ツタバゼラニウムの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 た行
ホームセンターなどでも多数販売され、道を歩いていると街路樹の根元や玄関先でも多く見かけるポピュラーな草花です。春と秋に開花し、冬越しもできる多年草なので人気があります。
アイビーの葉の形をした「アイビーゼラニウム」の他にもいろいろな種類があります。

【ツタバゼラニウムの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:ゼラニウム/アイビーゼラニューム

類 似 品 種 :センテッドゼラニウム/パンジーゼラニウム/ペラルゴニウム

学     名 :Pelargonium ivy-leaved Group

花  言  葉 :

科     名 :フウロソウ科

属     名 :テンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)

原  産  国 :南アフリカ

栽培のしやすさ :★★★★★が多いほど初心者向け)

分     類 :多年草

背     丈 :40~150

入手のしやすさ :大型園芸店などで取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :4月~7月中旬、9月中旬~11月中旬

【ツタバゼラニウムの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の半日蔭~

冬場の置き場所 :屋内であればどこでも~屋内であればどこでも

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合5度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :挿し木(芽), で殖やせます

肥料・栄養剤等 :特になし

【ツタバゼラニウムの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:

かかりやすい害虫:カイガラムシ

【ツタバゼラニウムの特徴と育て方】-日常のお手入れ

下葉が溶けてしまうことがありますので、水分は少な目にした方がいいようですが暑さや直射日光の当たり具合との関係もありますので様子を見ながら適度にとしか言いようがないです。
人気品種ですが少々環境にうるさいので、美しく維持することが難しい品種であるともいえます。

その他

酷暑極寒に弱い部分があり、夏場直射日光のよく当たる場所に置くと葉が焼けたり、落葉してしまったり、間延びしてしまうことがありますので注意が必要です。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)