任意の権限のユーザーに対して管理画面を非表示にするプラグイン「WP Admin No Show」

任意の権限のユーザーに対して管理画面を非表示にするプラグイン「WP Admin No Show」

複数の人で管理したり投稿したりするWordPressのサイトで問題としてつきまとうのが、管理画面への移動をどうするかというセキュリティの問題。

防いだつもりでも管理画面のURLを手打ちされたら表示できてしまうなんてお粗末なこともありますね。対策としてよくあるのが、管理画面のURLを変更してしまう方法。プラグインもたくさんリリースされています。

ただこれだと管理画面で作業をする人もURLを変更しなければならないので面倒な部分もありますし、何よりそのプラグインに不具合があったり、URLを忘れてしまったりしたらもう大変!!特に統合系のセキュリティプラグインでは暗号化などを行うものが多いので余計に復旧は複雑で困難になりますね。

今回紹介する「WP Admin No Show」はURLを変更することなく、指定した権限を持つユーザーに対してのみ管理画面へ直接アクセスされた場合別のページへリダイレクトするちょっと便利なプラグインです。

【WP Admin No Show】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 特定のユーザー権限を持つユーザーに対して管理画面の表示を許可/拒否する
  2. 拒否後のリダイレクト先は任意に設定可能

よくある管理画面のURLを変更するのではなく、権限によって管理画面URLへアクセスされた際に別のページへリダイレクトするプラグインです。

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【WP Admin No Show】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP Admin No Show】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【WP Admin No Show】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

設定はダッシュボードから「設定」→「WP Admin No Show」で行います

項目は
【User roles you want to blacklist】
管理画面を非表示にする権限のリストです。チェックを入れると管理画面を表示できなくなります

  1. Editor-他のユーザーの投稿を含むすべての投稿を発行、管理できるユーザー
  2. Author-自身の投稿を発行、管理できるユーザー
  3. Contributor-自身の投稿を編集、管理できるが、発行はできないユーザー
  4. Subscriber-プロファイル管理のみを実行できるユーザー

その他環境によって割り当てられたり作成されたユーザー権限が表示されます

【Where to redirect blacklisted users】
リダイレクト先の設定を行います
No redirect-管理画面への移動は許可し、ページ上の管理バーのみ非表示にします
フロントページ-サイトのトップページへ移動します
固定ページ-任意の固定ページへ移動します

【User roles you want to whitelist】
マルチサイトの場合の特権ユーザーは設定する必要がありませんが、シングルサイトの場合は「Administrator」にチェックを入れないと管理画面が表示できなくなる可能性があります ので注意しましょう

【WP Admin No Show】プラグインの基本的な使い方

設定を行えば特にすることはありません

サイトへの支援をお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。本記事の内容がお役に立てましたら幸いです。
今後もよりよい情報を提供し続けることができるよう、投げ銭によるサイトへの支援、およびSNSによる拡散をお願いします

作者:

☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球