ディフェンバキアの特徴と育て方

公開日: 更新日: た行

ディフェンバキアは販売されている品種に葉の小さいタイプと大きいタイプがあり、小さな鉢ではあまり区別がつきません。葉や茎から出る灰汁(あく)が皮膚を強く刺激するので、葉や茎を口に入れたり素手で触ったりしないように注意し、株分けなどの作業時には必ず手袋をしましょう。

セイヨウキヅタの特徴と育て方

公開日: 更新日: さ行

セイヨウキヅタは天候の変化や乾燥にも強いので、ガーデニングの下草に利用したり、気根(付着根)を出して壁や樹木などに張りつく特徴を生かして垣根などに使われるつる性植物です。色や葉の形などいろいろあり、何種類かを混ぜて植えたりすることで変化のある景色を作ることができます。