アクセスアップ/PV数改善の記事一覧

ページの表示から一定時間放置すると関連記事をポップアップ表示するプラグイン「WP Float Related Posts」

公開日: 最終更新日:

「WP RelatedPosts」は、通常本文下などに表示する「関連記事」を、ページ上部から一定の割合に達したとき、またはページを表示してから一定時間過ぎたときに今表示されているページの上に小さな関連記事表示窓を出すプラグインです。

閲覧しているページと同一の階層や子ページの一覧をウィジェットへ表示するプラグイン「DMG Related Pages Widget」

公開日: 最終更新日:

WordPressでサイドバーにウィジェットで関連する固定ページだけを表示したい、そんな希望を叶えるプラグインが「DMG Related Pages Widget」です。「DMG Related Pages Widget」は現在閲覧している固定ページと同一以下の階層ページ、または子ページのみの一覧をサイドバーウィジェットに表示できるプラグインです。

関連する投稿とランダムな投稿の両方が一覧表示できるプラグイン「Related Posts by Taxonomy」

公開日: 最終更新日:

「Related Posts by Taxonomy」は関連記事の一覧表示とランダムに抽出した記事の一覧表示両方に対応したプラグインです。一般的には扱ってくれない(ほとんどが有料バージョンでしか使えない)カスタム投稿タイプも個別に含める・含めないの選択ができます。

「このページを見た方はこちらも見ています」を表示するプラグイン「Where did they go from here」

公開日: 最終更新日:

「Where did they go from here」は一般的に言われる関連記事を表示するプラグインではなく、Amazonなどの通販サイトのページ末尾に必ずある「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」を記事や固定ページ、カスタム投稿タイプへ追加できるプラグインです。実際に訪問者が見たページの軌跡を記録して表示するため、カテゴリーやタグを元にした関連記事よりも確度の高い内部リンクが作成できます。

投稿を作成するときのキーワードを手軽に検索できるプラグイン「WP Keyword Suggest」

公開日: 最終更新日:

せっかく記事を書くんだから、検索ヒットしやすいものを・・・と四苦八苦するのがホームページを作る人誰もが抱える悩みですね。でも、Googleのトレンドサーチなどでいちいち調べて書くのも大変なのでいつも適当に書いているという方に「WP Keyword Suggest」はおすすめのプラグインです。