ヒポエステスの特徴と育て方

公開日:2015年10月20日 は行
寄せ植えなどに使われることの多い丈夫な草花です。やや厚めの葉に白や赤、ピンクなど色とりどりの斑が入るのが特徴です。
 品種に、葉に白色の斑点が入るホワイト・スポット、赤色の斑点が入るローズ・スポット、桃色の大きな斑が入るピンク・スプラッシュなどがあります。

【ヒポエステスの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:ソバカスソウ

類 似 品 種 :

学     名 :Hypoestes

花  言  葉 :

科     名 :キツネノマゴ科

属     名 :ヒポエステス属

原  産  国 :熱帯地域

栽培のしやすさ :★★★★★が多いほど初心者向け)

分     類 :

背     丈 :5~100

入手のしやすさ :大型園芸店などで取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :

【ヒポエステスの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内の日当たりのよい場所

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合5度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :挿し木(芽)で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【ヒポエステスの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:炭そ病

かかりやすい害虫:ハダニ, カイガラムシ, その他

【ヒポエステスの特徴と育て方】-日常のお手入れ

100円ショップなどでも販売されているほど丈夫な植物です。特に栽培に関して気を付けることもありません。
カラフルで丈夫な植物として有名ですが、実際に育ててみると水枯れに弱い、環境変化に弱いなどあまり上手に育った印象はありません。根付いてしまえばいいのですが、特に刺し芽を行うときや植え替えを行う際には注意が必要だと思います。

その他

カイガラムシが付くことがあり、その後炭そ病を併発することがあるので、カイガラムシを見つけたら除去したり洗い流したりするようにします。
刺し芽で殖やしますが、成長の速い植物で定番の「水栽培で根を伸ばしてから鉢上げする」方法よりも、培養土に鹿沼土などを混ぜた軽めの土で水分を多めにして刺し芽をした方が上手に殖やすことができます。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)