ディフェンバキアの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 た行

販売されている品種には葉の小さいタイプと大きいタイプがあり、小さな鉢ではあまり区別がつきません。葉や茎から出る灰汁(あく)が皮膚を強く刺激するので、葉や茎を口に入れたり素手で触ったりしないように注意し、株分けなどの作業時には必ず手袋をしましょう。

【ディフェンバキアの特徴と育て方】-基本情報

基本データ

  • 通称名 / 別名:ディフェンバキア
  • 類 似 品 種 :特になし
  • 学     名 :Dieffenbachia
  • 花  言  葉 :
  • 科名 ・ 属名 :サトイモ科/シロカスリソウ属
  • 原  産  国 :熱帯アメリカ
  • 背     丈 :20~60
  • 開 花 時 期 :

栽培のしやすさ

非常に簡単 やや簡単 ふつう やや難しい 難しい

生育の種類

1年草 2年草 多年草 宿根草 その他

入手できる場所

大型園芸店 小型園芸店 ホームセンター スーパー その他

【ディフェンバキアの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです

  • 夏場の置き場所 :屋外の日向
  • 冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内の日当たりのよい場所
  • 最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合10度を下回らない環境で
  • 繁 殖 方 法 :挿し木(芽)で殖やせます
  • 肥料・栄養剤等 :
    液肥 配合肥料 化成肥料 専用肥料 その他

【ディフェンバキアの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

  • かかりやすい病気:
    うどんこ病 すす病 べと病 炭そ病
    黒腐病 軟腐病 モザイク病 その他
  • かかりやすい害虫:
    ハダニ カイガラムシ アブラムシ ハムシ
    コナジラミ ヨウトムシ その他

【ディフェンバキアの特徴と育て方】-日常のお手入れ

急に環境が変わると葉焼けを起こしたりするので、販売されていたのと同様の環境から徐々に日向へ出すようにすると上手に栽培することができます。

>【ディフェンバキアの特徴と育て方】-その他

葉や茎から出る灰汁(あく)が皮膚を強く刺激するので、葉や茎を口に入れたり素手で触ったりしないように注意し、株分けなどの作業時には必ず手袋をしましょう。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

より詳しい参考サイト

生産者や専門家などが公開している>【ディフェンバキアの特徴と育て方】に関する参考サイトです

https://kurashi-no.jp/I0020974

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)