WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

文章がコピーされたとき自動で貼り付け先の末尾へ警告文を挿入するプラグイン「WP Illegal Content Copy Notice Append」

公開日:2016年10月24日 コピー対策


一生懸命書いた文章が勝手に使われる「コピー行為」。モラルやルールを守って使われればいいのですが、中にはコピー自体がいけないことだと認識していない方もいたりするのでなかなか防げないのが現状ですね。

WordPressのコピーコンテンツ防止プラグインでは「右クリックさせない」というものがたくさんリリースされていますが、きちんと使われている方に対しては失礼なものになることも。

「WP Illegal Content Copy Notice Append」はコピーそのものを防止するのではなく、コピーした文章やRSSの末尾に警告文を挿入するプラグインです。

テストサイトへ導入し、Google Chromeブラウザで投稿などのコンテンツ本文の一部分の文章をコピーし、他のサイトの本文へ貼りつけてみたところ、コピーした文章の下に警告文が挿入されました。

何かのコードを挿入するのではなく、ブログやWordpressの投稿編集画面などで見れば確認できるような文章として挿入されるので、コピーさせないという意味合ではなく

  1. コピーした文章なら引用として扱う
  2. コピー元を明らかにする(元コンテンツへのリンクを張る)
  3. できればコメントなどを使ってコピーする前に許可を取る

ということを啓蒙するために使用するプラグインです。

また、本来は興味のあるブログの更新情報をサイトやパソコン上、ブラウザ上で表示するための機能になっているはずが、コンテンツコピーの手段になってしまいつつあるRSSフィードについても個々のコンテンツに対して末尾に警告文が挿入されるので、RSSで情報を集めたような「なんちゃってまとめサイト」他人のコンテンツをあたかも自分の書いた記事のようにアグリゲートするような行為に対して効果的だと思います。

【WP Illegal Content Copy Notice Append】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 文章がコピーされた際、コピーの末尾に指定した警告文を自動挿入
  2. RSSを収集して投稿や表示をされた際、コピーの末尾に指定した警告文を自動挿入

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【WP Illegal Content Copy Notice Append】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP Illegal Content Copy Notice Append】プラグインは設定項目がないので特に必要ないと思います

【WP Illegal Content Copy Notice Append】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【WP Illegal Content Copy Notice Append】プラグインの基本的な使い方

プラグインを有効化するだけで動作します。とはいえ、警告文自体は英語なので日本語へ修正しましょう(文章の変更はプログラムソースを直接編集します)
コピーされた文章の末尾に入る文章を修正するには・・・
82行目あたりにある

"<br></br>This content was illegally copied from <a href='" + document.location.href + "'>" + document.location.href + "</a>";
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

を編集します。

RSS情報の末尾に入る文章を修正するには・・・
62行目あたりに

'<p>This article belongs to <a href="' . get_bloginfo('url') . '">' . get_bloginfo('name') . '</a> ! The original article can be found here: <a href="' . get_permalink() . '" rel="bookmark" title="Permanent link to \''.get_the_title().'\'">' .get_the_title(). '</a></p><p><a href="' . get_bloginfo('url') . '">' . get_bloginfo('name') . '</a> &copy; ' . date("Y") . ' – All Rights Reserved</p>';
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします


を編集します。

※本文のコピーにしてもRSS情報の取得にしても、きちんと運用している方がほとんどだと思いますので、警告文に関してはそうした方に配慮した文章にしたほうがいいと思います。

例えば普段の生活で「トイレを汚すな!」と貼り紙がされているよりも「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」と貼り紙をされていた方が実際はきれいに使ってくれる・・・といった感覚で設定するようにした方が効果的でしょう。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】