・・アクセスできない!!

使っているレンタルサーバーからのメールによると、過剰なアクセスによる高負荷がかかったためアクセス禁止にしている・・・というような文面が・・・。

※※※これがメールの一部文章です※※※
このたび、お客さまにて運用されておりますホームページコンテンツ上の
プログラムが原因となり、ご契約サーバーにて過剰な負荷が発生していることを
確認致しましたので、ご連絡させていただきます。

【対象ドメイン】xxxxx.com

 ※上記ドメイン名のホームページ領域に対して外部(海外)より
  過剰なアクセスが行われている状態となっております。

 ※主に【62.219.8.235】と言うIPアドレスからアクセスがございました。

この為、誠に申し訳ございませんが、先ほど弊社側にて上記ドメイン名の
ホームページ領域へのアクセスを制限させていただきましたので、
何卒、ご理解ご了承賜りますよう、お願い申し上げます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
このIPアドレスを調べたところ、なんと「ベネズエラ」でした!!
100%スパムです!!

こんなものでせっかく作ってきたサイトがダメになるのか・・・と思い、いろいろ調べたところ、.htaccessを使ったアクセス拒否の方法が載っていました。

ただ、これを毎回ダウンロードして加工してアップロードして・・・なんて途方もない作業になるので何とかならないかと思っていたところ、さすがWordpress、こんな便利なプラグインがありました。

プラグインの名前は
「Wp-Ban」
です。



【Wp-Ban】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 指定したグローバルIPアドレスからのアクセスを拒否
  2. 指定したIPアドレス範囲のアクセスを拒否
  3. 指定したドメインからのアクセスを拒否(スパムリファラー対策)
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Wp-Ban】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Wp-Ban】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Wp-Ban】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Wp-Ban】プラグインの基本的な使い方

「設定」→「ban」からアクセス拒否の設定を行います。

拒否設定したアドレスからは訪問者としての閲覧もできなくなります。

Wordpressでセキュリティ対策をするための第一歩はいつ、どこの国のどこのIPアドレスからログインしようとしたか、ログインしたかを知ることです。「Crazy Bone」は、ログインやログイン失敗の履歴を一覧で見ることができるプラグインです。

などのプラグインと併用して、実害のあるものだけにしないと、拒否しなくてもいいアドレスまで拒否してしまうことにもなりますから気を付けましょう

インストールしたら
WP-Banの設定画面でSPAMブロック設定を記述します。

SPAMブロックの設定は

・IPアドレス (たとえば 109.230.220.231 とか)

・URL (たとえば http://*.japan.com とか ※ワイルドカード「*」が使えます)

・ホスト名 (たとえば .cn チャイナドメイン全て とか)

・ユーザーエージェント名 (たとえば Microsoft URL Control 検索ロボットとか)

また、設定画面の最上部にも表示されますが、自身のIPアドレスを誤って拒否設定するとサイトの閲覧・管理など一切できなくなります。万が一設定に失敗したときは

今回は私と同じような状態になってしまった方のために、WordpressへインストールしたWP-Banプラグインで自分がアクセスできなくなったときの対処方法について紹介したいと思います。ただし、これはあくまでも私的な体験談ですから、環境によっては同じではないかもしれません。作業は自己責任で行っていただきたいと思います。

を参考に復旧させてください(と言いながら私もやらかしました・・・そのときの備忘録です)。個人的には確実にアクセス拒否されることが確認できてよかったような感じです。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る