WordPressで日本語の自動リンクで用語集を作ったり関連投稿を表示したりできるプラグイン「WP Keyword Link」

公開日: コンテンツ追加
Knowledge Base リンク

用語集へのリンクや関連投稿へのリンク機能は、無料ブログにはなく、固定サイトでは実装しにくいもの。これを簡単に実装することができるプラグインが「WP Keyword Link」です。

中国の方が自国語用に作成したプラグインのようで、日本語でのリンクにも対応しています。他にも同様のプラグインはたくさんありますが、日本語はマルチバイトの文字なので、マルチバイト文字に対応したキーワード自動リンク関連のプラグインはこれしかありませんでした。

【WP Keyword Link】プラグインの基本的な機能・できること

SEO対策に欠かせない内部リンクが簡単に作れる

内部リンクはサイトの中の記事や単語にリンクを張ることで、サイト自体の「まとまり」を強くし、情報の密度が濃いという印象をGoogleなどの検索エンジンに与えることができるようで、アクセスアップに欠かせない要素です。

WordPressの場合はタグやカテゴリーなどを通じてつながってはいるものの、個別投稿同士は投稿の本文内にあるアンカーリンクで行うほうがより効果的(私的見解ではこれ以外は内部リンクにならないと思われる)だと言われています。これを簡単に実装できるのがWP Keyword Linkです。

用語集としての「WP Keyword Link」

使い方は簡単で、用語(キーワード)の意味が書いてある固定ページを設定するだけで、他の記事の本文に設定した用語が出てくると自動で解説ページへのリンクを張ってくれるという優れもの。

例えば設定で「Wordpress」というキーワードに対して○○ページへリンクするという設定をしておけば、記事の中に「Wordpress」という言葉が出てくるたびに勝手にリンクが作られます。

上手に使えば用語集や自動内部リンク以外にも、決まった語句が投稿本文の中にあった場合に自動で個別の商品ページへ誘導するようなアフィリエイトリンクとしても使えそうです。

関連投稿表示機能も使える「WP Keyword Link」

関連投稿の表示プラグインは他にもたくさんありますが、1つのプラグインで用語集へのリンクと関連投稿の表示ができればサーバー負荷の低減にもつながりますので当然表示速度の改善にもなります。コンテンツの数が多くなればなるほど効果は強くなると思います。

また、一度設定した用語リンクはエクスポートすることができ、将来他のサイトで違うテーマのものを作成したときに用語集のあるサイトのページへリンクさせることが出来るので、せっかく作った資産を守ることができます。

使い方は設定画面を見ればわかると思いますので割愛しますが、キーワードリンクを作成するとき、「For zh_CN?」にチェックを入れることで日本語(マルチバイト文字)のリンクが有効となりますので、設定し忘れないようにしてください。

用語集、関連投稿ともサイト内部のリンク増加に役立ちますので、SEO対策として有利になると思われます。また、何よりも訪問してくれた方に対する親切かつ必要な機能であるといえます。

SEO効果がどの程度のものなのかは不明ですが、何もしないよりはプラスになることなのでやった方がいいでしょう。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

WordPressで複数の位置へマーカーを設定したGoogle地図が投稿や固定ページへ表示できるプラグイン「Map Multi Marker」

WordPressでYahoo知恵袋などにある「違反通報」と同じ機能を追加できるプラグイン「Report Content」

WordPressでショートコードを使用してアイキャッチ画像付きの子ページ一覧を表示するプラグイン「child-pages-shortcode」


【WP Keyword Link】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP Keyword Link】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【WP Keyword Link】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【WP Keyword Link】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

残念ですが「WP Keyword Link」は公式サイトから削除されたようです

こんなに便利な「WP Keyword Link」ですが、最近検索してみたところ、Wordpressの公式プラグインからは外れてしまったようです。中国の方が作ったプラグインなのですが、作成者のサイトのリンクも公式プラグインサイトになったまま(当然リンク先はなし)なので、導入は難しいかもしれません。

「WP Keyword Link」の元となる「blog-mechanics-keyword-link-plugin-v01」というプラグインがあるのですが、Wordpress公式サイトにはあるものの長い間更新されていないようです。

他にもこの類のプラグインはあるのですが、やっぱり「WP Keyword Link」が使いやすいので、欲しい方のためにファイル置いておきます。

こちらをクリックしてダウンロードしてください

ただし、公式プラグインから削除されているということは今後バージョンアップもしないということなので、Wordpressのバージョンアップに伴って使用されている関数が削除されたりすることで不具合が発生する可能性があります。

いろいろと代わりとなるプラグインを探したところ、この情報を作成したときには見つからなかった日本語でも自動リンクができるプラグインがありました。「internal link building」というプラグインです。解説ページは

関連投稿の表示には対応していませんが、関連投稿関連の機能はテーマにある場合が多いですし、他にプラグインがいろいろ配布されていますから特に問題はないと思います。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

【送料無料】 WordPress標準デザイン講座20LESSONS WordPress5 / Gutenberg対応 / 野村圭 【本】

2,786 円 (税込) 送料込
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社翔泳社発売日2019年06月ISBN9784798156514発売国日本サイズ・ページ303p 23×19cm関連キーワード 9784798156514 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

【中古】 WordPressレッスンブック 2.8対応 ステップバイステップ形式でマスターできる /エビスコム【著】 【中古】afb

108 円 (税込)
エビスコム【著】販売会社/発売会社:ソシム発売年月日:2009/09/18JAN:9784883376735//付属品〜CD−ROM1枚付
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報