Knowledge Base内の園芸サイト。植物図鑑と上手な栽培の仕方、病気や害虫対策、実際の栽培日記などを掲載しています

ヒポエステスの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • は行

ヒポエステスは寄せ植えなどに使われることの多い丈夫な草花です。やや厚めの葉に白や赤、ピンクなど色とりどりの斑が入るのが特徴です。 品種に、葉に白色の斑点が入るホワイト・スポット、赤色の斑点が入るローズ・スポット、桃色の大きな斑が入るピンク・スプラッシュなどがあります。

ワイヤープランツの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • や・ら・わ行

ワイヤープランツは雑貨店などでもよく見かける人気の植物です。寄せ植えの下草などに多く使われますが、根の成長が早いこと、水切れに弱いこと、環境が変化するとなかなか成長しないなど気難しい面があるのでなかなかうまく育てられない方が多いようです。別名で学名の「ミューレンベッキア」として販売されていることもあります。

アジアンタムの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • あ行

アジアンタムはシダの仲間で世界に200種類以上あり、ラディアナム/ミクロフィラム/ミクロピンヌルム/フリッツ・ルーシー/フラグランス/テネルム/スクツム・ロゼウムなどがありますが、一般的に販売されているのはラディアナム種です。基本的な樹形や葉の形は似ていますが、株が大きくなるもの、茎の数が多いもの、葉の大きさが大きいものなどいろいろな品種がありますので、同じ「アジアンタム」で販売されていても良く見て選ぶようにしましょう。

アメリカンブルーの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • あ行

アメリカンブルーはこんもりした草から次々に花が咲く、見ていてとても楽しい植物です。「アメリカンブルー」の名前で市販されていますが、正式名称は「エボルブルス」といいます。ホームセンターなどで小さな鉢に入って販売されていますが、みるみるうちに大きな株に成長しますので、大き目で浅い鉢に植えると見ごたえのある樹形になります。

アイビーゼラニウムの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • あ行

ゼラニウムはホームセンターなどでも多数販売され、道を歩いていると街路樹の根元や玄関先でも多く見かけるポピュラーな草花です。春と秋に開花し、冬越しもできる多年草なので人気があります。
アイビーの葉の形をした「アイビーゼラニウム」の他にもいろいろな種類があります。

フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方

公開日: 最終更新日:
  • は行

フィロデンドロンの仲間は世界に650~700種類あり、中でも写真のように葉が細かく割れている品種は「セロウム」や「ビピンナティフィドゥム」「ヒトデカズラ」と呼ばれて小さな苗で販売されています。
長い腕の先に大きな葉が広がりますので、広いスペースでゆったり育てられる方に向いている植物です。