アリッサムの特徴と育て方

公開日:2015年10月17日 あ行
小さな花がこんもりとたくさん咲くアブラナ科の植物です。市販されているのはアリッサムではなくロブラリア・マリティマであることが多いようですが、同じアレチナズナの仲間なので区別することが困難なようです。

【アリッサムの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:アレチナズナ/スイートアリッサム

類 似 品 種 :

学     名 :Alyssum、Aurinia、Lobularia

花  言  葉 :

科     名 :アブラナ科 / アレチナズナ属(アリッサム属)

属     名 :

原  産  国 :

栽培のしやすさ :★★★★☆が多いほど初心者向け)

分     類 :多年草

背     丈 :10

入手のしやすさ :ホームセンターなど幅広く取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :年中花が楽しめます

【アリッサムの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の半日蔭~

冬場の置き場所 :屋外の半日蔭~屋内の日当たりのよい場所

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合0度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :その他で殖やせます

肥料・栄養剤等 :特にありません

【アリッサムの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:

かかりやすい害虫:ハダニ, カイガラムシ, アブラムシ, コナジラミ

【アリッサムの特徴と育て方】-日常のお手入れ

古く酸性化した土壌は好きでないので、できるだけ弱アルカリ性の土壌を維持するようにします。古い土を使う場合は石灰などを混ぜてアルカリ性土壌に戻した後で植え替えや植え付けをするようにします。

春先(3月~5月)に花を咲かせることが多いですが、環境が整っていれば春から秋にかけて長く花を咲かせることができます。
寒い冬でも暖かい窓越しの日差しに当てて管理すると成長し、年中花を楽しむことができますので、花の少ない冬の時期にもおすすめの植物です。

種で増やすこともできますが、挿し芽で増やす方が簡単です。

1株で前後左右にどんどん成長していくので、ホームセンターなどで販売されている小さな苗からでも成長や次々と咲く花を楽しむことができます。

その他

伸びすぎた茎を積極的に切り戻す(カットする)ことで葉ぶりがよくなるため、たくさんの花を咲かせてくれます。茎が伸びて中から葉が茶色になったり間延びしたりする前にトリミングしましょう。

風通しが悪い環境だと、アブラムシをはじめいろいろな害虫が付くことがあるので注意が必要です。

根があまり土深くまで行かないので、上から霧吹きなどでこまめに水やりをするか、浅めの鉢で底面給水で管理する方法がいいと思います。

ProleafさんのYoutube動画

植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)