フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方

公開日:2015年10月16日 は行
フィロデンドロンの仲間は世界に650~700種類あり、中でも写真のように葉が細かく割れている品種は「セロウム」や「ビピンナティフィドゥム」「ヒトデカズラ」と呼ばれて小さな苗で販売されています。
長い腕の先に大きな葉が広がりますので、広いスペースでゆったり育てられる方に向いている植物です。

【フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:ヒトデカズラ/ビピンナティフィドゥム

類 似 品 種 :

学     名 :philodendron

花  言  葉 :

科     名 :サトイモ科 / フィロデンドロン属

属     名 :

原  産  国 :

栽培のしやすさ :★★★★★が多いほど初心者向け)

分     類 :

背     丈 :100

入手のしやすさ :ホームセンターなど幅広く取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :

【フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋内であればどこでも~屋内であればどこでも

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合0度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:

かかりやすい害虫:ハダニ

【フィロデンドロン・セロウムの特徴と育て方】-日常のお手入れ

新芽は日に向かって伸び、葉が出ますので、葉の幼生が出てきたら方向をよく考えてまわしながら育てると大きく葉を広げた樹形になりますが、かなりの面積を占めてしまうため工夫が必要ですが、葉の生えてくる方向を支持しやすい植物でもありますので、やり方次第では非常に見ごたえのある植物になります。
葉が出るたびに気根が出てくるので土に誘引するか、添え木に絡めるようにして木が倒れないように工夫が必要です。
思ったよりも大き目の鉢に入れ、幹を安定させないと葉の重みで傾いたりすることがあるので注意しましょう。

その他

新しい葉茎を上に向かって伸ばすためには、真上からの光が必要となります。まっすぐ育てたい場合には屋外での栽培のほうがいいと思います。
ボリウムのある植物ですが、たくさんの葉を維持しながら育てることが難しく、通常4~5枚の葉以外は次第に枯れてしまいますのでたくさん植わっている植物の中のセンタープラント的に使うときれいにレイアウトできると思います。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)