WordPressで任意の権限のユーザーに対して管理画面を非表示にするプラグイン「WP Admin No Show」

公開日:2017年6月25日 バックエンド(管理) ユーザー管理
Knowledge Base Wordpress セキュリティ
複数の人で管理したり投稿したりするWordpressのサイトで問題としてつきまとうのが、管理画面への移動をどうするかというセキュリティの問題。

防いだつもりでも管理画面のURLを手打ちされたら表示できてしまうなんてお粗末なこともありますね。対策としてよくあるのが、管理画面のURLを変更してしまう方法。プラグインもたくさんリリースされています。

ただこれだと管理画面で作業をする人もURLを変更しなければならないので面倒な部分もありますし、何よりそのプラグインに不具合があったり、URLを忘れてしまったりしたらもう大変!!特に統合系のセキュリティプラグインでは暗号化などを行うものが多いので余計に復旧は複雑で困難になりますね。

今回紹介する「WP Admin No Show」はURLを変更することなく、指定した権限を持つユーザーに対してのみ管理画面へ直接アクセスされた場合別のページへリダイレクトするちょっと便利なプラグインです。

【WP Admin No Show】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 特定のユーザー権限を持つユーザーに対して管理画面の表示を許可/拒否する
  2. 拒否後のリダイレクト先は任意に設定可能

よくある管理画面のURLを変更するのではなく、権限によって管理画面URLへアクセスされた際に別のページへリダイレクトするプラグインです。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressのあらゆる場面で投稿を非表示にできるプラグイン「WP Hide Post」

WordPressで投稿編集画面で「公開」ボックスを常に上部へ固定表示するプラグイン「Floating Publish Button」

WordPressで投稿本文へショートコードでカスタムフィールドの値をいろいろな形で挿入するプラグインを作ってみた


【WP Admin No Show】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP Admin No Show】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【WP Admin No Show】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

設定はダッシュボードから「設定」→「WP Admin No Show」で行います

項目は
【User roles you want to blacklist】
管理画面を非表示にする権限のリストです。チェックを入れると管理画面を表示できなくなります

  1. Editor-他のユーザーの投稿を含むすべての投稿を発行、管理できるユーザー
  2. Author-自身の投稿を発行、管理できるユーザー
  3. Contributor-自身の投稿を編集、管理できるが、発行はできないユーザー
  4. Subscriber-プロファイル管理のみを実行できるユーザー

その他環境によって割り当てられたり作成されたユーザー権限が表示されます

【Where to redirect blacklisted users】
リダイレクト先の設定を行います
No redirect-管理画面への移動は許可し、ページ上の管理バーのみ非表示にします
フロントページ-サイトのトップページへ移動します
固定ページ-任意の固定ページへ移動します

【User roles you want to whitelist】
マルチサイトの場合の特権ユーザーは設定する必要がありませんが、シングルサイトの場合は「Administrator」にチェックを入れないと管理画面が表示できなくなる可能性があります ので注意しましょう

【WP Admin No Show】プラグインの基本的な使い方

設定を行えば特にすることはありません

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報