Knowledge Base内の園芸サイト。植物図鑑と上手な栽培の仕方、病気や害虫対策、実際の栽培日記などを掲載しています

アイビーゼラニウムの特徴と育て方

更新日:

 /公開日:

2015(平成27)年10月17日

アイビーゼラニウムの特徴と育て方



ホームセンターなどでも多数販売され、道を歩いていると街路樹の根元や玄関先でも多く見かけるポピュラーな草花です。春と秋に開花し、冬越しもできる多年草なので人気があります。
アイビーの葉の形をした「アイビーゼラニウム」の他にもいろいろな種類があります。

【アイビーゼラニウム】の一般的な基本情報

項  目内  容
通称名・別名ゼラニウム/アイビーゼラニウム/ツバタゼラニウム
類似品種センテッドゼラニウム/パンジーゼラニウム/ペラルゴニウム
学名Pelargonium ivy-leaved Group
花言葉
科名フウロソウ科
属名テンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)
原産国南アフリカ
分類宿根草 一年草 多年草 球根
背丈40~150
入手できる場所一般小売店(スーパーやホームセンターなど) 小型園芸専門店 大型園芸専門店
その他()
入手できる形態種 
育てやすさ初心者向け 中級者向け 上級者向け
開花時期4月~7月中旬、9月中旬~11月中旬

【アイビーゼラニウム】を上手に育てるために適した環境、殖やし方など

項  目内  容
夏場の置き場所屋外の日向・半日蔭・日陰・どこでも
屋内の日向・半日蔭・日陰・どこでも
冬場の置き場所屋外の日向・半日蔭・日陰
屋内の日向・半日蔭・日陰
耐寒温度5℃程度まで
殖やし方挿し木(芽) 接ぎ木 種 株分け その他()
特別な肥料等
好む土質

【アイビーゼラニウム】を育てるための日常管理

下葉が溶けてしまうことがありますので、水分は少な目にした方がいいようですが暑さや直射日光の当たり具合との関係もありますので様子を見ながら適度にとしか言いようがないです。

人気品種ですが少々環境にうるさいので、美しく維持することが難しい品種であるともいえます。

酷暑極寒に弱い部分があり、夏場直射日光のよく当たる場所に置くと葉が焼けたり、落葉してしまったり、間延びしてしまうことがありますので注意が必要です。

【アイビーゼラニウム】を管理する上での注意点、かかりやすい病気など

項  目内  容
かかりやすい病気うどんこ病・すす病・べと病・炭そ病・軟腐病・モザイク病
その他()
つきやすい害虫ハダニ・カイガラムシ・アブラムシ・ハムシ・コナジラミ・ヨウトムシ
その他()

【アイビーゼラニウム】の管理に役立つ動画

植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

protoleafさんのYoutube設定により、ページ内では直接再生できませんので、表示されるリンクをクリックしてご覧ください